なぜ戦争中のウクライナ剣士たちは国際大会に参加できたのか ヨーロッパの国境を越えた“剣道の理念”(2/2 ページ)

» 2022年06月29日 19時00分 公開
[佐藤まり子ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 しかし、クラウドファンディングキャンペーンは、ヨーロッパ剣道界で広く拡散された。Webサイトが英語にもかかわらず、日本人からの協力も多かった。活動は細やかに報告され、資金集めだけではなくエブゲニイは周りの人々に呼びかけをして防具を集めたり(ウクライナ国外に逃げる際、防具を持って来られない剣士がほとんどだった)、オリジナルの手ぬぐいを作って資金の足しにしたりしていた。


Facebookグループで防具がそろったことを報告するエブゲニイ氏

欧州剣道選手権大会への参加がかなう

 ウクライナは現在、成人男性の多くは国外に出ることがかなわないが、ウクライナ国外で働いていた男性選手や、国外に避難した女性剣士・少年剣士たちは大会参加が可能だった。会長のコスチャ氏はウクライナ在住だが、特別に国外に出る許可が降りた。

 国外に避難した選手たちは現在、ポーランドやオランダに住んでおり、大会前にはそれぞれの国の剣士たちと一緒に稽古をしていたそうだ。


ウクライナ剣道チームの手ぬぐい

 大会当日は、そろいの手ぬぐいをつけて試合に臨んだ。本大会には男性個人・団体、女性個人・団体、ジュニア個人・団体の計6部門が設けられており、今回ウクライナは5部門に参加。入賞はかなわなかったが、参加選手たちにあたたかく迎えられ、交流を楽しんだ。

 また、本大会は会場のすぐ隣にウクライナの難民キャンプがあった。このため、剣道とは関係のないウクライナ人たちも応援に駆け付けた。

 「ウクライナの剣士たちにとって大会参加は『希望』の1つだった」とコスチャ会長は語る。彼は2008年にウクライナ剣道連盟を立ち上げ、2010年に初めて「欧州剣道選手権大会」に参加。発足から14年と歴史は長くないが、ウクライナで日本の剣道を普及させるために力と心を尽くしてきた優しい剣士だ。その行動力と熱意に心を打たれ、日本の高名な八段の先生もセミナーを実施しにウクライナを何度も訪れている。

日本文化の剣道を通して、和の精神で平和を願う

 全日本剣道連盟は、剣道修練の心構えを次のように定義している。

「剣道を正しく真剣に学び 心身を錬磨して旺盛なる気力を養い 剣道の特性を通じて礼節をとうとび 信義を重んじ誠を尽して 常に自己の修養に努め 以って国家社会を愛して 広く人類の平和繁栄に 寄与せんとするものである」

 平和について、私たちは普段はほとんど意識しない。しかし、彼らは剣道を通じた平和を体現してみせたように思う。

 まだ戦争は終わらない。できることはほとんどないかもしれない。しかし、誰もが「自分にできること」を探し、助けを求められたときは手と手を取り合っている。

 もともとは、クラウドファンディングの資金で賄われるはずだった参加費用は大会主催国ドイツの厚意でまかなわれ、大会当日も参加国にウクライナはあたたかく迎えられた。


左・ウクライナ剣道連盟会長コスチャ氏、右・クラウドファンディング発起人エブゲニイ氏

 「今後の展望」なんて聞くのはまだ早いかもしれない。ウクライナに戻ったコスチャ氏は現在、国内でのボランティア活動に奔走している。しかし、あえて彼にウクライナ剣道がどんな絵図を描いているのかを聞いた。

 「日常生活の中にも、剣道の理念を取り入れていくこと。そして、世界剣道連盟に所属し、世界大会に出場すること。それが私たちの夢であり、ウクライナ剣道の発展につながると信じています」

 いつか、以前のように剣道ができるようになったときに、彼らの夢がかなうことを願ってやまない。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」