ニュース
» 2017年03月24日 16時51分 UPDATE

「かたらせて」「なおして」はどういう意味だと思います? 標準語を使う人が誤解しやすい博多弁の紹介漫画に反響

普通に通じそうな表現なのになあ……。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 標準語とのギャップを感じやすい博多弁の表現を紹介する漫画が話題になっています。うかつに「かたらせて」「なおして」というフレーズを使うと、周囲から勘違いされてしまうかも……!

 投稿者は、Web漫画サイト「チャンピオンクロス」で「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」を連載している新島秋一さん。4コマ漫画形式で博多弁、標準語のすれ違いを表現しています。

 「かたらせて」という表現は博多弁で「仲間に入れて」という意味ですが、標準語を使う人には「語らせて」と理解されてしまうそうです。漫画は「話をしている人たちに福岡弁で『かたらせて』とお願いしたところ、周囲が『語る』のを聞くために黙ってしまった」という展開になっています。Twitter上には「東京から来た子に『かたりーよ』といったら、その子が己の半生語りだした」という対称的な誤解のパターンを紹介する人も。


画像 一緒に話をしたかったのに、なぜか全員黙ることに

 また、博多弁で「なおす」は「片付ける」という意味。この表現は福岡県を含む西日本でよく使われていますが、標準語だと「直す」になるため、「壊れてないのに『直す』ってどういうこと?」と不思議に思われやすいようです。使用地域が広く、一見、分かりやすそうな表現だけに誤解が多発しそうだなあ……。


画像 「なおす」は「片付ける」「直す」という意味で誤解の種に


画像 方言の説明中に方言が出て、余計ややこしいことに……

画像提供:新島秋一さん(@niijimaakiichi

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー