ニュース
» 2018年01月21日 22時00分 公開

やってみたくなるアイデア楽器 自宅にあるもので作れる太鼓の演奏動画が「めっちゃいい音」「楽しそう」と話題に

予想を超えた音が気持ちいい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 自宅にあるもので作れる太鼓の演奏動画がTwitterで注目を集めています。これはやってみたくなる!



 投稿したのは、以前に丸い鋼鉄の板でできたロシアの打楽器「Rav drum」の演奏動画で話題になったサカン(@wyrm06)さん(関連記事)。「サランラップを張ったラーメン丼は太鼓になる」という発見を実際の演奏の様子とあわせてツイートしていて、だれでもできるシンプルな作りにもかかわらず気持ちの良い音を鳴らしています。


サランラップ ラーメン丼 太鼓 想像より気持ちのいい音がします

 音色はタムのような、スネアのスナッピーを取り外した時の音と似ていて、想像より打音のハッキリとしたきれいな音に驚かされます。さらに丼を2つくっつけるように並べてそのサイドを叩いたりすることで、涼しげなカンカンとした高音も出せたりと、工夫次第でアンサンブルができるのがまたステキです。


サランラップ ラーメン丼 太鼓 2つ並べて奏でればより良い感じに

サランラップ ラーメン丼 太鼓 サイドも叩いたりすると音にバリエーションが出せるようです

 ちなみにきっかけは、冷凍チャーハンにラップをかけてチンしたことから。その器の丼が太鼓に見えてきたサカンさんが軽く叩いてみたところ、「これはもうちょっと工夫すれば良い音になるのでは…?」と思い試行錯誤を行った結果、何も入れないラーメン丼とラップの組み合わせが生まれたようでした。

 ポイントとしては、縁が均一でラップが密着しやすいツルツルの食器に、限界までテンションをかけてラップを張ることで、良い音が出せるようです。また叩く時は「縁寄りの方が音が出やすい」とのこと。

 Twitterでは「素晴らしい」「楽しそう」といった声が多く寄せられ、糸井重里さんも「やる!」と反応する人気に。なお丼は小さい子どもが叩く場合など、割れないように気をつける必要があるため、サカンさんは他にも食器演奏シリーズとしてダイソーで売られている大きめの「ステンレスボウル」(300円)などの演奏動画も紹介しています。






画像提供:サカン(@wyrm06)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう