ニュース
» 2020年08月25日 22時00分 公開

【“おばけ探知機”開発者の本当にあった怖い話】第4夜「バンドファンの女の子の“最後のあいさつ”」

「バンドマンとの食事中、チラチラと視界に霊を感じて……」

[たけしな竜美,ねとらぼ]

怖い話 怪談

 怪を語れば怪至る―― ホラーコンテンツ、心霊や都市伝説にまつわるゲームなど、そういった“この世ならざるもの”に関わるモノを作っている現場では、さまざまな怪奇現象が起きていると耳にします。

 今回は、おそらく日本で唯一であろう“市販のおばけ探知機”「ゴーストレーダー」「ばけたん」の開発者・河原邦博さんにインタビュー。開発の裏側で本当にあった怖い話を、全7回にわたってお送りします。


怖い話 怪談 ソリッドアライアンス代表取締役・河原邦博さん

初代ばけたん:知らせに来た?

「ばけたん」シリーズ

怖い話 怪談 初代ばけたん。2006年に発売されました
  • ゴーストレーダー(2005年4月発売)に続いて開発されたおばけ探知機
  • 「地球意識プロジェクト」「RNG(ランダムナンバージェネレーター)」に着目し開発
  • 乱数発生装置による異常検知のほか、シリーズ内の各製品でさまざまな機能を搭載

 次のお話は、初代ばけたんが発売した後のことです。USBメモリとして売り出したゴーストレーダーとは違い、ばけたんはガラケーのストラップとして発売したので、携帯性に優れてるんですね。

 だから、私自身もケータイに取り付けて、普段から持ち歩いていたんです。いろいろな場所で反応を見たり、反応がある場所を探してみたり……。まあ、そういうのはゴーストレーダーのころからずっとやってるんですけどね。

 確かばけたんを持ち歩きはじめてから、しばらくしたころなんですが。あるアーティストさん……いや、バンドマンって言ったほうが正しいかな。まぁとにかく、その人と一緒に食事をしていたんですよ。

―― はい。

 それで―― ちょっと話が変わるんですが、私には霊感がほとんどないんですけれども、母方は霊感の強い家系でして。それで体験を聞いたり、私も少なからず「これは霊だな」という経験があるんですよ。

 いろいろと心霊話を聞いて調べてきた上で、自身でも体験した経験則なんですが……霊感のない人間相手だと、目の前に幽霊がドーンと現れることはない。こんなふうに(頭の横で手をパタパタさせながら)視野のすみっこのほうで、チラチラ動いている何かを感じるんですよ。これが起きたら気を付けてみてください、間違いなくいますから。

―― へぇぇ……注意してみます。

 さて、話を戻しまして。それで彼と食事をしていたんですが、しばらくしたら視界の隅っこに、なんだかチラチラッと来て。でも、そちらを向いても誰もいない。あぁ、これは何か来たな……と思っていたら、テーブルに置いていたばけたんに、赤く反応が出たんです。

 ばけたんは、幽霊を感知したときに赤く光るよう設計されています。でも、例えばひとつの場所をじっくり探索したとしても、赤反応は1回出るか出ないかなんですね。

 なんですけど……こうやって怖い話をしていると、普段より赤反応が多く出るんですよね。ほら、また出た。


怖い話 怪談

―― さっきからポコポコ反応してますよね。

 話が脱線しました。

 そんなわけでバンドマンとの食事中、チラチラと視界に霊を感じて、赤反応が出ていた。そして、彼の携帯電話に着信があったんですよ。彼は電話に出たんですけれど、どうも込み入った話らしく、結構長いこと話してまして。それで帰ってきたら、見るからにすごく落ち込んでいたんです。

 「何があったの、差し支えなければ聞かせてよ」と尋ねたら、「熱心なファンの女の子が実は重い病気で、闘病の末にさきほど息を引き取った、という知らせだった」って言うんです。

 話によれば、その子は本当に結成初期からの熱心なファンで、いつも応援してくれていたから、ものすごくショックだったそうで。それで彼は、その子が病気になった、ということだけは知っていたらしくて。

 きっと不安にさせたくなくて、重い病気だと伝えていなかったんだと思います。彼は、知っていたら何かできたのに、お見舞いに行っておけば……などと、ものすごく後悔していましたね。

―― 悲しい話ですね……。

 私はですね、たぶんこのとき、彼女が最後のあいさつにやってきてたんじゃないかな、と思ってるんですよ。私の視界の隅っこに……まぁなんというか、遠慮がちにね……チラチラとやってきて。ばけたんを赤く光らせて、彼にも知らせたんじゃないかな。



たけしな竜美(@t23_tksn

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10