新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年11月21日 15時10分 UPDATE

圧巻のツッコミ芸をもう1度:「多崎つくる」Amazonレビューが「とてつもない」と話題になったドリーさん、ガイド本「村上春樹いじり」出版

村上春樹の長編13作品を「本音一辺倒」で完全ガイド……! 目次だけで切れ味抜群です。

[ねとらぼ]

 Amazon.co.jpに投稿された「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹)のレビューがとてつもないとネットで話題になったことを覚えていますか。歯に衣着せぬ物言いで本作をディスりまくり、それがある種の芸の域に達していて2万人以上が「参考になった」と評価。「本編よりおもしろい」という声まであがりました。そのレビューの作者ドリーさんがなんと本を出しました。タイトルはずばり「村上春樹いじり」です。

画像

 同書は村上春樹の長編13作品を「本音一辺倒」で完全ガイド。春樹が好きな人も、嫌いな人も、読んだことがない人でも楽しめるそうです。目次を見てみると「不快の域に達するコーヒー押し、および『知らんがな問題』――羊をめぐる冒険」「伏線を回収しない春樹によってもたらされた地味〜な冒険譚――ねじまき鳥クロニクル」「春樹文学史上、最もリアクションしづらい小説――アフターダーク」「オシャンティーじゃないものに冷たすぎる春樹による『絶望の書』――1Q84」などなど、ドリーさん絶好調! もちろん「多崎つくる」のレビューも収録されています。

 著者紹介によると、作者のドリーさんは1990年岡山県生まれ。2011年に始めたブログ「埋没地蔵の館」でさまざまな書評を展開中。同書は「こんな糞ニートが人生でがんばった魂の結晶ですよ。お願い。買って(ハートマーク)」だそうです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事