ニュース
» 2021年05月15日 12時15分 公開

シュールで社会派でカルト! ジョージア・ロシア合作のアニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」レビュー(2/3 ページ)

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 だが、かわいらしい絵柄のアニメになったためでもあるのか、シュールでゆるいおかしみは、むしろパワーアップしている。基本プロットはほぼ同じでも細かな違いはたっぷりとあるので、「不思議惑星キン・ザ・ザ」と「クー!キン・ザ・ザ」が同時上映されている劇場で、見比べてみるのも楽しいだろう。

<劇場情報>

 なお、アップリンク吉祥寺のロビーでは、「不思議惑星キン・ザ・ザ」における2メートル超の巨大宇宙船も出現している。きっとその大きさと実在感に、圧倒されるだろう。

 なお、「不思議惑星キン・ザ・ザ」は、現在も口コミでロングランヒットを記録しているストップモーションアニメ映画「JUNK HEAD」の堀貴秀監督が強い影響を受けたと公言している。シュールな雰囲気や、どこかとぼけていてかわいいキャラクターなどに共通点を見い出せるので、こちらも合わせて見てみるのがおすすめだ。

代名詞といえる「クー!」とは?

 「不思議惑星キン・ザ・ザ」および「クー!キン・ザ・ザ」の代名詞的な存在が「クー!」という叫び声だ。

よりすぐり「クー!」41連発

 これは宇宙人たちが使う、あらゆる名詞・形容詞・副詞・感嘆詞などを指す言葉(ただし罵倒語だけは「キュー」)。何でも「クー!」で物事を済ませようとする振る舞いが、かわいらしいと同時にやはりおかしみに満ちていて、見た後は「クー!」とマネをしたくなってしまう。

 ただ、宇宙人たちは地球人の脳をスキャンして思考を読み取るテレパシー能力を持っているため、ロシア語の会話もあっさりとこなすことができる。「クーしか言えないかとおもいきや普通に意思疎通できるやんけ!」はシュールなツッコミどころでもあるが、それでも肝心な時には「クー!」だけで会話をしようとするので、やはりかわいらしくてほっこりと笑顔になれる。

シュールで、かわいい、社会派かつ、ゆるい。アニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」レビュー (C)CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

身分制度の痛烈な風刺も?

 シュールなギャグが主体のこの「クー!キン・ザ・ザ」であるが、実は身分制度への痛烈な風刺もある。

 例えば、社会的地位がズボンの色により区別されており、緑色は下級者、黄色は偉い人、そして赤いズボンはエリートとされている。さらに、下級者は上級者への忠誠の誓いとして、鈴を鼻につけ、自分の頬を2度たたき、膝を曲げて「クー!」のあいさつをしなくてはならないなど、独特なルールが設けられているのだ。

シュールで、かわいい、社会派かつ、ゆるい。アニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」レビュー (C)CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

 1986年製作の実写版「不思議惑星キン・ザ・ザ」は「表向きは平等を唱えていた社会主義体制下のソ連の政治体制を皮肉めいた視点で描いている」と評されてもおり、当時の「鉄のカーテン」を示唆する場面もあった。

 現代に作られた「クー!キン・ザ・ザ」は携帯電話の他、「出稼ぎの外国人労働者」という現代的な事象も描かれるようになり、惑星での社会的地位の格差が、富裕層と貧困層の分断が顕在化した今のロシアの(または世界中にある)問題を、改めて痛烈に皮肉っていると言っていいだろう。

シュールで、かわいい、社会派かつ、ゆるい。アニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」レビュー (C)CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

 また、これまでゆるい、ほっこりするなどと作品の印象を書いてきたが、前述したかわいらしい「クー!」のあいさつにさえも、身分制度にまつわる問題が見て取れるという、社会派かつ多層的な構造がある。

 さらに、おかしな道中の先には意外な展開が待ち受けており、唐突に見える展開にも実は周到な伏線が用意されていたりする。何となく見ているだけでも楽しいが、作品のディテールを探ってみると奥深い内容であることも分かることだろう。

シュールで、かわいい、社会派かつ、ゆるい。アニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」レビュー (C)CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

 なお、「不思議惑星キン・ザ・ザ」および「クー!キン・ザ・ザ」で監督を務めたゲオルギー・ダネリヤは2019年に88歳で逝去した。今回の「クー!キン・ザ・ザ」の日本公開には、監督への追悼の意味も込められているのだろう(事実、その命日である4月4日に先行公開もされていた)。ぜひ、ヘンテコだが奥深い、一風も二風も変わった映画を期待して、劇場で見ていただきたい。

ヒナタカ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」