ニュース
» 2020年08月27日 22時00分 公開

【“おばけ探知機”開発者の本当にあった怖い話】第6夜「焼死したおじいさんの事故物件調査・前編」

おばけ探知機が江戸時代の処刑場跡レベルの反応を示す事故物件。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

怖い話 怪談

 怪を語れば怪至る―― ホラーコンテンツ、心霊や都市伝説にまつわるゲームなど、そういった“この世ならざるもの”に関わるモノを作っている現場では、さまざまな怪奇現象が起きていると耳にします。

 今回は、おそらく日本で唯一であろう“市販のおばけ探知機”「ゴーストレーダー」「ばけたん」の開発者・河原邦博さんにインタビュー。開発の裏側で本当にあった怖い話を、全7回にわたってお送りします。


怖い話 怪談 ソリッドアライアンス代表取締役・河原邦博さん

おじいさんが焼死した事故物件の調査依頼(前編)

「ばけたん」シリーズ

怖い話 怪談 ばけたん霊石。2018年に発売し、現在では改良版の「ばけたん霊石 改」となっています
  • ゴーストレーダー(2005年4月発売)に続いて開発されたおばけ探知機
  • 「地球意識プロジェクト」「RNG(ランダムナンバージェネレーター)」に着目し開発
  • 乱数発生装置による異常検知のほか、シリーズ内の各製品でさまざまな機能を搭載

 これからお話するのは、ばけたんと直接の関係こそないのですが、こういった「おばけ探知機」を作ってきた自分だからこそ遭遇できただろうものです。

 私の仲間内にいる若い子で、名前はそうですね……仮にAくんとしましょう。そのAくんから連絡がありまして。簡単にまとめると「事故物件の心霊調査をしてほしい」って内容だったんですよ。

 どういう風の吹き回しだろう、と詳しく話を聞いてみたんですが……。関東のある一軒家で火事が起こって、住んでいた男性が亡くなったって言うんですよね。その男性はAくんのおじいさんで、つまりAくんは孫にあたるんです。Aくんによれば、亡くなる直前のおじいさんはかなり認知症が進んでいたらしく、尋常な精神状態ではなかったそうで。

 それで、どうやって亡くなったのかって聞いたら……それが分からない、って言うんですよ。2階のベランダで遺体が見つかったので、焼死であることは間違いない。ただ火事になった原因とほかの死因……自殺、他殺、過失からの事故死、失火、放火……それが分かっていないそうなんです。

 Aくんが聞かされた話によれば、放火の可能性も高いらしくて。だから建物には今でも規制線、立入禁止の黄色いテープがぐるりと張られていて、Aくん含めて建物には立入禁止の状態。警察が調査を続けている、って言うんです。

―― なるほど。

 取りあえず、できる範囲で調査してみよう、ということになりまして。私とAくん、そしてばけたんの開発にご協力いただいた、日本ダウザー協会(※)代表の堤裕司さんの3人で現場へ向かったんですよ。スケジュールとしては、その現場を調べた後、いくつか心霊スポットを回って、最後にキャンプ場のコテージでバーベキューをしようじゃないかと。Aくんの気分転換にもなるだろう、と思って。

日本ダウザー協会:公式サイトによれば、国内でのダウジングの普及、海外のダウザー協会との交流を目的に1984年設立

 レンタカーを借りAくんに運転してもらって、現場の一軒家へ到着すると、当然ですが内部は全焼。どこもかしこもまっ黒焦げ。それはともかく、家とその周辺が、なんというかですね、妙な違和感を覚える場所だったんですね。ごくごく普通の住宅街なのに、雰囲気が悪いと言うか……そうですね、スティーブン・キングの小説に出てくるような……。


怖い話 怪談 火災現場の写真。おじいさんはベランダの近くで亡くなっていたそうです

 さて、調査の前に私と堤さんは、現場へ手を合わせたんですが……当のAくんは何もしないどころか手ぶら、ときやがりまして。

 「おじいさんが亡くなった場所だぞ」「お供え物のひとつでも持ってきなさいよ」なんて、いろいろと聞いてみたんですが……生前のおじいさんはAくん含めて、親族全員と不仲だったそうなんです。Aくんとしては、火事の原因がなんであれ、今後何かあるかもしれない……と、不安になって調査を頼んだ、という次第だと。

 ともかく家の中には入れないので、現地調査は可能な範囲で行ったんですが……ばけたんの反応は、今までに見たこともない異常なものでした。

 立ち入っても大丈夫な門の前にて試したんですが、同じばけたんで3回連続、赤色の反応が出たんですよ。1日じっくりとばけたんを使って、赤反応は1回出るか出ないかですし、私も3回連続は初めての経験で、さすがに驚きました。

 これに似た現象が、別の心霊スポットで起きていまして。品川区に「鈴ヶ森刑場跡」っていう、江戸時代の処刑場跡があるんですが……そこで10人10個のばけたんを同時に使ったところ、7個が赤反応を見せたんですよ。

 一般の住宅敷地内で、何十万人が処刑された場所に似た反応を出すというのは、ねぇ……おじいさん、住んでて大丈夫だったのかな。


怖い話 怪談 ばけたんの反応一覧。赤が一番悪い反応です

―― なかなかハードな現場だったようですね……。

 しばらく周辺を調べ回った後、建物内部は規制線が解けた後日に詳しく調べよう、ということになりまして。次の目的地へ向かっていたところ、Aくんが妙なことを言い出すんですよ。

 「河原さん、車の調子がおかしいです」って。アクセルを踏み込んでも全然前に進まない、って言うんです。

 こちらは乗ってる立場じゃないですか、怖いですよね。アクセル踏み込んで一気に加速して壁にバーン! とかなったら嫌じゃないですか。


怖い話 怪談 火災現場の写真。焼け焦げ跡が生々しい

 そこでちょっと考えたんですよね。Aくんが現場で何もしなかったから、おじいさんが引き止めてるんじゃないかな、って。

 それで「まだ現場は近いし、すぐ戻れるから。今からスーパー寄ってバーベキューの買い物しよう。そこでお酒なんかのお供え物を買って、おじいさんにちゃんと手を合わせてきなさい」と諭したんです。

 Aくんもそれに納得して、なんとかスーパーまで車を運んで。それでいろいろと買い込んだ後、一緒に買ったお供え物とお酒をAくんに持たせて、現場まで戻って拝ませたんですよ。

 そうした後、改めて出発したんですが……途端に車の不調が直っちゃったんです。

―― えぇー……。

 不思議ですよね。それを見て「あぁやっぱり、おじいさんが引き止めてたんじゃないか」って、全員が感じていました。それと同時に、おじいさんとAくんを含めて親族が不仲だったのは確かみたいですが……Aくんのことは気に掛けていたのかもしれないなって、ふと思いました。

 そもそもAくんが調査してほしい、なんて言い出さなければ、私たちとAくんが一緒に現場へ向かうことはなかったんですから。そういったことも含めて、おじいさんがAくんを呼ぶと同時に、自身のメッセージを察して、若いAくんを諭してくれる人物を同行させよう、と仕向けたのかも。……そんな気がしてならないんですよ。



たけしな竜美(@t23_tksn

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」