ニュース
» 2020年02月06日 20時30分 公開

「ページをめくるごとに2倍の大きさになる本」の漫画が「壮大な哲学を感じる」と話題に 人、国、星、全てを飲み込んだ本はやがて……?(1/2 ページ)

倍々チャンスはとんでもないことに。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 豊臣秀吉と家臣の逸話に「褒美に米粒を1日1粒頂きたい、期間は100日間。ただし1日ごとに米粒の数を2倍にして欲しい」というものがあります。「1、2、4、8〜」と計算してみると、14日目を過ぎるころにはとんでもない量になることがわかるでしょう。

 この逸話では「100日」の期限付きでしたが、もしも物理法則を無視して物体の体積が倍々に増え続けたとしたら――。そんな恐ろしい空想は『ドラえもん』のひみつ道具「バイバイン」をはじめ、フィクション作品でも扱われてきたテーマです。

 今回ご紹介するのは「ページをめくるごとに2倍の大きさになる本」の漫画。私たちの手元からこの世の成り立ちまでへと話が広がる、不思議で哲学的な物語がTwitterで話題となっています。


ページをめくると2倍 漫画 倍々に大きくなる本のページを、最後までめくったらどうなるのか?




 主人公の女性は、SNSを通じて接触した人物から奇妙な物を託されます。それは文庫本の半分ほどの大きさで、見知らぬ言語でつづられた本でした。一見すればただの本、おかしな点は見当たりません。ですが本には「新しいページを1枚めくるごとに、本の大きさが2倍になる」という、奇妙な特性があったのです。


ページをめくると2倍 漫画 どんなに小さな紙でも理論上はそうなるのですが、実際にできるかどうかは別問題

 女性は本のページをめくります。1ページめくるごとに、本は2倍の大きさになっていきます。場所を自室から学校の運動場へと移し、女性はページをめくり続けました。1ページ、1ページ、1ページ……2倍、2倍、2倍……本はどんどん大きくなります。

 やがて本は、人間ではめくれないほどに大きくなりました。すると不意に強い風が吹き、さらにページがめくられます。何者かの意思のように風は吹き続け、本はどんどん大きくなり……学校を、街を、人々を、山々を覆い潰し……やがて日本を、地球の全てを覆いました。


ページをめくると2倍 漫画

 本は際限なく巨大化し、やがて地球を、太陽系の全てを、遠く離れた星雲を、文字通りあらゆる存在を飲み込んでしまいます。


ページをめくると2倍 漫画

 それでもなお、何者かの意思に従うかのように、本のページはめくられ、めくられ、めくられます。無限に2倍の拡大を続け、本はどこまで大きくなるのか。不思議な本の経過と、哲学的な結末をお楽しみ下さい。

 作者は漫画家の黒谷知也(@kuroyatomoya)さん。短編集『二鳥翠 黒谷知也作品集』が発売中です。また、漫画家としての活動内容は黒谷知也さんのnoteにて随時公開されています。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」