海に行きたくなくなる!(?) マジで面白いサメ映画ベスト10(3/4 ページ)

» 2020年08月08日 11時00分 公開
[ヒナタカねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

3位 「ディープ・ブルー」

「ディープ・ブルー」海外版予告編

 海中の研究施設からの脱出を図るが1人また1人とサメの餌食になってしまう……というやっぱりシンプルな内容だ(ていうかサメ映画はだいたいシンプルだ)。監督は「ダイ・ハード2」や「クリフハンガー」のレニー・ハーリンで、大掛かりなセットを利用した大胆なアクションで楽しませるサービス精神は今回も健在。いわゆる“死亡フラグ”を逆手に取った作劇も特徴で、「こいつは生き残るだろう」と思うほどにキャラ立ちしていた人物が、次の瞬間でいきなりパクッとサメに食われたりする。

 間延びしたシーンはほとんどなく、次から次へとサメが派手に襲ってくる期待通りの展開と、「そう来るとは思わなかった!」という期待を裏切る展開がバランス良く配合された、エンタメ性抜群の快作である。なお、2018年に19年ぶりとなる続編「ディープ・ブルー2」が製作されている。さらに、最新作「ディープ・ブルー3」のソフトが2020年10月9日に発売、10月7日よりデジタル先行配信がスタートとなる。


2位 「ロスト・バケーション」

映画 「ロスト・バケーション」予告 ”本格的サメ映画、遂に誕生篇”

 出てくるサメはたった1匹、主人公がいるのは海面から少しだけ見えている岩肌という、小細工なし、直球勝負のサメ映画だ。序盤のサーフィンシーンから分かる映像の美しさ、“周回時間”を計算するなどの知略バトル、長時間におけるサバイバル要素、ゆっくりと確実にサメの恐怖を示していく演出など、とにかく全てにおいてクオリティーが高い。主人公が医学生であるという設定も重要で、その知識のおかげで自身のケガの“応急措置”ができたり、それが彼女自身の人間としての成長に深く関わってくるというのもうまいところだ。

 主演を務めるブレイク・ライブリーは、週に6日、1日最大12時間を水中で過ごすという過酷な撮影をやりきっている。主人公の心強いパートナーとなるカモメ(CGではなく本物)がとってもいとおしいということも美点だ。なお、本作の監督は「エスター」や「ラン・オールナイト」などの、ケレン味のあるサスペンスを得意とするジャウマ・コレット=セラ。その最新作は2021年公開予定のドウェイン・ジョンソン主演のディズニー映画「ジャングル・クルーズ」で、こちらも大期待であることは言うまでもない。


1位 「ジョーズ」

映画「ジョーズ / JAWS」ブルーレイ発売中 60秒トレーラー

 1位はやっぱりそれかよ!となってしまいそうだが、やはり名作中の名作なので仕方がない。これほど原点にして頂点という言葉が似合うのは、初代「ゴジラ」と本作をおいて他ないのではないか。中盤まではほとんどサメの姿が映らないのに、その恐怖をじわじわと確実に見せていくサスペンス演出が上手すぎる。サメ映画の超えられない壁を作り上げたスティーブン・スピルバーグ監督は偉大としか言いようがない。

 サメの危険が迫っているのに市長が「この夏は書き入れ時なんだ!」と強行突破で海開きをしようとしたりする様は、少し前のコロナ禍における何かをほうふつとさせたりもする。日本に落とされた原子力爆弾に関わる言及もあったりと、今見てもハッとさせられる事ばかりだ。クライマックスの対決は、特に“樽”を使ったアイデアにうならされる。「ジョーズ」より面白いサメ映画に、いつか出会ってみたいものだ。

おまけその1:最高のピラニア映画はこれだ!

「ピラニア」 - 予告編

 サメだけじゃ満足できない!という方には、こちらの「ピラニア」(2010)はいかがだろうか。美女およびビーチで大はしゃぎしている若者がピラニアに襲われまくるという、グロやおっぱいに全ステータスを振り切った実にスガスガしい内容である。R15+指定でもギリギリのグロさなのでお子様には全くおすすめできないが、悪趣味上等という大人には大プッシュでおすすめだ。「MEG ザ・モンスター」のクライマックスで残酷シーンが欲しかった!と思っている方にもぜひ見ていただきたい。

おまけその2:ワニ映画にも名作があるぞ!

「クロール ―凶暴領域―」日本版予告編(60秒)

 サメとピラニアでもまだ足りない!という方には、ワニ映画の「クロール 凶暴領域」はいかがだろうか。「ワニの移動速度は遅い」という制約を逆手に取った、台風で浸水した狭い一軒家の中で繰り広げられる攻防には驚きと興奮の展開の連続。PG12指定ギリギリの、ワニのどう猛さを示す残酷描写もしっかり盛り込まれている。災害時における極限状態の人間の心理、親子愛を主軸にしたドラマも必要最小限ながら用意されているのも美点だろう。

まとめ:サメ映画で感心すること

 これらのサメ映画をまとめて、改めて感心するのは、「海にいるサメと、陸上生活をしている人間を戦わせることができるのか?」という難題に、いずれもさまざまなアイデアをもって答えていることだ。「パニック・マーケット」ではスーパーマーケットが浸水し、「海底47m」では檻に入って海底に沈むダイビングの娯楽サービスを利用し、(ネタバレになるから詳しくは書けないが)「シャークナイト」のサメが湖に登場する理由にもしっかりとした理由づけがされている。これならサメに襲われても仕方がない。

 子どもから大人まで、その生物としての圧倒的な“強さ”に憧れを持つ存在であるサメ……。現実ではサメには絶対に襲われたくはないが、サメへの畏怖と敬意は忘れないでいたい。その気持ちを娯楽として提供してくれる、サメ映画の製作者には改めて感謝しかないのだ。

ヒナタカ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」