ニュース
» 2020年04月25日 16時50分 公開

旅はおうちでもできる 「おうちソクたび」正式リリース

旅立てないなら、おうちに旅を呼べばいいじゃない。

[ねとらぼ]

 ソクたび運営事務局が24日、「おうちソクたび」を正式にリリースした。旅をしたくてもできない人のために、迎えたくても迎えられない観光地の人と連携した旅を疑似体験できるサービス。旅気分を味わいながら旅先を応援し、旅ができるようになってから実際に足を運んでもらおうという試みだ。

おうちソクたび

 旅先の魅力が詰まった1箱が自宅に届き、旅のしおりや旅先からのライブ配信で、その箱の中身を旅行気分で楽しむことができるというもの。4月8日におためし版をリリースし、合計100セット以上の申し込みがあり、そこから配送コストの見直しやプランの拡充をして本リリースへとつながった。

 プランは、「南国グルメ旅気分」や「のんべえ温泉旅気分」のほか、新たに3つの旅先を加えた5つで、いずれも5980円(税別・送料別)。

おうちソクたび

おうちソクたび

 「ソクたび」は、思い立ったら交通手段や宿泊の予約などを手配してくれて、すぐに旅へ出られる旅行サービス(4月8日から緊急事態宣言を受けて販売休止中)。サイト上で予算・出発候補地・出発日を選びカード決済をすれば、旅先などを出発前日にLINEで案内してくれる。サービスはいずれも1泊2日で、シンプル旅3万円・スタンダード旅4万円・ワイド旅5万円(税別・内手配料金20%を含む)の3つが用意されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声