ニュース
» 2020年09月27日 19時00分 公開

髪の毛に乗る極小「戦艦大和」がすごい! ナノ3Dプリンタで作った大和が信じられない技術だと話題に

小さすぎて見えない超弩級戦艦。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ナノ3Dプリンタでプリントした極小の戦艦大和がすごいとTwitterで話題になっています。小さすぎて意味がわからないよ!


ナノ3Dプリンタ 印刷 極小 戦艦大和 髪の毛 小さい 見えない どれが戦艦大和……?

 投稿したのは、金属部品メーカー・キャステムが運営するものづくりスペース「京都LiQビル」の公式アカウント(@castem_liq)。指先を写した写真には、光を反射しているのが分かる程度の“点”しか見えませんが、顕微鏡で確認するとそこには戦艦大和が……!


ナノ3Dプリンタ 印刷 極小 戦艦大和 髪の毛 小さい 見えない 光っている点を顕微鏡で見ると……(※編集部で拡大)

ナノ3Dプリンタ 印刷 極小 戦艦大和 髪の毛 小さい 見えない めちゃくちゃ小さい大和が!

 ただ船の形をしているだけではなく、よく見ると檣楼(しょうろう)や主砲らしきものまで再現されているようで、さらにビックリします。比較対象の髪の毛が太く見えるってどういうことなの……。


ナノ3Dプリンタ 印刷 極小 戦艦大和 髪の毛 小さい 見えない 指紋がでかく見えるレベル

ナノ3Dプリンタ 印刷 極小 戦艦大和 髪の毛 小さい 見えない 髪の毛に乗る大和の図

ナノ3Dプリンタ 印刷 極小 戦艦大和 髪の毛 小さい 見えない 顕微鏡での撮影風景

 Twitterでは「嘘だろ……」「信じられない!」と驚く声が寄せられ、「こんなことができるのか」と技術に感動する声も上がっています。同社は他にも、もうちょっとだけ大きくなって肉眼でも確認できる「指先の戦艦大和」や、極小サイズのさまざまな「ミニチュア工具」などを作って公開しています。

 ちなみに、10月7日からインテックス大阪で開催予定の「関西 機械要素技術展」では、“極小大和”の元になった大きい抱えるサイズのステンレス製・戦艦大和を展示予定とのことです。


画像提供:キャステム京都LiQ【公式】(@castem_liq)



※価格は記事掲載時点のものとなっています



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.