ニュース
» 2017年07月15日 08時00分 UPDATE

チャリで昇降可能なエレベーター「バイクル」 エレベーターと階段の中間がコンセプト

なるほどな発想。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 エコな自転車式エレベーター「バイクル(Vycle)」がナイスアイデアな上健康にも良さそうです。


 エレベーターと階段の中間的な移動手段を目指したというバイクル。コンパクトな自転車を垂直に伸びたレーンに取り付けたような形になっており、ペダルを漕ぐとまったりとした速度で上昇します。動画で見る限りペダルは特別重そうな感じもなく、これなら乗ってみたいかも。ペダルを逆方向にこげば、そのまま下方向にも動くシンプル設計です。

チャリで昇降可能なエレベーター「バイクル」 徒歩と車の中間的な存在として自転車があるように、エレベーターと階段の中間的な存在に(画像は公式サイトより

 スペースをあまり取らないため、新たなビルへの設置はもちろん、既存の建物にも比較的小規模な工事で取り付けることができそう。螺旋階段の真ん中に設置するなど、設置場所も工夫のしがいがありそう。

チャリで昇降可能なエレベーター「バイクル」 本体の見た目は自転車そのもの(画像は公式Instagramより

 紹介動画では搭乗者が体をあずけるバイクル本体の下に何もないため、高所恐怖症の人には高層階への移動が難しいように見えますが、この点も直下に移動式の床をつければ解決できるはず。

 発明はイギリスの新興企業、バイクル社によるもの。公式サイトには具体的な設置費用や設置例が記載されていませんが、今後の普及に期待したいところです。

関連キーワード

エレベーター | エコロジー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう