どうして……? 「缶切り」の異名を持つ「なぜか事故が多発する」危険な橋 対策を施すもまた事故

安全のため橋の高さを上げているそうですが、それでも事故は多発している模様。

» 2020年10月12日 18時30分 公開
[鈴木伊玖馬ねとらぼ]

 「なぜか事故が多発する」と注目を集めている「いわくつき」のスポットで、事故対策を施したのにまたも事故が起きてしまったという映像が、海外で注目を集めていました。どうして……?

photo 多くのトラックに被害を味合わせた「危険な橋」とは?(動画はYouTubeより)
Camping trailer gets A/C deleted at the 11foot8+8 bridge

 「あのコーナーには魔物が棲んでる」など、悪名高い場所というのはクルマやバイクを運転する人なら誰もが1度は聞いたことがあるはず。話題になっている映像が撮影された場所もそんな場所です。

 事故が起きたのは、米ノースカロライナ州のとある交差点。すぐ近くに鉄道橋があり、その下が一般道になっているというどこにでもありそうなシチュエーションです。

 なぜここで事故が多発しているのか。その理由は橋にありました。

photo トラックがくぐり抜けようとすると……(動画はYouTubeより)
photo エアコン部分と橋が接触!(動画はYouTubeより)

 実際に映像を見てみると、1台の大きなトレーラーが橋の下に差し掛かります。トレーラーそのものは高さ的にギリギリセーフ……しかし、上部に突き出たエアコン部分が橋に直撃してしまい、木っ端微塵に吹き飛んでしまいました。なんてこったい。

 この橋、実は海外で「なぜか事故が多発するスポット」として有名な「11foot8」と呼ばれている。これは橋の高さが11フィート8インチ(約3.55メートル)であることが由来です。

 これまでも多くのトラックやトレーラーが餌食になり、地元では知らぬ人はいないスポットでした。その映像がYouTubeなどで公開されるようになると、世界中に「危険な橋」として知られるようになりました。

 被害に合ったクルマの多くが上部を引き裂かれてしまうことから「カン・オープナー・ブリッジ(缶切り橋)」というあだ名もつけられています。

photo 看板も修正が入っています(動画はYouTubeより)

 あまりにも事故が多発するため、2019年に鉄道会社が12フィート4インチ(約3.75メートル)に高さを調整したのですが、その22日後にまたも事故が発生。以前から警告灯や標識を設置して、運転者に危険を知らせているのですが、その後も定期的に事故が起きてしまっているようです。

 地中には水道管が通っていることもあり、これ以上掘り下げることは難しく、抜本的な解決は難しいそうです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」