ニュース
» 2017年01月11日 19時10分 UPDATE

「観光名所ニット」を自作して観光名所で自撮りする アメリカのおもしろアーティストが登場

1999年から編み物の修行を開始したそう。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 自分で編んだ「観光名所ニット」を着込み、実際の観光名所でひたすら自撮り写真を撮り続けるおもしろアーティストの登場です。

「観光名所ニット」を自作して観光名所で自撮りする アメリカのおもしろアーティストが登場 アメリカ国会議事堂前でパシャリ(画像はサムさんのFacebookより

 アーティストのサム・バースキーさんはアメリカのボルチモア在住。自身のFacebookで「アメリカの国会議事堂前」「ナイアガラの滝の橋の上」「野球場」「桜の木の下」など、さまざまなシチュエーションでの自撮りを掲載しています。ニットもそれぞれの場所に合った柄でそろえられており、見ていて飽きが来ません。また、中にはなぜか「アリの巣の断面図」を再現した謎ニットなどもあり、サムさんのユーモアあふれる人柄が見て取れます。

「観光名所ニット」を自作して観光名所で自撮りする アメリカのおもしろアーティストが登場 なぜ作ったのか謎すぎる「アリの巣断面図」のニット(画像はサムさんのFacebookより

 サムさんが編み物を始めたのは1999年。最初こそ単色のニットを編んでみたものの、すぐに風景を切り取ったニット作りに覚醒。2000年から風景入りのニットを編み始め、今では年に10着前後のニットを作るようになりました。Facebookにはニットを編む様子を収めた動画も投稿されています。

関連キーワード

Facebook | 観光 | アメリカ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう