ニュース
2005/05/20 09:22 更新


「10億台売るのではなく10億人のユーザー獲得が目標」――ピーター・ムーア氏インタビュー (2/3)


前のページ | 1 2 3 | 次のページ

ITmedia では、初期出荷はだいたいどの程度の台数を考えていますか?

ムーア 現時点では具体的な台数はお話しできません。まだ製品は1台もできていませんしね。今年の夏から秋にかけて、具体的な数字がお話しできるようになると思います。少なくとも、今年のクリスマス時期に、3つの地域で販売するということは間違いありません。

ITmedia 価格はいつ頃発表される予定でしょうか

ムーア 夏の中頃から秋になるあたりに発表する予定です。

ITmedia 周辺機器として、リモコンやヘッドセット、CCDカメラなどが発表されましたが、本体同梱になる周辺機器はどの程度になるでしょうか

ムーア ワイヤレスコントローラ、フェースプレート(前面パネル)は確実に同梱されます。日本市場は他の市場とやや状況が異なりますので、ヘッドセットが同梱になるかもしれませんが、まだそれは確定していません。リモコンは、オプションとなるでしょう。またCCDカメラも同様にオプションとなります。

画像

Xbox 360用の周辺機器を手に説明するピーター・ムーア氏。日本向けのパッケージでは内容物が若干異なる可能性も指摘

ITmedia コントローラから白と黒のボタンがなくなったのは、マーケティング上での理由でしょうか、それとも技術的な理由でしょうか?

ムーア Xbox 360のコントローラでは、白と黒のボタンのかわりに、「ショルダーボタン」を用意しました。トリガー部分の上に位置しています。これまでの白黒ボタンは、やや見た目が良くないこともありましたし、人間工学的にはショルダーボタンの位置のほうが使いやすいものになります。私自身もこちらの方が扱いやすいように感じています。

ITmedia プレイステーション 3が発表されましたが、それに対してどのように思っていますか?

ムーア 私は、まだプレイステーション 3の仕様書をしっかりと見たわけではありませんが、予想していたとおりのものが出てきたな、という印象です。ただ、ソニーブースを見てもおわかりのように、プレイステーション 3にはまだ実際にプレイできるタイトルは一切ありません。彼らは技術デモをやっているだけです。

 彼らの技術デモは、CPUやグラフィックチップが期待通りのパフォーマンスを発揮すると仮定して行っています。しかし、実際にそれらが全て期待通りに動くとは限りませんので、どうなるかわかりませんよね。

ITmedia Xbox 360は、コンテンツダウンロードやオンラインショッピング機能など様々なネットワーク機能が用意されていますので、ゲーム機というよりもホームサーバーという位置づけのような気がするのですが?

ムーア 確かに、そのように感じるかもしれません。消費者はゲームだけでは満足しません。それ以上のものを求めているのです。オンラインコミュニケーションもそうですし、映画やゲームのトレーラーをダウンロードすることもできます。様々なデジタルエンターテインメントの経験ができる必要があるのです。しかしながら、Xbox 360の中心は、しっかりとしたゲーム機です。それは非常に重要なことです。

画像

Xbox 360への手応えを感じているのか、終始にこやかにインタビューは進んだ

前のページ | 1 2 3 | 次のページ

[聞き手:平澤寿康,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.