【“おばけ探知機”開発者の本当にあった怖い話】第7夜「焼死したおじいさんの事故物件調査・後編」

おそらく日本唯一の“市販のおばけ探知機”を作った方にお聞きしました。

» 2020年08月28日 22時00分 公開
[たけしな竜美ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

怖い話 怪談

 怪を語れば怪至る―― ホラーコンテンツ、心霊や都市伝説にまつわるゲームなど、そういった“この世ならざるもの”に関わるモノを作っている現場では、さまざまな怪奇現象が起きていると耳にします。

 今回は、おそらく日本で唯一であろう“市販のおばけ探知機”「ゴーストレーダー」「ばけたん」の開発者・河原邦博さんにインタビュー。開発の裏側で本当にあった怖い話を、全7回にわたってお送りします。


怖い話 怪談 ソリッドアライアンス代表取締役・河原邦博さん

事故物件の調査依頼、その後

「ばけたん」シリーズ

怖い話 怪談 ばけたん霊石。2018年に発売し、現在では改良版の「ばけたん霊石 改」となっています
  • ゴーストレーダー(2005年4月発売)に続いて開発されたおばけ探知機
  • 「地球意識プロジェクト」「RNG(ランダムナンバージェネレーター)」に着目し開発
  • 乱数発生装置による異常検知のほか、シリーズ内の各製品でさまざまな機能を搭載

 Aくんのおじいさんが焼死した事故物件の調査に行ったときのお話の続きです。車が全然前に進まなくなるトラブルもありましたが、Aくんを「おじいさんにちゃんと手を合わせてきなさい」と諭し拝んでもらったところ、その後は車の不調も出ず。

 それから、いくつかの心霊スポットや樹海で、新しいガジェットのプロモーション映像の素材撮影などを行いました。樹海はやっぱりすごいですね、ばけたんの赤反応(もっとも悪い反応)がポンポン出ます。

 しばらくして、いい時間になったあたりでキャンプ場へ。とは言ってもコテージなんですけどね、そこへチェックインしまして。

―― いいですねー。

 最後の目的がバーベキューでしたからね。そのコテージのベランダには、大きな炭火台が据え付けられていたんですよ。炭なんかの燃料や着火剤は、ビニールに包まれた状態で、屋根の下にまとめて置いてあって。

 それで私は、堤さんと各種食材を切ったり洗ったりの下ごしらえを担当して。Aくんには炭火を起こしてもらうことにしたんです。台所でいろいろと洗って切って盛り付けて……しばらくして、Aくんの様子を見に行ったんですよ。

 そうするとAくんが、どうにも苦戦してるんです。炭火を起こすときに一番苦労するのは、まず炭に火をつけることですからね。まぁそのうち起こせるだろう、がんばってくれよ、といったん戻ったんです。

 こちらは食材の準備が終わって。さぁ火は起こせたかなと見に行ったら、まだできてなかった。一体どうしたの、とAくんに聞いてみると、何をやっても炭に火がつかない、って言うんですね。

 よくよく考えてみたら、新聞紙や木の枝から炭火を起こすのは苦労しますが、着火剤を使えばそれほど難しくないはずなんですよ。炭はビニールで包まれていましたし、触ってもシケってる様子はない。

 それでわれわれも炭火起こしに加わって。着火剤を追加したり、炭を入れ替えたり、炭を直接バーナーで炙ったりしてみたんですけど、本当にどうやっても炭が赤くならないんですよ。ちょっとは火がつくんですけど、すぐに消えてしまう。

―― どういうことでしょうか……。

 最後は業を煮やして、部屋の中にあるコンロでもって、複数の炭を加熱して真っ赤にしまして。そこでは赤々と燃えるんですよ。でも、それを持っていって炭の中に入れても、しばらくすると消えてしまう。

 結局、Aくんがやっていた時間と合わせて、だいたい1時間ぐらい炭火起こしをしていた計算になるんですが、まったく火がつかないんです……火が起きる気配さえ見せないなんて、明らかにおかしいですよね。言わずもがなですが、過去に炭火を起こすことは全員が経験済みですよ。

―― ワケが分かりませんね。

 もうしょうがないので、炭火を起こすのは諦めまして。部屋の中にあったホットプレートやカセットコンロでお肉、お野菜を焼いて、それでバーベキューとしました。

 ただ、よくよく考えたらですね。Aくんのおじいさんは火事で亡くなったわけじゃないですか。その上でAくんに火起こしを任せて火が起こせず、さらにわれわれが加わってもなお火がつかなかった。


怖い話 怪談 火災現場、別の角度から撮影したもの

 なんというか、直接的な証明は不可能なんですけども……。車のアクセルの調子がおかしくなって、Aくんが戻ってお参りしたら元に戻った。1時間も悪戦苦闘したのに、炭火が起こせなかった。

 Aくんとおじいさんと火に関する因縁というか……おじいさんからの「火には気を付けろ」みたいなメッセージが含まれているんじゃないかな、と。

 偶然と言えば偶然なんですけれども、あまりにも繋がっている。不可思議な点が多いし、もう話ができすぎてますよね。Aくんに対しては「火に気を付けるように。それから、おじいさんはちゃんと供養するように」とアドバイスしておきました。



たけしな竜美(@t23_tksn

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  2. /nl/articles/2406/15/news010.jpg 生活難易度MAX トイレも簡単に行けない“謎すぎる間取り”の都内マンションがシンプルに変な家で「癖強すぎ」「どんな部屋やねん」
  3. /nl/articles/2406/15/news064.jpg “未発売”のはずの新商品がフリマアプリに流出…… スノーピークが謝罪「心よりお詫び」
  4. /nl/articles/2406/15/news027.jpg 6カ月赤ちゃん、生まれて初めての体験に思わず「かあちゃんたすけてー!」 SOSの理由に「感情が迷子になってる感じが最高に可愛い」
  5. /nl/articles/2406/14/news020.jpg 爆弾岩のようなイカつい見た目の生き物を茹でてみたら…… ありえない変化に反響「何回見てもおもろい」「ダンジョン飯っぽさがw」
  6. /nl/articles/2406/14/news030.jpg 【今日の計算】「9+4×5−8」を計算せよ
  7. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  8. /nl/articles/2406/14/news013.jpg 深夜2時に響き渡る鳴き声→見ると隣家の物置に紐で繋がれている子猫が…… 仰天する当時の状況と意外なワケが胸に迫る
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」