ちょっとブリジットについて語らせてくれ! 「男の娘」として生まれたキャラクターが現実の「トランスジェンダー」についても知見を投げかける理由(1/2 ページ)

20年目のかわいいは正義。

» 2022年08月20日 19時00分 公開
[ヒナタカねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 3D対戦アクションゲーム「GUILTY GEAR STRIVE(ギルティギアストライブ)」で人気キャラクター「ブリジット」の参戦が話題となっている。

ブリジットのキャラクタートレーラー

 ブリジットのシリーズ初登場は2002年。「どう見ても可憐(かれん)な女の子だけど、実は男の子」というキャラクターは各方面に衝撃を与え、現在に至るまで萌え文化における「男の娘」を大きくけん引してきた存在といえる。

 しかも前作に当たる「GUILTY GEAR Xrd」でブリジットは未登場であり、長い長い月日を経ての「王の帰還」だった。Steamでプレイヤー人口が5倍になるというニュースもさもありなん、あらためてその人気ぶりを見せつける結果となった。

 そして、今作のブリジットは、萌え文化と深い結び付きを持つ「男の娘」という概念に限らず、現実のトランスジェンダーへの理解をも促す、重要な知見を携えているとも思うのだ。その理由を記していこう。

ブリジットが「男の娘」だけでなく「トランスジェンダー」へも重要な知見を投げかけた理由 ブリジットのかわいい画像はキャラクタートレーラーより

以前とは変わった状況

 今作のブリジットは、まず公式サイトの紹介文が興味深い。紹介文では「以前とは状況が異なる」ことと、「自分探し中」であることが書かれているのだ。

 要点をまとめると、ブリジットは村の迷信のために女の子として育てられ、以前は「両親のため」「村の迷信を覆すため」という2つの目標のために、「男として」生きようと考えたこともある。だが、ブリジットは賞金稼ぎとして成功して村に莫大な金銭を仕送りでき、それらの目標がなくなったため、今は「自分のために」生きていてもいいという、人生の節目を迎えているのだ。

※以下、「GUILTY GEAR STRIVE」のブリジットに関するネタバレを含みます。

ブリジットの出した結論は

 実際にゲームを遊んでみると、今回のブリジットは性自認に悩み、その末にはっきりと結論を出すセリフがある。

 初めこそブリジットは「お嬢ちゃん」と呼ばれ「ウチは男です……いろいろあって女の子の格好しているだけで……」と答えるのだが、最後には「ここでごまかしちゃったら後悔するから」と決意を語った後、「(呼び方は)お嬢ちゃんでいいですよ。ウチは、女の子ですから!」と宣言するのだ。

 つまりは、これまでは「両親のため」「村のため」に女の子として生きるのか、男の子として生きるのかと葛藤していたブリジットが、それらからも解き放たれ、100%自分の気持ちに従って「女の子である」自分を認めた、ということだ。

ブリジットが「男の娘」だけでなく「トランスジェンダー」へも重要な知見を投げかけた理由 ブリジットの超かわいい画像はキャラクタートレーラーより

 ブリジットが出した「そのままの自分でいい」という結論は、性自認の話に限らないものと解釈することもできるだろう。これまでと同じように、賞金稼ぎとしての才能を開花させた、かわいい格好の女の子の自分のままで、正直に生きればいいというブリジットの姿は、およそ20年前から存在を知っているブリジットのファンには感慨深いものがある。

 さらに、テーマ曲「The Town Inside Me」の歌詞からも、ブリジットの複雑な心境と、その変化を読み解くことができる。例えば、「Only I'm not there. Just watching from afar(そこにウチはいなくて、見ていることしかできない)」はみんなとは違うという疎外感を、「I've had the gray haze for a long time though(ずっと灰色の靄がかかっていた)」は性自認にモヤモヤしていた気持ち、「No matter what changes, will no longer change me(何がどう変わろうとしても、私は変わらない)!」はやはり前述した「女の子である」「そのままの自分でいい」ブリジットの心境そのものだろう。

悪しきミームからの解放

 今回のブリジットは新たにトランスジェンダーの女性として描かれており、海外ではこれまでの「TRAP(罠、騙す)」と称するトランスフォビア(嫌悪)的なミームから解き放たれたと解説する記事も見受けられる。「どう見ても可憐な女の子だけど実は男の子」というのはブリジットの魅力かつ人気の理由でもあるが、海外では侮辱的なニュアンスで揶揄(やゆ)されることもあったのだ。

 今回の作り手に、トランスジェンダーへの知見のアップデートをする姿勢があることは間違いない。事実、以前のブリジットは衣装の頭部に 「男性」のマークがあったのだが、今回は「トランスジェンダー」のマークへと変更されている。

ブリジットが「男の娘」だけでなく「トランスジェンダー」へも重要な知見を投げかけた理由 頭部のマークに変更が見られる(画像はキャラクタートレーラーより)

 もちろん、創作物として萌えを主体として生まれた男の娘と、現実のトランスジェンダーは異なる概念であり、本来は分けて考えるべきではあるだろう。

 だが、トランスジェンダーへの侮辱的な言葉と関連づけられてしまった悪しき風習をも覆すように、はっきりと「女の子と認める」または「そのままの自分でいい」という結論を導き出したブリジットは、現実にいるトランスジェンダーの当事者の方にとって、勇気をもらえる存在にもなったのではないか。

衣装の変更も重要だった

 また、前述したトランスジェンダーのマークだけでなく、ブリジットの衣装デザインが変わった意義も大きいだろう。何しろ以前のブリジットの衣装はシスター服そのもので、しかも肌の露出が多くセクシーに見えて、そして(未成年と思われる)男の子であり、あまつさえ大きな手錠が腰についているという、聖職者のタブーに思いっきり触れるようなデザインでもあったのだ。

 これにより近年ブリジットの登場が難しくなっていたという説もあったのだが、今回の衣装は「だぼだぼパーカー」へと変更。「十字」はあしらわれているものの、それは必ずしも信仰を示すものではなく、ブリジットが自分の育った環境をこれからも自分のアイデンティティーとして受け止めたものであるとも解釈できる。そして何より、「これまでのブリジットのイメージやかわいらしさをそのままパーカーに落としこんだ」デザインに絶賛に次ぐ絶賛が寄せられているのは当然だ。

ブリジットが「男の娘」だけでなく「トランスジェンダー」へも重要な知見を投げかけた理由 キャラクター性の再構築に成功した秀逸なパーカー(画像はキャラクタートレーラーより)

 しかも、今回のデザインは「男の子っぽい体つきをごまかす方法」としても秀逸であることが指摘されている。手の甲や喉仏を隠し、胸をリボンで結んで膨らみがあるように見せ、腰回りの広がりをスカートっぽく着こなすなど、現実的なセオリーを踏襲しつつ、新たにブリジットのキュートな印象を際立たせることに成功しているのだ。

 そして、その新しいデザインのブリジットを実際にゲームで動かしてみると、ヨーヨーを駆使した戦い方がめちゃくちゃ楽しく、何より思わず「かわいい!」と思ってしまう瞬間が無尽蔵にある。

 常に体を揺らしてウキウキしていたり、ひざを抱えてゆらゆらと体を揺らしたり、人差し指を振りつつ歌いながら歩いたり、勝利シーンでヨーヨーを上昇させつつ「ニカッ」と笑う様など、細やかなアニメーションのおかげもあってとにかくかわいい! ゲームをプレイすればするほど、ブリジットというキャラクターの魅力がこれでもかと表現されていることを、改めて思い知った。

境遇が似た『ヴィンランド・サガ』のキャラクター

 最近のマンガ作品にも、ブリジットの境遇によく似たキャラクターがいる。それは、『ヴィンランド・サガ』(講談社/幸村誠著)24巻より登場する「コーデリア」だ。戦争好きの父親に、生まれたばかりの息子のコーデリアを連れて行かれることを危惧した母親は、とっさの嘘として「生まれてきたのは女の子」と主張し、その後も女の子として育てる。だが、コーデリアは成長すると、父そっくりの筋骨隆々とした体格になってしまうのだ。

 ブリジットとコーデリアには、「親から境遇を哀れられ女の子として育てられた」「成長した後は自分らしく生きる方法を模索していく」という共通点がある。そのブリジットとは違い、コーデリアは体格がコンプレックスとなり、女の子として生きたいと願う心と一致しないという悩みもある。『ヴィンランド・サガ』の時代背景は11世紀初頭であり、トランスジェンダーへの理解や常識などない頃ならではの葛藤もあるように見える。

 また、ブリジットとコーデリアは「女の子として育てられたので性自認も女の子になったのでは」という解釈もできるだろうが、筆者はそうではないと思う。女の子として育てられた環境によって「気付く」きっかけが生まれたというだけで、どちらも性自認はもともと女の子なのだろうと、その振る舞いから大いに思い知らされたのだから。そもそも、性自認が先天的か後天的かという議論よりも、「これからどう生きていくか」のほうが、その人にとって大切なことだろう。

 また、こうした創作物に登場する男の娘やトランスジェンダーのキャラクターから、現実にいるトランスジェンダーの方々の気持ちを想像することは、やはり意義深いことだ。もちろん、それが全ての人に当てはまるとは限らないし、完全な同一視も危険ではあるが、理解の一助として参照できる点はあるだろう。

 そして、かわいくなろうと頑張るキャラクター・人に「かわいい!」と素直に表明することで、世界はもっと平和になると思う。結論としては、ブリジットはいいぞ。あとコーデリアもめっちゃかわいいぞ。

ブリジットのスターターガイド。日本語の字幕をつけられる。

ヒナタカ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評