日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた(2/3 ページ)

» 2021年06月26日 21時30分 公開
[ヒナタカねとらぼ]

 さらに、監督は劇場版「名探偵コナン」シリーズや「シドニアの騎士」を手掛けた静野孔文、キャラクター原案をゲーム「逆転裁判」シリーズの岩元辰郎、音楽制作を「忠臣蔵外伝 四谷怪談」で第18回日本アカデミー賞で優秀音楽賞を受賞した和田薫が担当と、最強レベルのスタッフたちがアッセンブルしている。スケールの大きい戦闘描写に迫力があるのはもちろん、それぞれの戦士の剣闘がスピーディーかつスタイリッシュに仕上がっており、スクリーンで見るアニメ映画としての見応えも抜群だった。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 また、映画の基本構成とコンセプトを手掛け、制作後も東映アニメーションと共に全てのプロセスに関わったのは「マンガプロダクションズ」。サウジアラビアの皇太子が2011年に設立した、「ミスク財団」の子会社であるアニメ制作会社だ。2020年末にはそのミスク財団が、人気格闘ゲーム「キング・オブ・ファイターズ」などで知られる日本企業「SNK」を買収したことで話題になったのも記憶に新しい。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 マンガプロダクションズの代表取締役イサム・ブカーリは、「アラブには現地の人々はもちろんのこと世界中の視聴者を魅了するようなコンテンツが不足している」「世界的な制作会社と競い合える質の高い作品がない」ことを課題に上げている。また海外の制作会社ではアラブの文化、人々、宗教について正しく伝えることが困難であるとの考えから、「『ジャーニー』を国際競争力のあるクリエイティブコンテンツにすること」を目標に掲げ製作したそうだ。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 実際の本編は、アラブの人々の文化や信仰心へのリスペクトが存分にあり、後述する「4つの説話」が語られるという非常にボリューミーな内容でもあった。日本最強レベルの豪華キャストの熱演とスタッフによるハイクオリティーなアニメのおかげもあり、「アラブのことを世界に送り届けたい!」というパッションは「これでもか」と伝わることだろう。

4つのアラブの説話が展開する大ボリューム

 本作のさらなる特徴は、合計で4つのアラブの説話が展開することだ。戦士たちが侵略者に立ち向かうメインの物語は「アブラハと象の軍隊」であり、要所要所で「ノアの方舟」「モーゼの奇跡」「円柱のイラム」という3つの説話が挟み込まれる構成になっているのである。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 この3つのアラブの説話が語られるシーンのクオリティーも高い。それぞれがアーティスティックで美しく、現地でプロの演奏家と一緒に録音したという民族音楽も印象に残る。

 キャラクター原案の岩元辰郎は、この説話シーンのために110枚の絵を一人で描ききっているそうだ。しかも、それぞれの説話のナレーションを担当するのは、古谷徹、三石琴乃、堀秀行という、やっぱり耳が幸せ大気圏越えのぜいたくさなのである。

 ただ、これら3つの説話が始まると「話が止まってしまう」問題が浮上している、というのも正直なところだ。メインの物語が面白く先が気になるだけに「説話はもうお腹いっぱいかな……」という気持ちになってしまう方もいることだろう。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 静野監督も「本編のドラマの中に意味付けを考えて3つの説話を組み込むのが難しかった」と語っており、確かにその苦労のあとが見られる。とはいえ、それぞれの説話はメインの物語における登場人物の主義主張にリンクしているし、話に一定の区切りのついた場面(緊急時ではない)に挿入される。なるべくストレスなく見られるよう、冨岡淳広による脚本には存分に工夫が凝らされていた。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 ぜひ、「またメインの話を止めてしまう説話か……」とネガティブに捉えず、「アラブの説話を美しい画と豪華声優のナレーションで楽しめるぞ!」と気持ちを切り替えて見てみることをおすすめしたい。全体的な物語を振り返ってみれば、決して無理やり関係のない話がぶっ込まれているというわけではない、「勇気」や「忍耐」の大切さを訴える物語の精神性が一貫していることも分かるはずだ。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 また、それぞれの説話には「神への信仰」という要素が強く入っており、無宗教者も多い日本人にとって入り込みにくいところがあるのも事実だろう。だがその点では、前述した神谷浩史ボイスのキレイゴトが嫌いなニヒルな傭兵が、「ノアの方舟」の説話を話す主人公に対して、冷ややかな態度を取っているのが効果的だった。

 客観的かつ批判的な視点があるため、「宗教くささ」が苦手だという方でも受け入れやすくなっているのだ。悪役が「神を信じれば解決するのか?」という価値観のもと、圧倒的な力による侵略を試みているのも、主人公の対比としてうまく生かされていた。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 何より、主人公が確かな「信念」を持って戦いに挑む。困難な道へ進み、そして「希望」をつかみとるまでの物語は、むしろ日本人にこそ響くのではないだろうか。何より、アラブの説話を、ここまでのハイクオリティーのアニメをもって世に送り届けるというパッションにあふれた作品は今までになかっただろう。その志の高さに加えて、ライバルキャラとの関係性に萌え死にしそうにもなる、万人が楽しめるエンターテインメントに仕上げているのが実に偉い。ぜひ、劇場でご覧になって欲しい。

ヒナタカ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」