ニュース
» 2020年10月30日 20時00分 公開

「コロナ収束したら付き合うふたり」 幼なじみが付き合うまでを描いた漫画に「泣いてしまった」「良いお話」 (1/2)

結末が分かっていても最後まで読み進めてしまう。

[Tomo,ねとらぼ]

 幼なじみが幼稚園に入ってから大人になって付き合うまでを描いた漫画「コロナ収束したら付き合うふたり」(作:うえはらけいたさん)が、「泣いてしまった」「良いお話」と好評を博しています。

ここから始まる物語

 物語は1993年4月、おさむとつかさが幼稚園に入園する場面から始まります。入園式ではつないだ手を離さなかった2人。小学校の入学式では手をつなぎこそしませんでしたが、仲よく過ごします。この頃から恋心が芽生えているようで、水泳記録会を見学するつもりだったおさむが、「25メートル泳げたら好きな人を教えてもいい」というつかさの言葉に一転奮起するほほえましい場面も見られます。

 小学校ではおさむがいじめられ、中学校ではつかさが不登校に。悩みを抱える中で、2人が互いを思い合っている様子が描かれます。しかし高校、大学と年齢を重ねるうち、2人はそれぞれ別の人と付き合い、距離ができていきます。そんな2人ですが、子どもの頃の“秘密基地”でばったり出会ったりと、絆が続いていることを感じさせる場面も。そして就活や仕事、恋愛と、大人になった2人がさまざまな経験をしながら寄り添ったり離れたりする紆余曲折が作中では時間を追って描かれていきます。

いじめられるおさむのために本気で怒るつかさ
就活がつらいとき、思い出の“秘密基地”で励まし合う姿も
失恋の痛手から立ち直れないつかさに踏み込めないおさむ

 「コロナ収束したら付き合うふたり」というタイトルから、読者には結末が見えています。しかし、年齢とともに変わる心の機微が丁寧に描かれる物語は、結末が分かっていても最後まで読み進めてしまいます。子どものころの、時に意地を張りつつもストレートな感情表現から、大人になってからの、思い合いつつも踏み込めない複雑な感情まで、リアルに描かれ引き込まれます。

 また作中にはたまごっちやmixi、ニコニコ動画などその時代に流行したものがちりばめられており、読みながら懐かしいものを探す楽しみもあります。

 次ページから同作の冒頭部分を掲載します。全編は漫画サイト「コミチ」で読めます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」