ニュース
» 2017年08月02日 15時26分 UPDATE

「ボールペン1本のインク量は29249スマイル」 気が遠くなるほどマークを描き続けて検証する自由研究に脱帽

挑戦した人も、インクがもつボールペンもすごい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「1本のボールペンに含まれるインクの量が気になったので軽い気持ちで調べてますが終わる気配がありません」と、ボールペン画クリエイターの佐藤明日香さん(@satowasuka)がものすごい「自由研究」の様子をTwitterで披露しました。ボールペンのインクがなくなるまでスマイルマークを描き続ける修行のような試み。始めた理由など詳しい話を聞いてみました。


 「インドア派なので、外に出ないで夏らしいことをしたかったから」と、佐藤さんは検証をスタート。ボールペンは書き心地やデザイン、重さなど全てが好きで中学生のころから愛用しているという、パイロットの「HI-TEC 05」を使用しています。やりかたは10×15センチのケント紙に、インクがなくなるまでスマイルマークを描き続けるのみ。ちなみに1枚あたり600スマイル(個数を示す単位)描けるそうです。


検証 気の遠くなる検証作業

途中経過 用紙を13枚費やしても、インク残量はたっぷり

 公式ブログ「ハミングライフ」には、検証の過程までまとめられています。1日10時間ほど作業に勤しみ、2日でTwitterで報告した8775スマイルに到達。想像以上にインクの減りが遅くて終わる気配がないと焦りながらも、4日目で15846スマイルまで進めて完了への手ごたえを感じます。


途中経過 透明で中身の見えるデザインがモチベーション維持につながったそうです

 そして6日目にとうとうインクが切れ、ボールペンが空っぽに。「1本のボールペンのインクの量は29249スマイルである」との結論が出ました。佐藤さんは「正直最後のほうは『早く終わって……』と思って描いていたので、うれしかったというよりは、やっと……という感じでした」と感想を語っています。本当にお疲れ様でした……。


達成 完了の瞬間。ペンの中身が空っぽに

全用紙 使った用紙は全49枚。佐藤さん「最後のほうはインクがなくなったと見せかけて、まだまだ描けたりしてしぶとかったです」とコメントしつつ、「インクの量が多いのはいいこと」とも述べています

 佐藤さんはクリエイターとして、書籍や企業とのコラボグッズ制作など多方面で活躍中。9月9〜10日には愛知県豊橋市の精文館書店でイベントを開催します。取材に際して、お気に入りの作品画像を貸していただいたのですが、かわいらしい世界を作り上げる緻密な描き込みが見事です。


作品

作品

作品

作品

画像提供:佐藤明日香さん(@satowasuka

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう