インタビュー
» 2020年04月15日 20時00分 公開

なぜ学校現場でオンライン授業の導入が進まないのか 現役中学教員に聞く「緊急事態宣言を受けた学校の動き」(2/2 ページ)

[ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

そう簡単に延期できない学校行事のスケジュール



―― 臨時休校が5月まで延びて、影響が出そうなところは?

 体育祭が5月下旬に予定されていた学校は、例年通り行うのが厳しいと思う。

 そもそも準備期間が足りないし、仮に開催するとしても「どうやって3密を避けながら体育祭をやるか」と考える必要もあるだろう。5月に入ったら、このコロナ騒ぎが収まっているとは思えないし。

 「開催はするけど、種目を削って午前中で終了」みたいな対応を取る学校も出てくるんじゃないかな。

―― 日程を遅らせて、コロナ収束後に行うのは?

 以前のインタビューでも話したけど、学校行事って意外と多くて、体育祭以外にも合唱コンクール、修学旅行、マラソン大会、文化祭、生徒会の選挙、球技大会、定期テスト……などがある。細かいものまで含めると毎週のように行われているから、そう簡単に予定は動かせないと思う。

「日本中の学生が修学旅行で京都に行くのに、旅館がちゃんと確保できるのか」

 もっと深刻なのは、おそらく5〜6月に修学旅行があるケース。

 修学旅行って行く前に、2〜3カ月かけて準備するものでさ。自分で調べる寺院を決めて、模造紙にまとめて……みたいな授業を受けた覚えあるでしょ? ただ京都に行くだけだけど、本当にただの旅行になっちゃうから。

―― 準備期間を考えると、5月の学校再開だと全然間に合わないね

 かといって、延期すると宿泊先が確保できない可能性がある。

 よく考えてみると不思議なんだけど、「京都には毎年、日本中から修学旅行生が集まるのに、なぜ旅館がいっぱいにならないのか」。それは「“どの学校が・どの時期に・どの旅館を利用するのか”が慣例的に決まっているから」なんだよね。

―― 延期すると慣例が崩れてしまうわけか

 こういう事情を知らない保護者からは「あそこの中学は普通に修学旅行ができるのに、どうしてこの学校は!」と言われてしまうかもしれない。

 もう1つ言うと、5〜6月に修学旅行を行う場合、普通は3年生が対象なんだよね。受験が控えているから早めに行くんだ。つまり、延期すると受験シーズンに近付いてしまうし、もう3年生だから「来年に先送りしましょう」という対応も取れない。

日本の学校でオンライン授業が進まない理由は“学校にお金がないから”?



―― 臨時休校延期の学習面での影響は?

 一部の自治体、学校ではオンライン授業が行われているみたいだけど……基本的には難しいんじゃないかなあ。たぶん学校って1980年代ごろから変わっていないんだよね。この令和の時代に元号を1個飛ばして、昭和なことをやってる。

 “箱物行政”と言われるように、かつての日本では図書館とか博物館とかいろいろ作っていて、学校もそうだった。でも、バブルが崩壊して「不況なのに公務員は」という批判を受けるようになって。その流れなのか、学校にはとにかく予算がない。今あるもので何とかしなくてはならない。

 で、教員たちは何とかしてしまった。「ペンと紙さえあれば勉強できる」みたいなことをやってきたツケが、今になって回ってきたんだと思う。以前のインタビューでも話した通り、IT環境の整備は各教員に仕事用のPCを用意できないくらい遅れているよ。

 もしも学校に時代にあった機材、要は一般家庭にあるような機材があれば、オンライン授業は可能だと思うよ。教員の私物を使う手も考えられなくはないけど、“上”の人の立場で考えて「授業の動画配信をしなさい。ただし、必要な機材は各自の私物を使うものとする」と指示するのは厳しいような気がするんだよね。

―― 動画配信って今はスマホ1台でできるらしいけど、そういう事情を考えると「全国の学校でオンライン授業に切り替え」みたいな対応は難しいのかなあ

 教員個人レベルの取り組みの話をすると、うちの自治体でもオンライン授業を行おうとする動きがあったんだけど、“上”から「やめてくれ」と言われたらしい。たぶん市町村あたりの指示なんだと思うんだけど。

―― どうして?

 さっぱり分からん。時代遅れなんじゃない?

※本企画は、現役教員の声をそのまま記事化したものです。実際の労働環境などは自治体、学校などによって異なる可能性があります。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」