ニュース
» 2022年07月15日 18時30分 公開

高級レストランの地獄のような裏側をワンカット90分で煮込んで沸騰させた映画「ボイリング・ポイント」レビュー(1/3 ページ)

労働環境と人間関係の問題を正面から切り取った映画。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 この世に偏在する地獄をリアルタイムで体感できるイギリス映画「ボイリング・ポイント 沸騰」が7月15日から公開されている。

悪循環に陥った労働環境と人間関係がギチギチに詰まったワンカット90分の映画「ボイリング・ポイント 沸騰」レビュー 「ボイリング・ポイント/沸騰」 7/15(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開 (C) MMXX Ascendant Films Limited

 その最大の特徴であり見どころは、全編がワンカット(ワンショット)であること。しかもCGなし、編集なしでガチの90分を撮り切っており、その手法が後述する主題に最大限に生かされたことを称賛すべきだろう。良い意味で全く楽しい内容ではないが、先が気になるエンタメ性も存分にあり、映画批評サイトRotten Tomatoesでは批評家支持率99%を獲得したことも納得。さらなる魅力を記していこう。

映画「ボイリング・ポイント/沸騰」本予告

何ひとつ良いことが起きない映画

 あらすじはこうだ。高級レストランのオーナーシェフのアンディは、妻と別れて家を出て、しかも最愛のひとり息子との約束をすっぽかして、今は事務所を寝床代わりするという心身共に絶不調の状態だった。しかも、今日はクリスマス直前の金曜日という1年で最も忙しい日。客以外にも、何かとうるさい衛生監視官や、脅迫まがいの提案をしてくるライバルシェフがやって来たおかげで、アンディはさらに窮地に追いやられていく。

悪循環に陥った労働環境と人間関係がギチギチに詰まったワンカット90分の映画「ボイリング・ポイント 沸騰」レビュー 主人公であるオーナーシェフのアンディは人生崖っぷちのピンチに立たされている (C) MMXX Ascendant Films Limited

 つまり、本作が描くのは(表向きは華やかな)高級レストランの裏側だ。次々と舞い込むオーダーに対応していくだけでも大変なのに、プライベートの問題が常に頭の片隅にあるし、次々とオーダー以外の問題にも直面するので、見ていて胃がキリキリと痛くなってきそうになる。まさしく少し前にTwitterで流行った「#何ひとつ良いことが起きない映画」でもあるのだ。

リアルな不平不満を持つ普通の人たち

 しかも、劣悪な労働環境だけでなく、「悪循環に陥った人間関係」も短い時間に詰まっている。スタッフたちが忙しさからストレスを募らせ互いに罵り合ってしまう様は、わずかな時間で悪化の一途をたどっていくし、それまでは起こり得なかったさらなるトラブルも引き起こしてしまう。彼ら彼女らの多くは悪人というわけではなく、むしろまっとうな不平不満を持っている、極めて「普通」の人たちであり、徐々に分かっていく同情すべき事情にも胸が締め付けられた。

悪循環に陥った労働環境と人間関係がギチギチに詰まったワンカット90分の映画「ボイリング・ポイント 沸騰」レビュー スタッフだけでなく、支配人であり共同オーナーの娘のベスもつらい現実に直面する (C) MMXX Ascendant Films Limited

 例えば、給与アップを交渉中の女性副料理長、早口の英語を聞き取るのが苦手なフランス人の新人女性コック、元気なく黙々とレモンクリームを作るパティシエ見習い、支配人でありSNS宣伝に力を入れる共同オーナーの娘など、それぞれが仕事の現場で「こういう人いるいる」と思えるリアルなキャラクター造形がされている。観客は自分に似たポジションや性格の人間を見つけられるだろうし、それぞれの気持ちが「わかる」からこそ、余計に良い意味でつらい気持ちになってしまうだろう。

90分のワンカット映像を作り出すための尽力

 もちろん、90分のワンカットの映像を作り出すのは簡単なことではない。撮影監督は補助機材を着用して事前にレストラン内を歩き回り、本番でカウンターにぶつからないように調整を重ねた。時には役者たちの立ち位置やカメラのスムーズな動きも考慮して脚本の改稿を行った部分もあったそうだ。

 その脚本も通常の映画とは違い、当初は物語の流れやおおまかな内容、登場人物の感情を箇条書きで記したもので、役者たちと事前にワークショップを重ね修正が加えられた他、役者の即興のセリフで良いものがあれば、物語の筋が通っているかをチェックした上で採用したこともあるという。

悪循環に陥った労働環境と人間関係がギチギチに詰まったワンカット90分の映画「ボイリング・ポイント 沸騰」レビュー (C) MMXX Ascendant Films Limited

 フロアスタッフ役と、厨房スタッフ役のリハーサル期間は、それぞれ5日間が用意されたが、それでも即興のセリフの多さや、調理器具など小道具の扱いに慣れる必要を鑑みれば、5日間では到底足りないほどスケジュールは過密だったという。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい