ニュース
» 2020年07月11日 09時00分 公開

人の話を聞き取れない 仕事上の弱点と向き合った漫画に「私だけじゃなかった」「気持ちがすごくよくわかる」

弱点を受け入れて工夫する姿勢に勇気づけられる。

[関口雄太,ねとらぼ]

 プレッシャーがある状態での会話の音が“外国語”のように聞こえるという悩みを抱える女性が、弱点を個性として受け入れ、工夫しながら職場に馴染んでいく体験を描いた漫画に「私も同じです」「自分だけではないと知れて良かった」といった反響が集まりました。


「私だけじゃなかった」「気持ちがすごくよくわかる」 会話の音が外国語に聞こえる弱点を克服した体験談漫画の力強さが感動的 緊張状態で、音による理解が難しくなる症状


 投稿者の伊吹天花(@ibukitenka24)さんは人の話を聞き取るのが苦手。親しい相手なら「その引き出しに入ってる赤いファイル取ってクレない?」と理解できるのに、ある状況では「ソノヒキダシニハイッテル赤イファイルトッテクレ」とまるで日本語ではないように聞こえてしまいます。職場で上司に早口で話されると、この現象は起きるようです。


「私だけじゃなかった」「気持ちがすごくよくわかる」 会話の音が外国語に聞こえる弱点を克服した体験談漫画の力強さが感動的

「私だけじゃなかった」「気持ちがすごくよくわかる」 会話の音が外国語に聞こえる弱点を克服した体験談漫画の力強さが感動的

「私だけじゃなかった」「気持ちがすごくよくわかる」 会話の音が外国語に聞こえる弱点を克服した体験談漫画の力強さが感動的

 「赤」という言葉以外は、聞き返しても理解できず、伊吹さんは唯一得られたヒント「赤」を頼りに、上司に赤い箱を手渡します。すると「赤いファイル」と指示したのに、まったく違うものを持ってきたことに上司はご立腹。

 理解しようと気合いを入れると、余裕がなくなり、さらに言葉を理解できなくなる悪循環に追い詰められます。伊吹さんは「自分が情けない」「社会人……というか人間として失格だ……」と自身を追い込んでしまい、心療内科へ出向きます。


「私だけじゃなかった」「気持ちがすごくよくわかる」 会話の音が外国語に聞こえる弱点を克服した体験談漫画の力強さが感動的

「私だけじゃなかった」「気持ちがすごくよくわかる」 会話の音が外国語に聞こえる弱点を克服した体験談漫画の力強さが感動的

「私だけじゃなかった」「気持ちがすごくよくわかる」 会話の音が外国語に聞こえる弱点を克服した体験談漫画の力強さが感動的

 適性検査を受け、担当医師から「聞いて理解する機能は低い傾向」だと症状を告げられます。症状を良くしようと、前のめりで治療法を聞く伊吹さん。しかし医師の答えは、「これは伊吹さんの個性ですから 上手に付き合っていく方法を考えましょう」という意外なものでした。

 社会人の自覚がないと打ちのめされていた伊吹さんの心は、医師の言葉でやさしくほぐされます。「そういう仕様」だったと安堵し、弱点をカバーする具体的な対策として聞いた音をそのまま復唱して転写することを始めました。始めた当初は相手にめんどくさがられたようですが、次第に周囲も理解してくれたといいます。


「私だけじゃなかった」「気持ちがすごくよくわかる」 会話の音が外国語に聞こえる弱点を克服した体験談漫画の力強さが感動的

「私だけじゃなかった」「気持ちがすごくよくわかる」 会話の音が外国語に聞こえる弱点を克服した体験談漫画の力強さが感動的

 それでも電話対応のような相手が見えない会話の難易度は高く、聞き返しや「電話が遠いようで」などのフレーズを駆使して乗り切っているようです。苦労が重なり、辛い思いをしたときでも、伊吹さんが心にとどめているのは「自分を責めたら可哀想だ」ということ。限られたスペックでうまくやっている自分を大切にしています。「人の話が上手に聞き取れない。それも受容しながら一歩ずつ進んでいこう」と心温まる決意で物語は締めくくられています。

 漫画を読んだ人からは、「右の耳から入って左の耳からこぼれ落ちていく感覚」「名前も呼ばれず前置きもなく、いきなり本題から話をされる人だと何もわからない」など伊吹さんの症状に共感する声や「個性として受け入れることも出来るんですね」と気付きを得た感想などが寄せられました。





画像提供:伊吹天花(@ibukitenka24)さん


※価格は記事掲載時点のものとなっています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」