トップ10
» 2005年09月21日 19時18分 公開

いつからですか? 次世代って……

TGSで実際手に触り、目で見て、耳で聞けたPS3、Xbox 360、Revolution関連のソフト&ハード情報に、心奪われ魅せられた方も多々いるかと思う。特に秘密とされていたRevolutionのコントローラが公開されたりと、TGSは初日からサプライズではじまったわけだが……。

[加藤亘,ITmedia]

 9月16日〜18日(16日はビジネスデイ)に千葉県・幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2005は無事その幕を下ろし、結果的には3日間トータルで昨年を大きく上回った17万6056人の入場者数となり、過去最高を記録した。次世代ゲーム機に注目が集まっていることもさることながら、現生機のソフトウェアが円熟期を迎えていることにも着目したい。

 先週はXbox 360のプレス発表会にて発売日と価格が発表されたり、ゲームボーイミクロが発売されたり、そして東京ゲームショウ2005があったりと、我々にとっても大変な1週間であった。いまだに身体のいたるところが痛いくらいだ。

 さて、ゲームショウなどでは時々あることだが、予定にないゲームタイトルであったり、スケジュールにないステージイベントなどを偶然見かけ、思いがけない喜びを得ることがある。今回のゲームショウ開催中にもそのような出来事に出くわすことが多々あった。

 大きいところでは、東京ゲームショウ2005の初日(16日のビジネスデイ)に行われた、TGSフォーラム2005 任天堂代表取締役社長・岩田聡氏による基調講演において、次世代ゲーム機「Revolution」用のコントローラ“ゲームリモコン”が初公開されたことだろう。

 5月に北米・ロサンゼルスで行われたE3(Electronic Entertainment Expo)にて発表された任天堂の次世代ゲーム機「Revolution」は、コントローラ部分が秘密とされていたおり、それこそがRevolutionの次世代たる核心だと言われていた。そのコントローラが初日に公開され、いきなり驚かされたのは記憶に新しい。

 また、マイクロソフトブースにおいて、スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジーXI」拡張パック第3弾「アトルガンの秘宝」が発表されたりと、我々ですら不意をつかれることがある。

 そんなサプライズからはじまったゲームショウも終盤。最終日18日の閉幕近い夕方のことだった。SCEブースに設置されているPS3シアターの画面に、予定にはないオレンジ色の背景に「METAL GEAR SHOCK!」の文字が映し出されていた。

「METAL GEAR SHOCK! METAL GEAR SOLID 4 ON“PLAYSTATION 3”SPECIAL STAGE with HIDEO KOJIMA」の文字と開始時刻だけが唐突に映し出された画面が数分続く

 「METAL GEAR SOLID 4」(MGS4:仮)は、言わずと知れたコナミのプレイステーション 3用ソフト。東京ゲームショウのコナミに設置されたMGSステージでは、連日小島秀夫監督によるトークショウやデモンストレーションが計21回も行われていた。そのコナミでのイベントも終わったゲームショウ閉幕間際、そのサプライズは起こった。

 PS3の映像を見にきていた人も何が起きているのかわかっていない。それもそのはず。このイベントはスケジュールにはなく、パンフレットなどにも記載されていない完全なるサプライズ企画だったからだ。

 MGS4の紹介映像が終わると監督の小島氏が登場。現在開発中のPS3による実機でのデモが行われた。内容的にはコナミブースでのものと大差ないが、偶然居合わせた人はこの粋な演出に大喜び。PS3だからこそできるという技術をいかんなく見せつけ、小島氏にしてみれば22回目のMGS4関連イベントが終了した。

アートディレクターの新川洋司氏とプログラマーの高部邦夫氏もこの後登壇し、小島監督とMGS4の細部に渡るこだわりを紹介。スネークの武装であったり、皺や髪の毛など、PS3でしか表現できない技術を惜しげもなく導入している。人工の建造物やジャングルではなく、“戦場”という環境が舞台となるMGS4の魅力を語ってくれた

 なにをもって次世代なのか――。ソニー・コンピュータエンタテインメントもマイクロソフトも任天堂も、それぞれの立ち位置からしっかりとアピールできた――そんな1週間になったのではないだろうか。

 ちなみにXbox 360など、実際試遊できるものもゲームショウでは多数展示されていたが、残念ながら取材担当ではない筆者は、まるで触ることができなかった。「最終日には遊べるから」と説得されていたわけだが、気がつくと閉幕……。確かに映像や発表会などは見ることができたが、次世代を遊ぶ日はまだ遠いようだ……。というか、いつだ?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた