ニュース
» 2022年04月22日 20時00分 公開

恐竜の着ぐるみが大爆走するシュールな「ティラノサウルスレース」が人気 自腹で開催の主催者「わけが分からない」(1/2 ページ)

レース前のラジオ体操だけで元気出る。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 恐竜の着ぐるみ集団が競って芝を駆け抜ける「ティラノサウルスレース大山」が、鳥取県大山町で4月16日に開催され大盛況を見せました。頭を揺らして走る姿が真剣でいてユーモラスで、眺めているだけでほっこり。

イベント全体を約70分に収めたダイジェスト動画
ティラノサウルスレース 大きな頭がグラグラしたり、視界が悪くてすっ転んだり、ドタバタの大レース

 同イベントは、「コロナ禍で溜まったストレスを発散してもらいたい」思いから、有志で催された企画。以前米国で開催され話題となった、着ぐるみレースにならった徒競走です。

 「ティラノサウルスの着ぐるみ(約5000円)を自前で用意」を条件にエントリーを募ったところ、当日は会場のグランピング施設「トマシバ」に約100体の恐竜が集結。レース前には準備運動にラジオ体操が行われ、大勢の恐竜がシンクロするシュールな光景を描き出しました。この時点で会場は笑い声でにぎやかに。

ティラノサウルスレース みんな息ぴったりでおかしい

 コースは約70メートルの上り坂。不慣れな着ぐるみに苦戦しながら一所懸命走る恐竜たちの姿に、多くの笑いや歓声が上がりました。

ティラノサウルスレース
ティラノサウルスレース

 盛況の様子は観戦者のツイートやテレビの報道で話題に。「走り出した瞬間でもう大笑い」「首がぐねんぐねんしてる」「すごくシュールだけどすごく和んだ」と多くの笑いを呼んでいます。

 編集部はレースの主催者(@TREXraceDAISEN)を取材し、開催の経緯など詳細を聞きました。

―― ティラノサウルスレースはどのようなきっかけで開催されたのでしょうか?

主催者 もともとティラノサウルスの着ぐるみレースが海外にあるのは知っていて、日本でできたら面白いとは考えていました。そんなある日、知人から弟の修学旅行がコロナ禍の影響で陶芸体験に変更されたと聞いてあまりに可哀想だなと感じ、同じように(コロナのせいで)ストレスが発散できず、元気のない人が多いのではないかと思いました。そこで、「元気といえばティラノサウルス」ということで開催しました。

―― 開催を実現するうえで大変だったことは何ですか

主催者 初回なので、参加者を集めるには目立たなくてはと思い、ティラノサウルス姿で町中を徘徊(はいかい)していました。終盤は慣れましたが、最初に行った大阪の蔦屋書店梅田店が、店員に怒られたりしないかと一番精神的にこたえました。センスと意識の高そうな学生やサラリーマンの視線にビビりまくり、自分がいったい何をしているのか分かりませんでした。

 参加者が集まってからも、資金確保や運営の人集めが大変でした。うっかり参加費無料にしてしまったので全部持ち出しになりました。ちなみにまだ回収できていません。わけが分かりません。

―― 早いペースで申し込みが定員に達したようですが、どう感じましたか

主催者 みんなも頭おかしいんだなと思いました。

―― 実際に開催した手応えや、またネットでの反響を受けて感じたことをお聞かせください

主催者 「何がなんだか分からない」をコンセプトに、「楽しいが何のためにもならない大会」を目指していたので、その点は伝わったかなと思います。「笑った」とか「お腹いたい」といった好意的な意見が多くてうれしい反面、「ここ半年で初めて笑った」みたいな深刻な感想もあって心配になります。つらいときはラジオ体操のアーカイブを見てほしいです。

動画提供・取材協力:ティラノサウルスレース大山(@TREXraceDAISEN/広報アカウント)/タマキさん(@remotemini4wdgp/配信担当)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  7. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声