ニュース
» 2005年12月03日 09時02分 公開

レボリューションのコントローラにはまだ秘密がある――「ゲームデザイン・テクノロジーの今と未来」国際シンポジウム「インタラクティブ・エンタテインメントの歴史と展望」:(1/3 ページ)

12月2日、京都の立命館大学衣笠キャンパスにおいて開催された「インタラクティブ・エンタテインメントの歴史と展望」の第2部では、「ゲームデザイン・テクノロジーの今と未来」と題して任天堂の宮本茂氏やコナミの小島秀夫氏が登場した。

[加藤亘,ITmedia]

 武邑光裕氏による基調講演、そして第1部の「ゲームデザイン・テクノロジーの源流」に引き続き、第2部ではエンターブレインの浜村弘一氏によるコーディネートのもと、任天堂の宮本茂氏、Valveのロビン・ウォーカー氏、コナミの小島秀夫氏によるディスカッションが行われた。

コントローラの変遷を紐解き、ゲームの将来像を映し出す

 最初の講演者である任天堂専務取締役情報開発本部長 宮本茂氏は大きな拍手の中、コーディネートを務めるエンターブレインの浜村弘一氏に招かれた。「スーパーマリオブラザーズ」や「ドンキーコング」「ゼルダの伝説」などを生み出した宮本氏は、ゲームのインタフェース――コントローラの変遷を追っていくことで、家庭用テレビゲームの過去と未来を語った。

 第1部に登壇した上村氏はファミリーコンピュータが登場するまでを紹介したが、宮本氏はそれを受け、それ以降の任天堂のゲーム機の歴史を紐解いてみせる。入社当時の宮本氏は、小さな親切運動と称し、当時工業デザイナーが使いたがる横文字を見つけては、これはユーザーが使うものだからと日本語を使うようと「セレクト」「電源」というように置き換えていったという。

 上村氏もエピソードとして挙げた「ブロック崩し」は、入社2年目の宮本氏がはじめて手がけたデザインとなるのだが、自身が左利きだったこともあり、利き手に関係なくゲームが楽しめるよう、前からでも後ろからでも使えるという人間工学的に配慮した作りになっていると説明する。こうして宮本氏によるコントローラを視点としたゲームの変遷が語られた。

 筐体のデザインをしていた宮本氏は、アーケード版の「ドンキーコング」を例に出し、インタフェースに注視する。ジョイスティックとボタン1つのシンプルな構成であったが、当時左右反対のジョイスティック配置があったり、ボタン2個だけのものなど、さまざまな形態があった操作系が、ジョイスティックは左側、ボタンは右側という流れに定着しつつある時代だったと振り返る。

 ここで話はゲーム&ウォッチ(G&W)へと進む。アーケードの「ドンキーコング」が売れたことによって、ゲーム&ウォッチ版の「ドンキーコング」を作ることになり、最大の問題点となるジョイスティックの処理に話が及ぶ。ゲーム&ウォッチは左右にボタンがあるだけのシンプルなデザインとなっているが、「ドンキーコング」ではジョイスティックを十字ボタン(十字キー)に落とし込むことで問題を解決したのだ。

 この十字キーがファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)へとつながっていくことになるのだが、ゲーム&ウォッチの際は喜んでくれたのだが、いざファミコンで採用することになると、こぞって反対意見が出たそうだ。

 以前のものに慣れ親しんだ者にとって、インタフェースを変えられることは、ひどく保守的にさせるものだという。とはいえ、2人プレイを実現させるためには、2つのコントローラをコンパクトにする必要があり、十字キーを採用することは自明の理があった。

 また、当時のゲーム機はどれを押したらゲームが始まるのかがわからないものばかりだったため、ファミコンではリセットボタンが本体にあったり、スタートとセレクトボタンをコントローラに収めたりと、誰もが簡単に理解できる仕様にしなくてはならなかったと述懐する。そんな分かりやすいファミコンですら、そろそろボタンは2つになる転換期を迎えており、これまでゲームを作っていた人と、これからゲームを作る人の間で葛藤が始まったのだと明かす。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」