ニュース
» 2020年09月10日 09時00分 公開

伊豆急下田駅「あじずし」(1130円)〜窓を開けたら潮の香り! 185系電車「踊り子」

あじ8カン、しそ2カン、小田原・熱海の名物駅弁へのオマージュが感じられる「あじずし」。駅弁らしく酢が効いて、ごまが混ぜ込まれた酢飯も風味豊かです。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

駅弁 185系電車・特急「踊り子」、伊豆急行線・伊豆稲取〜今井浜海岸間

透き通った東伊豆の海に沿って、グリーンストライプの「踊り子」号が、大きなモーターの音を響かせながら、伊豆急下田へ向け、下って行きます。

「駅弁膝栗毛」には何度も登場している185系電車は、昭和56(1981)年のデビュー。

首都圏ではいま、最も「駅弁」が似合う車両と言ってもいいかも知れません。

それというのも、かつての駅弁販売の肝だった、「窓が開く」という特色があるからです。

駅弁 185系電車・特急「踊り子」、伊豆急行線・片瀬白田〜伊豆稲取間

この夏は、換気のために、窓が開いた185系「踊り子」をよく見かけました。

私も先日乗車した際、前列の4人組の方が、座席を回して宴席を始めたので、思わず、185系電車の窓を開けました。

その昔、「特急なのに窓が開く」と云われたこともあった185系電車ですが、40年目にして「窓が開いてよかった!」と初めて感じることができました。

駅弁 あじずし

「踊り子」号の窓を開けたら、潮の香りが車内でも感じられました。

生命の起源は海にあるとも云われるからか、どこか懐かしさを感じて、癒される海の匂い。

海辺の鉄道旅は、自然と海の幸が恋しくなります。

伊豆急下田・伊豆高原駅などで「伊豆急物産」が販売している伊豆急行線の駅弁にも、この地域では定番の「あじずし」(1130円)があります。

駅弁 あじずし

【おしながき】

  • あじずし
  • しそ巻き
  • わさび漬け
  • ガリ
駅弁 あじずし

あじ8カン、しそ2カン、小田原・熱海の名物駅弁へのオマージュが感じられる「あじずし」。

駅弁らしく酢が効いて、ごまが混ぜ込まれた酢飯も風味豊かです。

現在、「踊り子」には車内販売がなく、カフェテリア(ヌードルバー)が連結されている「サフィール踊り子」も、弁当の車内販売はありません。

下田、伊豆高原などから、「踊り子」に乗り込む際は、ぜひとも駅弁を押さえたいものです。

駅弁 185系電車・特急「踊り子」、伊豆急行線・伊豆大川〜伊豆北川間

185系電車も、既に一部の列車に投入されているE257系電車への置き換えが進みます。

列車内の換気は十分に行われていますが、車内での大声による会話や座席を回転しての宴席は、不安を覚える方も多いでしょうから、コロナ禍収束後に取っておきたいところ。

その分、車窓に広がる景色をよく眺めて、駅弁をじっくり味わいながら、2020年のいましかできない鉄道旅を楽しみたいものです。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」