ニュース
» 2021年05月03日 12時00分 公開

まぶたの酷使のせいで体までだるく…… 「眼瞼下垂」になった人の手術体験談漫画でまぶたを労る大切さを知る(1/2 ページ)

まぶたに負担をかけすぎないように注意を。

[関口雄太,ねとらぼ]

 長年まぶたを酷使した結果、「眼瞼下垂」という病気になって手術を受けた漫画家の体験談漫画が、目やまぶたに負担をかけすぎないようにすることの大切さを教えてくれます。

眼瞼下垂 手術 体験談 眼瞼下垂で手術を受けた人の体験談

 10代のころからアイプチやつけまつげでギャルメイクを楽しみ、長年コンタクトを使っていた漫画家のたまごひめ(@Egg_050)さん。その結果、まぶたが垂れ下がって黒目が一部隠れてしまう「眼瞼下垂(がんけんかすい)」になっていました。生まれつきの人もいれば、たまごひめさんのようにだんだん症状が進む人もいるといいます。

眼瞼下垂 手術 体験談 10代のメイクでまぶたを酷使

 眼瞼下垂になると、本人は思いっきり目を開けているつもりでもほとんど目が開いていない状態になることも。表情が相手に伝わりづらくなる他、人によっては肩こりや睡眠障害、ときにはうつ症状を引き起こすこともあるといいます。たまごひめさんは、体がだるく、夜熟睡したつもりでも日中ひどい眠気があるなどの悪影響がありました。

眼瞼下垂 手術 体験談 「眼が小さいだけ」と言われたら恥ずかしいな……と思っていましたが

 長年のコンタクト使用や目をこするなど心当たりが多かったたまごひめさんは、「ただ眼が小さいだけですね」と言われたら恥ずかしいな……と思いながら病院へ。診断はまさに眼瞼下垂で、その日に手術の説明を受けることになりました。

 ネットで口コミなどを調べて手術に臨んだたまごひめさん。好きなミュージシャンの曲を手術室で流してもらいながら、局所麻酔で意識がある状態で手術を受けます。自分の皮膚が焼き切れているであろう「ジジジジ」という音とよく焼いたアジの匂い。「あたし焼いたらアジの匂いがするんだ…」と新たな発見をして静かに驚くのでした。

眼瞼下垂 手術 体験談 アジの匂いによく似た焼ける皮膚

 術後は目の重さは消え、すっかりと軽い瞳に。目がよく開き気持ちも軽やかになったとたまごひめさんは語っています。眼瞼下垂かも、と気になる場合は「おでこを手で抑えてみて瞳が開きにくい人は要注意」とのこと。術後の変化や症状の原因などは人それぞれですが、おしゃれを楽しみつつも健康を意識して適度な調節が大切だと気付かせてくれる体験です。

作品提供:たまごひめ(@Egg_050)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる