レビュー
» 2020年02月25日 17時30分 公開

何でも報告し合う夫婦、妻から「彼氏とホテルに行ってきてええか?」との申し出が 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

そんなことある!?

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「走る妻、戸惑う夫、夫婦が払う不倫の代償」特集という、妻の不倫を中心にした心にズッシリくる相談がてんこ盛りだった「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは2月19日(水)放送の加藤諦三パーソナリティー回。

 妻から「彼氏とホテルに行ってええか?」という申し出をされた夫からの相談。

テレフォン人生相談

ホテルへ行ってきてもええか?

 相談者は50歳男性。妻50歳。結婚26年になる妻の交友関係で悩んでいるという。

 「3年ほど前からゲームで知り合った男性と会うようになってですね。定期的に続いていて、相手の土地に行くか、中間点か……」

 「ボーイフレンドがいるということ?」

 「そうですね、はい」

 相手は年下の既婚男性で、子どももいる模様。

 「テレフォン人生相談」定番の不倫に関しての相談かと思いきや、この夫婦はかなり特殊なケース。妻はその彼氏と1〜3カ月に1回程度会っているのだが、なんと毎回必ず相談者に事前報告があるのだ。

 「『どこどこで誰と会ってくるからよろしいか?』っていう風な申し出があって。不明な時間は作らないでおこうということで、お互い、同性異性関係なしに、家を空ける時には事前報告して許可をもらってから遊ぶんですね」

 とはいえ「これから不倫してきま〜す!」と報告しておけばオッケーということではなく、一応、異性と1対1で会うのはNGという話にはなっていたようだ。

 しかし「そんなことは大丈夫やから」「ゲームをしているだけだ」「食事とか映画を見たりとか」などと言われ、うやむやのまま許可してきてしまったという。

 しかし、そんな定期的に会っている異性と「大丈夫やから」なんてことはなく、ある日、妻から「ホテルへ行ってきてもええか?」という申し出が。

 ここまで許してきた相談者もどうかと思うけど、バカ正直にホテル行きを報告する妻もどうかしてるよ!

 「要は『肉体関係を持ってきてもええか?』ってことだったので『行ってもええけど帰ってくるな』っていうことで。そしたら会うのはやめたんです」

 その後、妻から彼氏に会いに行くという話は出なくなったというが、「悔い改めてやめたのか?」「とりあえずその日はやめただけなのか?」モヤモヤとした日々を送っていた。

 「いつも携帯はロックかけているので見られないし、自分も見る気はなかったんですが、たまたま(妻が携帯を)触りながら寝てしまったんですね。ボクの横で」

 本当に“たまたま”だったのかどうか怪しいけど……。妻が寝込んでる隙に指紋認証とかしてない!?

 まあ、とにかく妻のメールを見てしまった相談者。

 「『愛してます、誰々さんがいつも支えてくれるから、私はがんばっていられる』とか、男の方は『いつでも迎えに行くよ』とか、そういう恋人同士のような……」

 そりゃ、ホテルに行くの行かないのという話が出てくる関係。実質、恋人同士ということなんだろう。

テレフォン人生相談

 そもそも、不倫相手に会いに行くのに事前報告するシステムも理解できないし、相談者が何を相談したいのかもよく分からない。

 加藤諦三はのっけから厳しい口調で突っ込む。

 「今、アナタは生きていて面白くないよね?」

 「今は、面白くないです」

 「本当の自分を認めていないから。アナタが彼女に対する許可をするたびに、そして実際に彼女がデートに行って帰ってくるたびに、アナタの気持ちはドンドン変わっていったんです。で、自分がドンドン嫌になっていったの。だけど嫌になった自分も認めないの」

 とりあえず「今後どうしたらいんでしょうか?」というボンヤリした質問で回答者にバトンタッチ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる