上野動物園が5カ月ぶりの再開園 上野ゆかりの駅弁食べて、心の健康維持を

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは上野駅の駅弁「上野弁当」です。

» 2021年07月15日 18時00分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 「上野弁当」(1150円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

早いもので5月もおしまい。東京はすっかり「緊急事態」が“日常”となりました。そのなかで6月4日から上野動物園が、事前予約制で約5ヵ月ぶりに開園するという嬉しい話題も入ってきました。どんなに緊急事態でも、人はお腹が減るもの。せっかくお腹を満たすなら、少しでも美味しいものを味わうことが心の健康につながりそうです。今回は上野駅ゆかりの駅弁をいただきながら、常磐線の旅気分を味わってみることにいたしましょう。

駅弁 E531系電車・普通列車、常磐線・赤塚〜内原間(2018年撮影)

ターミナル駅の駅弁で感じる旅気分(第2回/全3回)

E531系電車による常磐線の普通列車・上野行が、茨城・水戸の郊外を駆け抜けて行きます。平成27(2015)年の上野東京ラインの開業で、常磐線も特急「ひたち」「ときわ」を中心に東海道本線の品川まで直通運転されるようになりました。ただ、日中の水戸(勝田)発着の普通列車(中距離電車)では、「上野」という行先を多く見ることができます。水戸〜上野間は特急の通過待ちを入れても約2時間。駅弁旅にはちょうどいいですね。

駅弁 上野駅

東京の北の玄関・上野駅。北関東や東北地方に縁のある方にとっては、思い入れのある駅に違いありません。駅弁の誕生と同じ、明治18(1885)年にできたという初代駅舎は、れんが造りだったそうですが、残念ながら関東大震災のために焼け落ちてしまいました。いまの鉄筋コンクリート造りの2代目駅舎は昭和7(1932)年築。来年(2022年)で90年を迎えます。昭和のころには、ここから東北・信越方面へ多くの特急・急行列車が旅立って行きました。

駅弁 上野弁当

そんな上野駅向けに作られている駅弁といえば、「上野弁当」(1150円)。掛け紙には、上野のシンボル・西郷さんの銅像と上野動物園のパンダが描かれています。この駅弁、現在は水戸を拠点に駅弁を手掛ける「しまだフーズ」によって製造されています。折にはお品書きと共に、“優しさ感じる水戸〜上野間の旅”と書かれた栞が添えられています。その意味でも、駅弁で常磐線の旅を楽しめる作りになっているわけですね。

駅弁 上野弁当

【おしながき】

  • 白飯(茨城県産コシヒカリ)
  • 老舗上野の海苔
  • 大洗吉田屋の梅
  • 焼き鮭
  • 蕪の漬物
  • 煮物(里芋、こんにゃく、花人参、スナップエンドウ)
  • れんこんのたまり漬け
  • つくば鶏幽庵焼き
  • かぼちゃときのこのさつま揚げ
  • 玉子焼き
  • 桜シューマイ
  • 常陸牛しぐれ煮
  • あぶり蛤串
駅弁 上野弁当

上野の海苔と大洗の梅干しが茨城県産コシヒカリのご飯によく合う「上野弁当」。水戸の駅弁屋さんが作るだけに、常陸牛・つくば鶏をはじめ食材の多くは「茨城県産」です。ただ、茨城県産の野菜や果物は、東京都中央卸売市場における取扱高が、長年にわたって、日本一となっています。つまり、茨城県産の食材は、東京都民にとっても“なじみの味”。常磐線の車窓に広がる筑波山や霞ケ浦を思い浮かべていただくのがいいでしょう。

駅弁 E657系電車・特急「ひたち」、常磐線・勝田〜水戸間(2018年撮影)

幸か不幸か、私自身はあまり“飲みニケーション”をしないので、酒類の提供がなくても、苦痛は感じませんが、旅に出かけにくいのはストレスが溜まります。その意味でも、満たされない旅心をくすぐってくれる「駅弁」は、大事な存在と言っても過言ではありません。各自治体のウェブサイトでも、「健康維持のための外出」は不要不急の外出に当たらないとあります。アナタも“心の”健康維持のために、身近なところの「駅弁」を買い求めてみては?

(初出:2021年5月31日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


「駅弁膝栗毛」バックナンバー



おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/12/news077.jpg フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  2. /nl/articles/2406/12/news126.jpg 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  3. /nl/articles/2406/12/news029.jpg 「1匹いたら100匹いる」「発生しなかったら奇跡」 ビオトープに侵入し崩壊させる“ヤバイ奴”の駆除方法に反響
  4. /nl/articles/2406/12/news013.jpg 「めちゃくちゃ怖い」 3LDKの一軒家→外に出ると…… まさかの危険すぎる設備に「どうやって運ぶの?」
  5. /nl/articles/2406/11/news026.jpg 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  6. /nl/articles/2406/12/news024.jpg パパが1歳娘を寝かしつけ開始、途中で様子を見てみると…… 驚きの展開への娘の反応に「可愛すぎて語彙力無くなる」「仲良し親子」
  7. /nl/articles/2406/12/news023.jpg 新婦入場をスマホで撮影する父、一番いいシーンでまさかの……? 大爆笑の展開に「歯磨き中に吹いてしまったw」「結末わかってたけど笑ったw」
  8. /nl/articles/2406/11/news023.jpg 食べた後のパイナップルのヘタを植える→3年後…… 驚きの姿に「凄すぎます」「家庭菜園レベチ」と138万表示
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/12/news116.jpg ヒロミ、“6000万円超の超高級外車”に乗る→即ロックオンされてしまう “営業トーク”の嵐には「ポラリス10台分か」「乗る男になったらすげぇな」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」