ニュース
» 2020年05月15日 19時20分 公開

ハーブと果物で作られた「宝石和菓子」が神秘的な美しさ コロナ禍のピンチに支援が集まる

事業が認められてさあこれからというときにコロナが……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 これ全部食べられるの? と目を疑いかねない、まるで宝石のような和菓子がTwitterユーザーの心を射止めています。ところが、きらびやかな画像とは裏腹に、ツイートに記載された文言はコロナ禍による作り手の悲鳴でした。



和菓子 本物の宝石と和菓子が混ざっていますが……区別がつかない!

和菓子 神秘的ですらある

 投稿主は、ロサンゼルスで和菓子販売事業「misaky.tokyo」を営む三木アリッサ(@AlissaMikyInstagram)さん。世界に和菓子を広めようと移住して、2019年11月に営業を始め、ファーマーズマーケットやホテル、航空会社など販売先を開拓してきました。

 三木さんが手掛けるのは、自らも製造に携わる、琥珀糖とフランスのゼリーを合わせたオリジナル和菓子。寒天とサトウキビをベースに、ラベンダーやローズ、マンゴーやクランベリーなど、ハーブと果物で味付けしているそうです。


 米国の食事情に合わせて、商品は全てビーガングルテンフリーで無着色無添加と、ほとんどの人が食べられる仕様に。ラベンダーやローズを用いているのも、世界中の人に楽しんでもらえるよう、欧州や中東など各国の食文化に学んだ成果なのだそうです。


和菓子

 こうした研鑽(けんさん)が奏功して事業は伸び、トランプ大統領保有のゴルフクラブや、ドリームワークス本社内での販売を認められるほどになりました。しかし、新型コロナウイルスの影響でファーマーズマーケットが閉鎖。ホテルや航空会社からの受注もなくなり、頼みはオンライン販売のみとなってしまいました。

 政府や自治体の支援策に頼ろうにも、起業年数や従業員数、営業地域などの条件が微妙にずれていて全て対象外。追い打ちをかけるように、ロサンゼルス郡で自宅待機命令の延長が取り沙汰され、耐えかねた三木さんは「お願いがあります!!! 和菓子買っていただけないでしようか」とうったえました。

 悲痛なツイートは広く拡散され、励ましの声が多数寄せられました。和菓子を購入して支援する人もみられます。三木さんは反響について「100人以上からご支援いただきました。心から感謝しております」と、ねとらぼの取材に答えました。

 misaky.tokyoが販売している和菓子セットの価格は、15ドルから150ドルまで(約1600〜1万6000円)。米国外への発送も可能で、1箱あたりの送料は16.39ドル(約1800円)とのことです。


取材協力:三木アリッサ

1992年生まれ。早稲田大学法学部在籍中にプリザーブドフラワー専門ブランド立ち上げに参画し、楽天ナンバーワンブランドに育てる。卒業後外資系メーカーにその企業初の学卒マーケターとして採用されCRM(顧客関係管理)を担当。その後、日本酒ベンチャーで新ブランド立ち上げや、伝統工芸品ECの新規事業立ち上げに参画。さらにはイスラエル専門商社にて、新規事業開発マネージャーとして、過去最高売上の12倍を半年で更新。

現在日本のLVMHの創設を目指して、ロサンゼルスにて和菓子D2C「misaky.tokyo」立ち上げを行なった。現在シュレックなど手がける「ドリームワークス」本社での販売ほか、トランプ大統領保有の高級ゴルフクラブにて30社ほどしか選ばれない公認ベンダーの一つにも認定されている。

Forbes Japan 女性100人最年少受賞/ Business Insider Japan Game Changer 2019

Twitter:@AlissaMiky/Instagram:misaky.tokyo


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/25/news124.jpg 壊された昭和のハンバーガー自販機、古びた色合いまで元通りに 粋な修理をした加工業者に称賛集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ