ニュース
» 2017年01月27日 17時52分 UPDATE

ペンで描いた棒人間が水の中で踊り出す!? 不思議な動画がYouTubeで話題に

水をかけられた棒人間は、ふわっと浮き上がって息を吹きかけるとくるくる回っています。一体どうなってるの?

[椎原若菜,ねとらぼ]

 棒人間が水の中でふわふわと動き出す動画がYouTubeにアップロードされています。動画のタイトルは「Magic water marker」、3日間で80万回以上再生されるという人気ぶりです。アプリやアニメ動画ではなく現実に自分が書いた、棒人間が本当に動き出したら……そんな想像が現実に?



 動画ではまず、太めの黒いペンで、ツヤツヤしたテーブル(?)の上に棒人間を描いています。もちろん、この段階では棒人間はピタッと止まったまま、全く動きません。


棒人間ダンス

 次に、書き終えた棒人間の全身を覆うように、少しずつゆっくりと水をかけます。この時、インクを乾燥させるようなプロセスはなく、すぐに水をかけているようです。


棒人間ダンス

 すると……なんということでしょう。足の方からペラッと剥がれて水の中に浮かび上がりました。水の中でふわふわとゆれる棒人間……なんだか気持ちよさそうに泳いでいるみたいです。


棒人間ダンス

 そして、浮かび上がった棒人間に「ふぅー」っと息をかけます。するとダンスをしているかのように水の中でクルクルと回って動き出します。まさに、水を得た魚ならぬ、水を得た棒人間状態。最後は棒人間が水たまりのすみで丸くなり、動画は終了します。


棒人間ダンス

 とっても不思議な棒人間の水中ダンス、これは一体どうなっているのでしょう。

 動画のコメント欄には、タネを推測するコメントもいくつか書き込まれていました。それは、ホワイトボード用のマジックを使っているのではないかというものです。

 ホワイトボート用マジックは書いた後に消しやすいように、樹脂の働きで書いたインクがシートのようになった後、剥離剤の働きでそのシートが浮き上がるように作られています。そして、ホワイトボート用のマジックに使われている顔料は水に溶けません。このホワイトボード用マーカーの特性が、棒人間を水の中で浮き上がらせたのではないか、とコメントでは推測されていました。ただ残念ながら、動画の中で種明かしはされていません。

 ちなみに編集部でも試してみましたが失敗……(ホワイトボード用マジック+普通のオフィス机)。もしかすると机の方にも何か秘密があるのかもしれません。


関連キーワード

動画 | ダンス | YouTube


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー