ニュース
» 2005年12月03日 09時02分 公開

レボリューションのコントローラにはまだ秘密がある――「ゲームデザイン・テクノロジーの今と未来」国際シンポジウム「インタラクティブ・エンタテインメントの歴史と展望」:(3/3 ページ)

[加藤亘,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

その後はディスカッションによるゲームの将来について

 現在、Valveにてリードゲームデザインおよびソフトエンジニアを務めるロビン・ウォーカー氏は、「Half-life 2」を例に、定期的なプレテストを重ねてゲームデザインを構築していく独自のプロセスを経て、開発が進められていると紹介。

 実際のある環境をスクリーンショットにして時系列で並べ、いかに変化を遂げていったのかをわかりやすく説明する。こうしたプレテストの結果、得られるアイディアもあり、効率的であるとし、創造的だと奨める。キャラの行動やオブジェクトの処理など、途中何度もフィードバックされてその完成度を高めていくのだという。最初のプレテスト時のものから、最後まるで違うものになっているなんてザラなのだ。

 ロビン・ウォーカー氏については後日別件での取材で詳しく紹介するとして、講演はさらに続く。まず「メタルギア ソリッド4」のプレイステーション 3での実機映像が流されると、現在コナミ執行役員であり、ゲームソフトカンパニー エグゼクティブヴァイスプレジデント 小島プロダクション監督の小島秀夫氏が登場。

 続いてすでに登壇していた前途の3人、浜村氏と宮本氏、ウォーカー氏を交え、ディスカッションへと移行。浜村氏の司会のもの進められた。その中でも印象的だったのは、小島氏による“オンラインに関するある恐れ”についての箇所。「今まで我々はユーザー個人に向けて、それこそかゆいところに手が届くようなゲームデザインを心がけてきました。それに慣れ親しんだユーザーが、いざオンラインによって生身の人間を相手にした際、時には嫌なことがあったり、我慢しなくてはならない時もあると思います。今後、そういったオンライン上でのコミュニケーションが確立される前に、AIが劇的な進化を遂げてしまい、プレーヤーの心地よいパートナーとなってしまった場合、プレーヤーは都合のいいAIでしか遊ばなくなるのではないか。それは悲しいことで、僕らはゲームで人の役に立ちたいと考えているので、そういう未来はあってはいけないと思う」と、小島氏は杞憂であればと不安感を表したことだろう。

 ちなみに彼らが今一番注目しているキーワードはという話題では、ウォーカー氏が「アクセスと反応性」と、ゲームはもっと新しいものが表現できると答える。「センス」と答えた小島氏は、技術に巻き込まれることなく、作り手がセンスを発揮し、受け手が感受性豊かになったと思えるものを作らないといけないと、今後様々なものが表現できる中での選択を見誤らないようにと示唆。宮本氏は、レボリューションのテーマとなっている“家族”であり“みんな”というイメージだと回答。人に驚いてもらいたい性分なので、家族が話題にできるようなをどれだけ作れるかだと思うと、宮本氏の永遠のテーマと言わしめる言葉で締めくくった。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響