ニュース
» 2020年08月24日 22時00分 公開

【“おばけ探知機”開発者の本当にあった怖い話】第3夜「心霊番組の収録、“おばけトンネル”に探知機を持ち込むと……」

日本唯一の「おばけ探知機」を作った方にお聞きしました。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

怖い話 怪談

 怪を語れば怪至る―― ホラーコンテンツ、心霊や都市伝説にまつわるゲームなど、そういった“この世ならざるもの”に関わるモノを作っている現場では、さまざまな怪奇現象が起きていると耳にします。

 今回は、おそらく日本で唯一であろう“市販のおばけ探知機”「ゴーストレーダー」「ばけたん」の開発者・河原邦博さんにインタビュー。開発の裏側で本当にあった怖い話を、全7回にわたってお送りします。


怖い話 怪談 ソリッドアライアンス代表取締役・河原邦博さん

ゴーストレーダー:テレビ番組の撮影中に起きた怪異

ゴーストレーダー

怖い話 怪談 ゴーストレーダー
  • 2005年4月にソリッドアライアンス社から登場したおばけ探知機
  • 心霊現象のデータを取る際、世界的に使われている計測器、センサーの小型統合機
  • 「磁界」「体抵抗」「光」などのセンサーを搭載し、異常な数値を観測するとLEDライトが対応したパターンで点灯する

 ゴーストレーダーが発売した直後のことなんですけれども。ありがたいことに結構話題になってくれまして、テレビ番組でゴーストレーダーが取り上げられたこともあるんですよ。

―― おお、すごいじゃないですか。

 それらのオファーの中には、心霊番組でゴーストレーダーを使いたい、現場まで同行してほしい、というものが少なからずありまして。……そういえば「ここで幽霊が出ることになっているので、タイミングよく反応を出してください」なんて言われたこともありましたね。

 ですがゴーストレーダーもばけたんも、反応一覧を見せるようなデモ機は存在しませんし、そもそも意図的に反応を出すこと自体が不可能ですので。「できません、無理です」と即答でした。

―― 台本が必要なのは分かりますけど……ちょっとあんまりなオーダーですね。

 さて、それとは別の番組の撮影に同行したときの出来事なんですが。えーっと、どこだったかなぁ……そうそう、山梨県にあるトンネルで、結構有名な心霊スポットでの撮影に同行したんですよ。

 それにはグラビアアイドルさん、芸人さんなどが出演してたんですけどね。内容としては「ゴーストレーダーを持って、心霊スポットへ行って、幽霊を探して見つけてみよう」っていうような、怖がっているところを楽しんでもらおうみたいな、よくあったやつです。

 それでトンネルまで行って、私はロケバスの中で待っていたんですよ。私は現場の撮影には参加しない、って形だったので。しかし、撮影が始まってしばらくたった頃にですね、スタッフさんに大声で呼ばれたんですよ。「河原さあぁぁんッ!!」って、もうこっちが驚くぐらいの大声で。

 それでこちらも「はーい!」って大声で返事して。なんだなんだと現場へ駆け付けたら、撮影が止まっていたんですよ。トンネルの中で、全員が固まっちゃってる。

 ともかく話を聞いてみると、ゴーストレーダーが動かなくなった、って言うんですよ。それらを受け取って確認すると、プログラムに存在しない反応を起こしたままフリーズしていたんです。

 ゴーストレーダーって、何かを探知すると光のパターンで示すんですよ。これがそのパターンの一覧表なんですが、どれにも当てはまらないパターンで固まっちゃってて。


怖い話 怪談 反応一覧表。これのどれにも当てはまらない状態でフリーズしていたそう

 作った自分が想定していない、ありえない現象でしたので、皆さんの手前、平然を装いつつも「なんだこれは」と内心ビクビクで……。再起動やらリセットやらいろいろとやってみたんですが、一向に直る気配がない。

 さらにはそのトンネルがですね、本当に出るとすごく有名な心霊スポットだったものですから、皆怖がっちゃって。特にグラビアアイドルさんなんて泣き出しそうになっちゃってて……これはまずいぞ、となりまして。撮影は中断になっちゃって。

―― ゴーストレーダーは私も相当使っていましたけど、フリーズしたことなんて一度もないですよ。

 ですよねぇ……。

 その後、私は「これ不良品だったのかな、壊れちゃったのかな」なんて考えながら、固まったゴーストレーダーを持ってトンネルから出たんですが……。そうしたら、さっきまでうんともすんともいわなかったのが、普通に動き始めたんですよ。さっきまで何をやっても動かなかったのに。

―― うわぁ、何ですかそれ……。

 プログラムにない動作を起こしただけでもおかしいのに、ピンポイントでトンネルの外に出た途端に動きだすなんて、ねぇ……。しかも有名な心霊スポットで、ですよ。

 偶然にしてはできすぎですよね。でも、実際に起きちゃったんですから。



たけしな竜美(@t23_tksn

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」