ニュース
» 2021年05月26日 08時30分 公開

日本初の「かに寿し」駅弁を生み出した会社の駅弁づくりに密着(1/12 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは「かに寿し」を生み出したアベ鳥取堂編(1)です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 元祖かに寿し
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

「駅弁屋さんの厨房ですよ!」第25弾・アベ鳥取堂編(第1回/全6回)

「駅弁、種類が多過ぎて、何にしたらいいかわかんない!」。ターミナル駅に響く旅行者の心の叫び。そのなかで敢えて人気食材のツートップを選ぶなら、肉は「牛肉」、魚介系は「かに」になりましょうか。ただ、牛肉は通年でいただけるのに対し、かには冬が旬。しかし、いまでは1年を通じて美味しいかにをいただくことができるようになりました。そのきっかけの1つとなった駅弁が鳥取にあります。

駅弁 HOT7000系気動車・特急「スーパーはくと」、山陰本線・泊〜松崎間

京都から東海道・山陽本線を通って、兵庫県の上郡から第3セクターの智頭急行に入り、因美線を経由して鳥取を目指す特急「スーパーはくと」。一部の列車は、山陰本線に乗り入れて、倉吉まで直通しています。平成6(1994)年12月の運行開始から25年あまり、関西と鳥取を結ぶ列車として定着。智頭急行HOT7000系気動車が、パワフルに山陰路を駆け抜けています。

駅弁 アベ鳥取堂

この「スーパーはくと」が発着する鳥取駅の駅弁を手掛けるのが「アベ鳥取堂」です。当初は、かにの旬にあわせて鳥取駅弁のご紹介を予定していましたが、緊急事態宣言に伴う東京からの移動自粛のため、3月に入ってからの訪問となりました。

駅弁 元祖かに寿し

アベ鳥取堂の名物、「元祖かに寿し」(1280円)! 昭和27(1952)年の発売から、来年(2022年)で70年、昭和33(1958)年の通年販売開始からも60年以上経つロングセラー駅弁です。日本海を想起させる水色に、大きく描かれた赤いかにの絵が目を引く、伝統のパッケージ。鳥取駅はもちろん、東京駅の「駅弁屋祭」や催事等で販売されることも多く、全国でおなじみの駅弁です。

駅弁 元祖かに寿し製造の様子

鳥取駅南口から歩いて8分ほどのところにあるアベ鳥取堂の社屋。まず見せていただいたのは、かにの仕込み風景です。早朝、アベ鳥取堂の調理場には、かにとお酢の香りがいっぱいに広がっていました。

旬の時期に獲れたベニズワイガニを冷凍し、通年販売している元祖かに寿し。その日に製造するぶんだけ冷凍庫から取り出して、流水で解凍されます。解凍されると、いよいよ仕込みがはじまります。

アベ鳥取堂・オリジナルの技術でつくられているという元祖かに寿し。手作業でほぐされているというかにの身は、同じかにだけでなく、別のかにを混ぜることで、より美味しさが増すと言います。

ほぐし身、棒肉ともにアベ鳥取堂秘伝の調味料が加えられ、優しく揉み込まれていきました。そして、かにはこのまま丸1日寝かされて、翌日の盛り付けを待つわけです。なるほど! この寝かされている間に、あの独特の味わいがつくられていくのですね。

駅弁
駅弁
駅弁
駅弁 元祖かに寿し製造の様子

さあ、アベ鳥取堂・秘伝の味がたっぷり仕込まれたベニズワイガニの身を使って「元祖かに寿し」の盛り付けが行われていきます。

かにの甲羅を模した八角形の折にはあらかじめ酢飯が詰められていて、その上に錦糸玉子と刻み生姜が敷かれ、そしてカニのほぐし身が盛り付けられます。錦糸玉子は調理場でつくられる一方、刻み生姜もオリジナルの味付けとなっています。

続けてかにの棒肉が4本、丁寧に載せられて、紅白のかにと自社生産の錦糸玉子、オリジナルの刻み生姜による、彩り華やかな盛り付けができ上がってきました。さらにオリジナルの塩昆布と奈良漬が詰められて、「元祖かに寿し」は概ね完成。

駅弁
駅弁
駅弁 元祖かに寿し製造の様子

ちなみに昆布は北海道産、奈良漬は兵庫県の酒蔵で加熱処理をせずに製造しており、ともにできるだけ添加物を減らしているのが特徴だと言います。

盛り付けが終わったら、透明のシートを挟んで紙蓋が載せられます。ふたが閉じられると、おなじみ水色のパッケージに入れられます。冬季限定だった当初は冬の山陰の海らしく緑色の掛け紙でしたが、通年販売になったころ、夏の海に近い水色になったと言います。さあ「元祖かに寿し」の完成! 鳥取駅はもちろん、倉吉駅や鳥取空港、さらに新大阪・京都などの関西主要駅の駅弁売店をはじめ、遠く東京駅へと出荷されていくわけですね。

駅弁
駅弁 元祖かに寿しが完成

【おしながき】

  • 酢飯
  • ベニズワイガニ
  • 錦糸玉子
  • 奈良漬け
  • 塩昆布
駅弁

何度いただいても、また食べたくなる、アベ鳥取堂の「元祖かに寿し」。今回、製造風景を見せていただいて、かにの身や酢へのこだわりが、想像以上に大きく、盛り付けはあっという間でも、じつはとても手が込んでいる駅弁だと感じました。パッケージの爽やかさ、彩りの華やかさはもちろん、このこだわりがあるからこそ、70年近い歴史を紡いでいる……ロングセラー駅弁に“こだわり”ありです。

駅弁 HOT7000系気動車・特急「スーパーはくと」、山陰本線・泊〜青谷間

倉吉を発車して、山陰海岸を望みながら、鳥取から京都を目指す特急「スーパーはくと」。きっと、「元祖かに寿し」を買い込んだ乗客もいることでしょう。

駅弁膝栗毛の人気特集企画「駅弁屋さんの厨房ですよ!」第25弾・アベ鳥取堂編。次回からは、40年近くにわたってアベ鳥取堂のトップを務める阿部正昭(あべ・まさあき)代表取締役社長に、鳥取駅弁のさまざまなエピソードを伺ってまいります。

(初出:2021年4月10日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

「駅弁膝栗毛」バックナンバー

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  4. /nl/articles/2108/05/news122.jpg キモノ風ですてき! 英金メダリスト、プールサイドで編んでいたカーディガン披露「五輪を思い出させる何かが作りたくて」
  5. /nl/articles/2108/04/news164.jpg 「可愛いいいい」「ハートに恋の毒が回りました」 本田真凜、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶのコスプレでファンを魅了
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/05/news142.jpg おうちに帰るまでがオリンピックです! 五輪参加アスリート&ジャーナリストが感動した日本式“お見送り”
  8. /nl/articles/2108/05/news015.jpg 飼い主がお風呂に入ろうとしたら……ワンコの先客が!? 一番風呂でくつろぐゴールデンレトリバーに爆笑
  9. /nl/articles/2108/05/news037.jpg 子犬「暑い、むりぃ……」 早朝のお散歩で見せたモフモフワンコの全力な表情が応援したくなる
  10. /nl/articles/2108/04/news154.jpg Twitterで「今見てたツイートが急にスクロールしてどっか行く現象」を抑える方法が話題 「助かる!」「地味にストレスたまってた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する