ニュース
» 2021年07月11日 10時00分 公開

ターミナル駅の駅弁で旅のストーリーを思い描こう 「新宿弁当」(1/15 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは中央線特急の駅弁「新宿弁当」です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 「新宿弁当」(1200円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

コロナ禍の梅雨シーズン、乗り切るカギは、「想像力」です。いつの日かお出かけしたい。あの列車に乗って行ったら、どんな旅が楽しめるだろう。そう思い巡らせることで、少しだけ気分も上がってきます。「駅弁」は、アナタの想像力をかき立ててくれる食べ物。今回は、東京のターミナル駅で販売されている旅心くすぐる駅弁に注目しながら、東京都内でも楽しめるプチ旅気分を味わっていただきましょう。

駅弁 E353系電車・特急「あずさ」、中央本線・高尾〜相模湖間

ターミナル駅の駅弁で感じる旅気分(第1回/全3回)

東京・新宿駅を毎時0分・30分に発車して行く中央線特急「あずさ」「かいじ」号。高尾までの“国電区間”を過ぎると、いよいよ本気の走りを見せてくれます。小仏トンネルへ向け、電車がモーターを唸らせて、裏高尾の山道を力強くグイグイと登って行く様子は、乗っても、撮っても惚れ惚れするもの。首都圏の身近な行楽地として高い人気を誇る高尾山ですが、中央線特急の旅でも、プチ登山気分が楽しめるのが嬉しいところです。

駅弁 新宿弁当

そんな中央線特急の旅を思い浮かべていただきたい駅弁といえば「新宿弁当」(1200円)。東京の主要駅のなかにはそれぞれの駅名を冠した駅弁もあり、その駅に乗り入れる路線の駅弁屋さんが携わって作られています。「新宿弁当」は平成29(2017)年のリニューアル以降、中央本線・小淵沢駅の「丸政」が製造。中央線の前身・甲武鉄道とその沿線が描かれたレトロな雰囲気の掛け紙は、いただく前から思わず見入ってしまいそうですね。

駅弁 新宿弁当

【おしながき】

  • 甲州小梅のご飯
  • 安養寺味噌使用 鮭の味噌焼き
  • かまぼこ
  • 八ヶ岳高原の玉子焼き
  • 内藤とうがらし使用 原木採りの椎茸煮
  • 自家製タレ使用 炭火牛焼肉
  • 甲州名物ソースかつ
  • 甲州煮(里芋、人参、れんこん)
  • 信州野沢菜炒め
  • 巨峰寒天餅
駅弁 新宿弁当

ふたを開ければ、鮭の味噌焼き・八ヶ岳高原の玉子焼きに蒲鉾と、正統派の三種の神器が入った幕の内。とくに焼き魚に信州味噌の原点とも云われる安養寺味噌が使われたり、野沢菜炒めが入ることで、「あずさ」に乗って信州へ行きたいという気持ちになります。

駅弁 新宿弁当

加えて、椎茸の煮物には、新宿ゆかりの「内藤とうがらし」がピリッと効かせてあり、新宿の“地元らしさ”も両立させた駅弁に仕上げられています。「新宿弁当」には丸政の地元・甲州の食材もたっぷり。甲州名物のソースかつに煮物やデザートの巨峰寒天餅も入って、山梨らしさも感じさせてくれる駅弁となっています。

駅弁 E353系電車・特急「あずさ」、中央本線・酒折〜石和温泉間

いざ、新宿から「あずさ」に乗れば、甲府までは約1時間半、松本までは2時間半前後。いまは程々に息抜きしながら、美味しいものをいただいて乗り越えたいところ。遠くへ行けなくても、アナタには「駅弁」があります。

(初出:2021年5月26日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/




おすすめ記事

「駅弁膝栗毛」バックナンバー

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」