ニュース
» 2020年08月22日 22時00分 公開

【“おばけ探知機”開発者の本当にあった怖い話】第1夜「パニック状態の製造責任者からかかってきた深夜の国際電話」

日本で唯一であろう“市販のおばけ探知機”の開発者・河原邦博さんに取材。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

怖い話 怪談

 怪を語れば怪至る―― ホラーコンテンツ、心霊や都市伝説にまつわるゲームなど、そういった“この世ならざるもの”に関わるモノを作っている現場では、さまざまな怪奇現象が起きていると耳にします。

 今回は、おそらく日本で唯一であろう“市販のおばけ探知機”「ゴーストレーダー」「ばけたん」の開発者・河原邦博さんにインタビュー。開発の裏側で本当にあった怖い話を、全7回にわたってお送りします。


怖い話 怪談 ソリッドアライアンス代表取締役・河原邦博さん

現地発、ゴーストレーダー製造工場で起きた謎の現象

ゴーストレーダー

怖い話 怪談 ゴーストレーダー
  • 2005年4月にソリッドアライアンス社から登場したおばけ探知機
  • 心霊現象のデータを取る際、世界的に使われている計測器、センサーの小型統合機
  • 「磁界」「体抵抗」「光」などのセンサーを搭載し、異常な数値を観測するとLEDライトが対応したパターンで点灯する

 これってのは、ゴーストレーダーの製造過程で起きた、ほとんど公にしていない裏話のひとつなんですけど……発売が2005年ですので、15年以上前のことですね。

 ゴーストレーダーは中国の工場で製造していて、現地には日本人の責任者がひとり駐在していたんです。その責任者というのが私と一緒に、ゴーストレーダーをいちから作ってきた開発者のひとりだったんですよ。

―― はい。

 それで、中国の製造工場のあった場所って、日本との時差も大してなかったんですけど……その責任者から深夜すごく遅い時間に、突然電話がかかってきたんですね。

 あっちも日本が真夜中だとわかった上で、慌てて電話をかけているのだろうから、何か相当なトラブルが起きたものだと思って。すぐ電話に出て「どうしたんですか!?」と尋ねたんですね。

―― ええ。

 そうすると責任者が「もしもし河原さん! 訳の分からないことが起きてるんです。どうしたらいいですか!?」みたいに矢継ぎ早に……パニックを起こしていたんです。

 こちらも驚くほどに慌てていたので、彼が何を言っているのか、現地で何が起きているのかがよく分からない。「とにかく冷静になって、落ち着いて。分かるように順を追って話を聞かせてください」と、しばらくなだめていたんですが……。少し時間がたって落ち着いてきた責任者が、工場で起きた奇妙な現象を語り始めたんです。

―― 何が起きたんでしょうか……?

 ゴーストレーダーの先端に付いている玉、これは「お守り玉」と言うんですけど、その製造工程で数千個ぐらいですかね、検査するために机に並べていたそうなんですが。最中にお守り玉の一部……えーっと、確か十数個ぐらいって言ってたかな。それが勝手にクルクルと回り始めて止まらない、って言うんです。


怖い話 怪談 先端部分にある、白い玉が「お守り玉」です

―― 玉がクルクルと、ですか……先端の玉は確か、磁界センサーでしたよね。

 そうなんです。先端はこのような感じになっていて、お守り玉の内部はこのような感じになっていて……(メモを書く)。

 ……こんな感じで、お守り玉の中には微弱な磁界の変化を捉えるために、縦方向に小さな棒磁石が入っていて、それをシャフトで支えている感じでできているんですよ。そして本体の固定される部分にコイルが巻いてあって、そこに電流が流れることによって、磁石が反応するように作られています。


怖い話 怪談

 要するに、お守り玉単体では動力がない。仮に内部の磁石同士が反応したのだとしても、動きはすぐに止まるはずですよね。

 方位磁石を想像してみてください。それを大量に並べたって、針は一方向を指して動きませんよね。そのはずなのに、一部の針が勝手にクルクルと回りはじめたようなものです。

―― うわー……。

 責任者はさきほどもお話した通り、私と一緒にゴーストレーダーを作ってきた人間ですから、目の前で起きている現象が絶対にありえない、って分かってるんですよ。それがクルクルと回り始めたもんで、驚いて電話をかけてきたって次第ですね。

 彼は、その回っているお守り玉だけを取り上げて、別の場所に置いてみたりもしたそうなんですが、それでもなお回り続けていたそうで。どうしたものか、としばらく見守っていたところ、時間をかけて少しずつ動きが止まっていった、と。

 一時的に動くのであれば、分かるんですよ、例えば周辺の電磁波とか、高周波の影響を受けたとか。ただそうなると、そこにある全部、あるいは大多数が動きを見せなければおかしいんです。さすがに数千個のうちの一部……数十個のお守り玉だけが回転して、おまけに別の場所でも長時間回り続けた、となるとワケが分からない。原因不明、としか言いようがありません。

 さて、こういったことを一気に話した後、責任者はこう言ったんです。「回ってたお守り玉、どうしましょうか?」って。

―― そっちの心配ですか!?

 せっかくのイワク付きを捨てるのは忍びないですし、もったいないですし、何よりおばけ探知機ですから。「使ってください」と言うしかないですよね。

 そういうわけで、今や現存して動作する物自体が少なくなっていますが……。実はゴーストレーダーには、中国で怪現象を起こしたお守り玉が組み込まれた「判別不可能な当たり」が、数十個ばかり確かに存在していたんですよ。


たけしな竜美(@t23_tksn

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる