ダウナーに生きる人のためのコスメレビュー ADHDとうつを抱える私の「よりよいコスメの選び方」

たまに楽しくて、たまに負担になる。そんなメイクをどうにかやっていくための方法って?

» 2020年10月01日 21時00分 公開
[呉樹直己ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 楽しい営みであり、同時に負担でもある。メイクの意味は人それぞれ異なる現実として存在しています。特に女性は社会的にメイクを要請される場面が少なくありませんが、そこに難しいものを感じている人は少なくないでしょう。

 ライターの呉樹直己さんは、ADHDとうつの当事者であり、メイクを趣味として楽しんでいる生活者でもあります。今回ねとらぼでは、呉樹さんのコスメを選ぶ基準や、おすすめのコスメについて寄稿していただきました。生活上の困難とメイクへの関心を併せ持つすべての人が、よりよい落としどころを見つけられますように。

ライター:呉樹直己

20代のADHD。おおむねマジョリティ、ときどきマイノリティ。よりよい生存を目指して試行錯誤している道中。

Twitter:@GJOshpink

ブログ:敏感肌ADHDが生活を試みる

ADHDの私が、コスメを選ぶ基準

 こんにちは。呉樹直己と申します。しがないインターネットユーザーで、発達障害の一種であるADHD(注意欠陥・多動性障害)の当事者です。二次障害として鬱(うつ)の症状も持っており、人生をダウナーにサバイブしています。この記事では、そんなわたしが愛用しているアイメイクコスメを一つご紹介したいと思います。


コスメレビュー 呉樹さんのコスメポーチ

 その前に、わたしがコスメを選ぶときの基準を共有しておきます。一口にADHDといっても症状は人それぞれ違うのですが、わたしの場合は、メイクをするときの、ほんのちょっとの手間にも耐えられずに投げ出してしまいたくなるのが困りごとです。ほんのちょっとの手間とは、容器の蓋(ふた)をくるくる回して開けるとか、そういうレベルの話ですね。精神状態が悪いときは、そんな些細なタスクすらこなせなくなってしまうのです。

 そこでわたしは、コスメを選ぶとき、自分にとって使いやすい容器・形状であることを最優先して購入するようにしています。いくつか具体例を挙げましょう。

日焼け止め

ポンプ容器の製品を選ぶ。片手ワンプッシュで一定量を取り出すことができるから。

リキッドファンデーション

ポンプ容器またはチューブ容器の製品を選ぶ。蓋を回して開けてスパチュラで取る必要があるジャー容器は苦痛なので選ばない。

フェイスパウダー

固形のプレストパウダーを選ぶ。ルースパウダーは粉が舞い飛んで手指が汚れるので選ばない。

 こんな調子で、すべてのコスメを、容器の使いやすさを最重要視して取捨選択しています。色味や成分よりも容器が優先。

ストレスにならないアイメイクアイテム

 アイメイクに用いるアイシャドウも同様です。

 アイシャドウといえば、粉体を固形に押し固めた形状のものがオーソドックスでしょう。しかし、パウダーのアイシャドウは、チップで取る必要があるのと、粉が多少舞い飛ぶのとで、精神的余裕がないときは使うのが難しい。

 そこでわたしは、スティックアイシャドウを愛用しています。スティックアイシャドウは、クリーム状の基材をペン型に固めた形状のコスメで、まぶたに直接線を引くようにして使います。パウダーアイシャドウと比べたときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 粉が舞い飛ばない→手指やポーチを汚しにくい
  • キャップを外して即片手で塗ることができる→時短になる
  • 直感的に描くことができる→不器用でも大丈夫
  • スリムで省スペース→朝寝坊しても雑にポーチに詰め込んで家を飛び出すことが可能

デメリット

  • パウダーアイシャドウに比べて種類が少ない
  • 目のキワだけに細く塗るなど、細部の描き込みには不向きなことがある
  • 強く描きすぎると芯が折れる。力加減は慎重に
  • 減りが早く、コスパが悪い

 パウダーもスティックも一長一短あります。

 それでは、ドラッグストアで安価に手に入るスティックアイシャドウを一つご紹介します。

 ロレアルパリの、カラーリッシュ ルスティロスモーキー。全長11.5センチ、1600円(税別)。カラーバリエーションは全8色。画像は、104番のトープレディです。


コスメレビュー ロレアルパリ カラーリッシュ ルスティロスモーキー


コスメレビュー 左がぼかさない状態、右はぼかした状態

 使い方は簡単。まぶたに直接塗りつけるだけです。ぼかさずに太めのアイラインのように線描することも、ぼかしてシャドウとして使うこともできます。写真左がぼかさない状態、右がぼかした状態です。

 特長は、本体のお尻の部分にブラシが内蔵されていることです。このブラシを使ってぼかしてもいいし、指のほうが小回りが利くと感じるなら指を使うのもいいでしょう。

 なお、メイクをするときは、ウェットティッシュを近くに置いておくと便利です。指が汚れてもいちいち洗いに立たなくていいように、最初からセッティングしておきましょう。卓上でメイクする派なら、乾いたティッシュとウェットティッシュをセットで常備しておくことをおすすめします。もちろん、洗面台でメイクする派で、ワンステップで水道にアクセスできる方は不要ですね。


コスメレビュー ブラシつきなので使いやすい!


コスメレビュー キャップを開けてすぐに使えるのが最高

「自由にメイクする」とは何を意味するのか

 この記事を読まれているあなたは、メイクはしますか。お好きですか。

 メイクを社会的に推奨されない立場で、個人的にも興味がない方。

 メイクを社会的に推奨されない立場で、むしろ偏見の目で見られたりするけれど、チャレンジされている方。

 メイクに対する興味と苦手意識が相半ばしている方。

 メイクに興味はないけれど、同調圧力に逆らうコストのほうが惜しいから無難にマスターしてしのいでいる方。

 さまざまな愛、憎、トラウマ、コンプレックス、無関心。

 いろんな方がいらっしゃることでしょう。メイクは、特に女性として生きている人にとっては、抑圧の一形態です。半面、セルフケアの手段として老若男女に拓かれている営みでもあります。わたしたちには、この2つの真理の間を揺れ動きながら、気分次第で楽しんだり、負担に思ったりする権利があります。

 わたしも、メイクはおおむね趣味だと思って愛好していますが、抑鬱が酷いときは、外出するにもメイクどころか顔を洗うのがやっとです。ADHDでも鬱でもない人であっても、とても疲れていてなにもかもがおっくうな日はあることでしょう。

 困難な作業を、無理にやって心身を壊すという選択肢と、まったくやらないという選択肢。両者の間には、無限のグラデーションがあります。人生、大抵のことはこのグラデーションの間でなんとかもがかなきゃいけない。であれば、自分にとって少しでも楽な位置を見つけ出すスキルが必要です。アイシャドウといえばパウダーというイメージが強いですが、固定観念に囚われず、自分にとってハードルの低いほうを選べばいい。「自由にメイクする」とは、そういうことだとわたしは思います。派手な色や奇抜な色をまとうだけが自由ではないのです。

 メイクを行うすべての人が、より快適なメイクライフを送れますように。ほかならぬ自分自身にとって、心地よいと感じる選択肢を選べますように。以上、ロレアルパリのスティックアイシャドウ、ルスティロスモーキーのご紹介でした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. /nl/articles/2407/14/news020.jpg 子どもが「エアコンつけたら咳が出る」と言うので掃除のプロを呼んだ結果…… 衝撃的な状態と結末に「言葉を失います」
  5. /nl/articles/2407/14/news046.jpg 「さすがワークマン」 6年前から“商品化”希望の声→発売された待望のアイテムに「ちょっと感動」
  6. /nl/articles/2407/14/news003.jpg 「せめて……」 有名中古品チェーンで1000円の商品購入→袋を開けて発覚した“衝撃の事実”に「変な声が出た」
  7. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  8. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  9. /nl/articles/2407/12/news075.jpg 【時間クイズ】「午後2時の9時間前」は何時?
  10. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」