連載
» 2020年06月17日 19時00分 公開

雨の景色、山の呼吸。南海電鉄「天空」の思い出月刊乗り鉄話題(2020年6月版)(2/3 ページ)

[杉山淳一,ねとらぼ]

「天空」最初の停車駅は「学文路」 読みは……「かむろ」

 さて今回は、今から時を少しさかのぼり、2018年6月の天空をご紹介します。

 まさに梅雨時。明るい曇り空。難波駅から急行電車に乗って約50分。橋本駅に着きました。ここで観光列車「天空」に乗り換えます。プラットホームでは出発を待つお客さんが並んでいます。4両編成のうち高野山側の2両が天空で、指定席。橋下寄りの2両が通常車両の自由席です。

南海 天空 観光列車 高野山 難波から橋本までは快速急行でびゅーんと
南海 天空 観光列車 高野山 最近の電車のように銀色ではないところにレトロ感

 天空はとても人気があるので、電話予約で指定席を確保しました。今のところWeb予約は対応していません(2020年現在)。空席があれば当日売りの指定席を販売します。しかし空席がなく、予約もない場合は自由席になってしまいます。予約は大切です。

 天空の予約では、号車と座席番号の指定はできません。これが面白いところです。「どの席でも景色を楽しめますから問題ない」ということでしょう。当日、ほかの乗客を見渡すと、カップルは2人用座席、3人グループは横並び席、4人グループは向かい合わせ席、お子様連れは個室風の座席がちゃんと割り当てられていました。見事な采配です。そういえば、ホテルを予約するときも号室を指定しないことが多いですよね。電話で相手の息づかいを感じて割り当てているとしたらすごいことです。

南海 天空 観光列車 高野山 橋本側運転席寄りは簡易個室。お子様がはしゃいでも大丈夫

 橋本駅を発車すると、天空は右へカーブし、赤い鉄橋で紀ノ川を渡ります。そのままほぼUターンするように対岸へ。最初の停車駅は「学文路」です。「かむろ」と読みます。南海電鉄の資料によると、もともと学文路という地名は「香室」だったそうです。梅の木が多く、春先に香ったから。その梅の縁でしょうか、学問の神様、菅原道真公を祀った学文路天満宮があります。

 学文路駅は学問の道に通じるという縁起で、受験シーズンは5枚セットの「ご(5)入学 入場券」がお守りとして売れています。学文路天満宮のご祈祷を受けているので心強いですね。販売期間は毎年11月頃〜3月頃まで。ただし学文路駅は無人駅なので、南海電鉄の有人駅で購入可能です。

 紀ノ川から離れて、線路はくねりつつ、標高が上がっていく様子を実感します。九度山駅からは支流の丹生川に沿って走ります。今度は木々に覆われた谷底を這うように進みます。景色のよい鉄橋では徐行して、じっくり風景を見せてくれます。

雨の深緑、木々から立ち上る水蒸気 「雨」こそが旅のリアル

 長いトンネルを抜けると、さらに支流の不動谷川に沿います。「こうや花鉄道」はこの川のある側に谷の景色が開けています。従って、天空の座席のほとんどは谷を向いています。

南海 天空 観光列車 高野山 扉間の座席は全て谷に向いている。窓を背にしたシートは高い位置にあり、劇場のよう

 トンネルを出たところが高野下駅。民家が密集しています。かつては高野山参道の宿場でした。高野線が当駅を終点にしていたときは高野山への拠点にもなっていたようです。

 ここから極楽橋駅へ向かって、トンネルと急勾配が続きます。集落も川面も下のほうに去ってしまい、車窓の正面は谷の向こうの山々が連なります。雨の谷の景色は新緑が落ち着いて深い緑色に変わり、木々から白い水蒸気が立ち上ります。まるで山が呼吸しているような風景です。どんどん白く煙っていく景色。橋本駅から極楽橋駅までの標高差は443メートル。そこは確かに天空の世界でした。

南海 天空 観光列車 高野山 高野山寄り運転席の後ろは2人掛け
南海 天空 観光列車 高野山 連結側は4人向かい合わせでグループ向き
南海 天空 観光列車 高野山 簡易個室の手前に展望デッキがある
南海 天空 観光列車 高野山 畳敷きチェストに記念スタンプ
南海 天空 観光列車 高野山 乗車記念品を販売

 極楽橋からケーブルカーに乗り換えると、わずか800メートルの距離で標高は328メートルも上昇します。こんな雨の日は雲の中を進むようです。高野山駅からバスに乗れば、弘法大師が拓いた宗教都市、高野山に到着します。まさに天空の街。雨天と雲を通り抜けたせいでしょうか、世俗とは切り離された神聖な空間に迷い込んだ気分でした。

 旅において、晴天が最上とは限りません。快晴の景色は確かに美しい。しかしそれは、ポスターやカレンダー、映像メディアの採用率が高く、誰でも疑似体験できる景色です。それに比べると、雨天の景色はあまりメディアに載りません。だからせっかく旅に来たのに雨でガッカリしないでください。私は「雨天こそ旅のリアル」だと思います。

南海 天空 観光列車 高野山 美術館の絵ではありません。車窓です
南海 天空 観光列車 高野山 山の木々から水蒸気が立ち上る
南海 天空 観光列車 高野山 この大窓、元はドアだったところだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声