レビュー
» 2005年12月02日 09時10分 公開

新しき血の導入――既存のイメージを覆した意欲作に思わず脱帽「biohazard4」レビュー(1/3 ページ)

2005年1月27日にゲームキューブ版として発売された同名タイトルの移植作。PS2に移植するにあたり、様々な要素が追加された。今回のレビューでは、PS2版の新要素のみを取り上げるのではなく、「biohazard4」としてゲームすべての要素に注目してお届けしよう。「4」をまだ遊んでいない人、すでに「4」を遊んだ人それぞれにおくる、注目してほしい箇所も挙げておくので、ぜひ参考にしてほしい。

[桜山憂太,ITmedia]

新たな「恐怖感」を与えるための、シリーズとしての斬新さ

 バイオハザードシリーズの最大の特徴は、なんと言ってもプレーヤーに与える「恐怖感」。この恐怖を味あわせるために、従来のシリーズでは様々な手法が用いられてきた。しかし、過去のシリーズはシステムが完全に同じ流れを踏襲しており、その部分を不満に感じ、または慣れる事ができずにシリーズを遊ばずにいた人も多い事だろう。

 シリーズの大きなポイントとしては、「敵はゾンビを中心とした異形の者」、「マップ内は固定カメラ(例外もあり)による移動」、「セーブ回数の制限」などが挙げられる。今作「4」は、それらを含めシリーズのシステムを一新し、かつバイオらしさを失わせないという意欲作となった。それらの要素を紐解いていこう。

システムは新しいものを取り入れたが、ストーリーは「baiohazard2」の流れを汲んでいる。主人公は「2」と同じく“レオン・S・ケネディ”。他にも“エイダ”など、「2」に出てきた人物が登場する。写真は“ルイス・セラ”。本作で初登場となる人物

視界を狭める「ビハインドカメラ」による緊張感

 最大の変更点とも言えるのが「ビハインドカメラ」の採用。レオンの背後から映す一人称視点は、シリーズの流れを変え、新しい操作感覚を与える事になった。この「ビハインドカメラ」により、後述する「狙い撃ち」のシステムが活きる事になる。「ビハインドカメラ」は、常にレオンの背中が見えているうえ、画面上下が切れていることによって視界がかなり限られている。これにより、敵がどこから出てくるかわからない「不安感=緊張感=恐怖感」を得ることができる。

 「視界を狭めて緊張感を煽る」というのが、制作側の狙いだとすれば、これは間違いなく大きな効果を出していると言えるだろう。見えてない位置から襲われる事により、今までのシリーズとは違った感覚の怖さを味わえる。また、この「ビハインドカメラ」によって、操作感覚も従来のシリーズとは一線を画す事となった。

 今までカメラアングルが切り替わるため、操作が難しいと感じていたユーザーには敷居が低いかもしれない。また、ネットワークゲームの浸透により、FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム=一人称視点のゲーム)に慣れているユーザーにも、入りやすいと言えるだろう。逆に一人称視点に慣れていない人や、アクションゲームの苦手な人には取っ付きにくい印象を与えるかもしれない。しかし、ゲームをプレイしていれば、自然に慣れる事ができる。

画面上下は常に切れているため、見える範囲に制限がある。この制限による緊張感は、プレイをしないと味わえないだろう。また、ワイドモニターに対応しているので、設定を変えれば通常より広く見ることが可能で、より臨場感を与えてくれている

「フリーターゲット」で敵を狙い撃つ爽快感

 前述の「ビハインドカメラ」の搭載により、敵を倒すための「オートターゲット機能」は排除された。そのため武器を構えると赤いレーザーポイントが表れ、プレイヤー自身が自由に照準を合わせる「フリーターゲット」になっている。従来のシリーズならば、新しい部屋に入った時に武器を構えるとオートで敵方向へ向いていたが、今作ではそのような事がないために、どこに敵がいるのかわからない恐怖感があるのだ。「フリーターゲット」になった事により、より正確な射撃が要求されるようになり、敵が近づいてくるのに照準が合わない時などは、今までになかった焦燥感を醸し出すことになる。

 「フリーターゲット」の最大の特徴として、“自分で狙った場所を撃つ事が可能”という事が挙げられる。これにより、敵の頭部などの急所を意識的に狙う事ができ、より戦略的なプレイができるようになっている。敵の足を狙い撃ちし、相手を足止めしている間に横をすり抜けるなどといった方法や、こちらに気付いていない遠くの敵を狙い撃つ事も可能。この「フリーターゲット」によって、従来のシリーズになかった新たな緊張感と爽快感を与えてくれている。

敵が近づいてくる時に、頭部に照準を合わせ、ギリギリまで引き付けて最大の威力にした弾丸をぶちあてるのは、“爽快”の一言に尽きる。シリーズ同様、弾数に限りがあるので、いかにピンポイントで撃つかが、攻略のカギになってくる。しかし、すべての場面で落ち着いて狙い撃てるわけではないので、臨機応変に対処
武器もショットガンやマグナムなどお馴染みのものから、マインスロアーなどの新しい武器も登場し、シリーズ最高の種類を誇る。ライフルで遠くの敵を撃つ感覚は、まさにスナイパー

「アクションボタン」で、自由度を高めた操作感

 通常、コントローラでできる操作は、従来のシリーズに近いものになっている。ナイフはその都度武器を持ち帰る事無く、L1ボタンを押すことですぐに出す事が可能と、かなり利便性が向上した。しかし、今作では「アクションボタン」を搭載した事により、さらに多くの操作をする事が可能となっている。従来のシリーズならば飛び越える事のできなかった柵や、窓などがボタン1つでアクションできるようになったのだ。

 これは、どこでもできるのではなく、決まった場所に近づく事によって、画面下部に可能アクションが表示される。その場でボタンを押せば、その状況に応じたアクションを起こせるというわけだ。この操作によって、移動時のストレスが軽減され、敵との戦いにおいても新たな戦略性を生むことになった。このアクションボタンの搭載は、コントローラにそれぞの操作を割り当てていないことで、複雑な印象はまったくない。さらに、操作の幅を広げているため、かなり大きくゲームの快適さとプレイの楽しさを与えてくれた。

決まった位置で「アクションボタン」を押す事により、リアルタイムでアクションを起こす。通常の操作と同じ感覚で使えるために、レスポンスもかなりいい
イベントシーンなどでは、アクションボタンによる操作を行なわなければいけいない場面もあり、気の緩む瞬間が無くなった。従来のシリーズと違い、イベントシーンでも、コントローラを手放す事無く、常に画面に集中する事が必要になる。しかし、その緊張感は、今までのシリーズでは味わえなかったものだ

無防備な「アシュリー」を、高い知能を持った敵から守り抜く醍醐味

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/07/news049.jpg 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  2. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  3. /nl/articles/2208/07/news048.jpg カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」
  4. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  5. /nl/articles/2208/06/news014.jpg 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声
  6. /nl/articles/2208/05/news021.jpg 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  7. /nl/articles/2208/07/news007.jpg 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. /nl/articles/2208/07/news043.jpg “無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
  9. /nl/articles/2208/07/news009.jpg 元警察犬のシェパード、無防備におなかを見せてすやぁ…… 穏やかな表情に「お疲れさまでした」「ゆっくり過ごしてね」の声
  10. /nl/articles/2208/05/news018.jpg やたら緑の幼虫を発見→1カ月育ててみた結果…… ため息が漏れるほど美しいチョウの羽化を見届けた観察日記に「感動する」

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい