連載
» 2020年10月19日 18時30分 公開

「私が辞めるか、古株が辞めるかです」介護の現場に転職して2か月、“正看護師のプライド”を振りかざす相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(2/2 ページ)

[北村ヂン,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

相談者は職場を辞めたいのか辞めたくないのか……

 この日の回答者は弁護士の野島梨恵。

 「仕事を教えてくれない」と主張する相談者だが、正看護師としてのキャリアに相当自信があるようだし、数ヶ月我慢して現場の回し方を見ていれば、古株と口をきかなくても仕事をやっていけるのではないかとアドバイスした。

 「それをしたいんですけど、取り巻きがイチイチ言うんですよ。だから取り巻きがまた厄介なんですよ」「私の行動を朝から晩までこう、イチイチイチイチ時系列でチクりにいってるんですよね。『あの人は今、これをやっていました』『あの人は今、これを勝手にやっていました』とか」

 古株と関わらずに我慢してやっていったとしても、いつか爆発して辞める日が来るのではないかと語る相談者。

 「きちんと仕事をしてって。人の悪口なんかどうだっていいからっていうとこがあるんですよ。きちんと利用者と向き合って!」

 これに対して野島は、「正社員になる気はさらさらない」「いつか爆発して辞める」というなら、早めに次の仕事を探しておくべきだと指摘。

 「介護のお仕事で、看護師さんを必要としているところなら(他にも)あるでしょうから」

 「あると思います。その点では全然心配してないんですよ。でもこういう辞め方っていうのはどうなのかなって……」

 相談者は仕事を辞めたいのか辞めたくないのか……。自分は辞めずに古株を辞めさせる方法を知りたいというのは無理な注文だろう。

 「『いつでも辞められるわよ、こんなところ』という風に思っていた方がお気持ち的にはお楽じゃないかなと思う」「ただただ我慢するだけじゃなくて、自分も動けると。『自分にも選択肢がある』という風に状況が変わられた方が楽だと思うから」

 相談者からの一方的な証言しかないため、古株や取り巻きからの嫌がらせが本当なのか判断しようがないが、自分で面接して採用した新人に理由もなくいやがらせをするとも考えづらい。

 相談中のように、准看護師の古株や看護師資格を持たない介護職員たちを見下すような態度を取りまくっているのではないだろうか。

 まったく法律問題ではないので、弁護士の野島からはふんわりとしたアドバイスしか出てこず、(リスナー的には)ちょっと消化不良だった。

 聞かれてもいないのに、娘が看護師で息子が薬剤師だと紹介するなど、相談者は正看護師であるということにものすごくプライドを持っているのだろう。

 いろいろ言ってはいたが、看護師としての仕事が見つからず、(相談者いわく)給料の安いデイサービスで働くこととなり、プライドをこじらせてしまったということではないだろうか。

 今井通子&三石由起子の怖〜いコンビに、そのプライドをガツンと打ち砕く厳しいアドバイスをしてもらいたかった。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する