ドリフトでインベタでミニターボな夜に、相手の国では朝だったりするWi-Fiマジックに酔いしれる「マリオカートDS」レビュー(1/4 ページ)

2005年12月8日に発売された「マリオカートDS」は、スーパーファミコンから続く人気シリーズ「マリオカート」の最新作。レースゲームとして人気と評価の高い今シリーズに、ついにニンテンドーWi-Fiコネクションを利用した通信対戦機能が備わった。世界中の誰とでも対戦できる画期的なレースゲームの魅力を探ってみよう。

» 2006年01月06日 14時00分 公開
[仗桐安,ITmedia]
画像

スーパーファミコン史上No.1! 〜ビッグタイトルの系譜

 「マリオカートDS」は任天堂が誇るマリオカートシリーズの5作目にあたる。スーパーファミコンで「スーパーマリオカート」が発売されたのが1992年8月27日。実に13年前だ。知る人ぞ知る事実だが、実は「スーパーマリオカート」はスーパーファミコン史上最も売れたソフトである。ドラゴンクエストもファイナルファンタジーも本家スーパーマリオさえも抑え込んで堂々の1位。当時は多様なキャラと多彩なコースに日本中が夢中になり、タイムアタックや150ccレースに血道をあげたものだ。

 次作にあたる「マリオカート64」は1996年12月14日に発売された。こちらもなんと「スーパーマリオ64」や「ゼルダの伝説 時のオカリナ」などの人気タイトルがあったNINTENDO 64において、売り上げ第1位。ワリオが初登場し8キャラ16コースの熱いレースを楽しむことができた。筆者が今までで一番はまったマリオカートはこの64版。知人を家に呼んでは4人でバトルをしたりタイムアタックをしたり、かなり熱く走りこんだ日々を思い出す。今でもたまに遊ぶほどのお気に入りタイトルである。

 続く「マリオカートアドバンス」は携帯ゲーム機初のマリオカート。2001年7月21日に発売され、据え置き機に肉薄するグラフィックとシリーズ史上最多の40コースがプレーヤーを楽しませてくれた。また、ニンテンドーゲームキューブで2003年11月7日に登場したのが「マリオカート ダブルダッシュ!!」。カートの操縦者とアイテム使用者という2キャラを乗せて走ることで、新たな面白さを提示していた。

 こうして見ると、任天堂の主要なハードにおいて必ずと言っていいほどに発売されてはユーザーたちの熱い支持を受けているシリーズであるということがわかる。その流れを考えればニンテンドーDS(以下、NDS)でマリオカートDSが登場することは必然だったともいえるし、ファンも待ち望んでいたことだろう。逆に言えば製作スタッフは「マリオカート」というヒット作の十字架を背負い込んでいたことと思うが、実際にできあがった本作は「マリオカート」の名に恥じない、期待を裏切らない出来に仕上がっている。NDSで生まれ変わったマリオカートについてお伝えしていこう。

画像 ロケットスタートは本作でも健在。カウント「2」の真ん中あたりでAを押し続けるべし

レースとは曲がることと見つけたり 〜ドリフトとミニターボを狙え

 マリオカートといえばドリフトである、といきなりだが言い切ってしまおう。そしてさらにワガママを言うならば、ドリフトといえばミニターボである、とも言いたい。ドリフトは初代「スーパーマリオカート」からあるテクニック。本作でもRボタンを押すことでカートがミニジャンプをし、その後のハンドリングで減速することなくカーブを曲がる「ドリフト」が発動する。急なカーブであればあるほど効力を発揮するドリフトは、本作では基本中の基本だ。そしてドリフト中に十字キーを左右に素早く押すことでドリフト後の数秒間ダッシュできるミニターボも重要なテクニック。成功すればオレンジ色の火を吹くエフェクトが出て瞬間的なスピードアップが体感できる。

 よくよく考えればレースゲームがなぜ面白いのかといえば「曲がる」からである。カーブが全くないレースゲームともなれば、これはもうマシン性能とかギア切り替えのタイミングでしか勝負できないわけで、味気ないことこの上ないだろう。コースがどこでどのように曲がっていて、そのカーブをマシンがどう曲がるのか。それこそが勝敗の大きな要因になる。マリオカートにおけるドリフトは奥が深く、ただ単にかませばいいというものでもなく、きっちりと理想のコース取りができているかどうかが肝心だ。またカーブだからといって全てドリフトとミニターボを狙えばよいかというとそうでもない。普通に曲がるグリップ走行のほうがよい場合もある。

 加えて本作にはシリーズ独特のアイテムの数々が登場する。敵を追撃する赤こうら、一定時間無敵になるスター、後ろの敵を滑らせるバナナなど、ファンにはおなじみのものが多い。これらの妨害が入ることで理想のコース取りを困難にさせる不確定要素が生じる。これが本作の魅力だともいえる。自分がいて相手がいてアイテムがあってカーブがある。そのほかにもコースごとにギミックや近道があったりする。これらの力関係や配置のバランスの妙が「スーパーマリオカート」をあれだけヒットさせた要因なのだと思う。そしてその絶妙なコースは本作にも確かに受け継がれている。なぜなら旧作のコースを遊べるレトログランプリなるものが存在するからだ。言うなれば「マリオカート」というアーティストのベスト盤的なものである。それについては次項で触れることにしよう。

画像 ミニターボ発動! 眼前の敵に少しでも近づけ
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」