ドリフトでインベタでミニターボな夜に、相手の国では朝だったりするWi-Fiマジックに酔いしれる「マリオカートDS」レビュー(4/4 ページ)

» 2006年01月06日 14時00分 公開
[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

ついに来た、夢のWi-Fi対戦 〜世界のみなさん、コンニチハ

 本作最大の特徴にしてセールスポイントと言ってもいいのがニンテンドーWi-Fiコネクションを利用したWi-Fi対戦だ。対応ソフト第1弾は「おいでよ どうぶつの森」だった。そして本作が対応ソフト第2弾である。

 ネット接続に対して腰の重かった任天堂が長い準備期間を経て提供するサービスということで熱い期待も寄せられるというものだが、実際に「おいでよ どうぶつの森」をプレイしてみたときに、筆者はそのタイムラグのなさ、ストレスのなさに驚いた。自分の村に3人の他人がいて各自が自由気ままに動いているのだが、動作は軽快でネットを介していることを感じさせないほどの状況だったのだ。しかもこれが本当に「無料」で「あんしん」(ともだちコードをお互いに登録した人しか入ってこれない。セキュリティ面は安心だ)なのだから、たいしたものである。

 本作の対戦でもフレンドコードをお互いに登録したうえでのともだちとの対戦が可能なのだが、しかし本作は、そこから1歩、いや100歩くらい前に踏み出した環境を用意している。なんと、世界中の人と対戦することができるのだ。

 世界中というと大げさかもしれないが、実際のところ本作は北米版と欧州版がすでにリリースされており、そちらの地域の人と対戦することが可能なのである。Wi-Fi対戦では対戦条件として「ともだちと」「ライバルと」「こくないのだれかと」「せかいのだれとでも」という4つが設定されている。

 「ともだちと」ならフレンドリストに登録のある人との対戦。これはおいでよ どうぶつの森と同じ感覚だと言ってよいだろう。それに対して「ライバルと」となると、プレーヤーと腕前の近い対戦相手が選ばれる。腕前はそれまでのWi-Fi対戦の成績から算出されるのだろう。この時点ですでに誰だかわからない人との対戦が楽しめるわけだ。そして「こくないのだれかと」であれば日本中のプレーヤーたちを対象に誰とでも遊べるようになる。さらに「せかいのだれとでも」であれば北米と欧州のプレーヤーも対象に含まれるという寸法だ。どこの人かというのはレース中に表示されるエンブレムの色でわかるので「お、おれ今、ヨーロッパの人3人と戦ってるな」ということは即座にわかるようになっている。

 何度かWi-Fi対戦をやってみたが、やはり「せかいのだれとでも」を選択した場合が一番相手が見つかりやすかった。「こくないのだれかと」だと夜はけっこうつながりやすいが深夜、早朝は対戦相手が見つからず仕舞いなこともあった。「ライバルと」だとさらに見つからないことが多い。

 必然的に深夜とか早朝に外国の人と対戦してみたりする(相手の国は何時だろうと考えるが実際よくわからない)のだが、やはりその対戦の快適さは特筆に価する。相手によってかは分からないが、たまに相手の表示がおかしくなってワープしまくる現象が見受けられた。しかし通信対戦環境はおおむね良好で、筆者がプレイしているあいだに筆者自身が通信エラーで切断されることはなかった。相手側が途中でいなくなってしまうことはままあったが、これは相手側が意図的に切断している可能性もあるので、何とも言えない。

 あと、これは印象でしかないが、外国のやり込んでいる人というのは本当に半端じゃなく強いのである。勝ちも負けも何百にも達しているという対戦成績もすごいが「普通に走っているのに何でこんなに差がつくの?」と言いたくなるくらいに速い人がわんさかいて、正直へこみそうになるほどだった。それでも「誰だかしらんけど、Bobってやつすげー」的な、マリオカートで見知らぬ外国人と戦ってるという状況が面白い、というか、そういうオンライン独特の面白さは堪能できる。

 もちろん日本にも猛者はいる。そしてまさに今日本作を買った、というような人が0勝3敗という成績で参戦したりもする。そのマリオカートというパイプだけでつながった人々がガチンコでレースをして、勝利と敗北に一喜一憂しているさまを想像すると、何だか愉快だ。各プレーヤーはオリジナルのエンブレムを作ることができるのだが、これもそれぞれ個性が出ていて面白い。どこかの誰かとつながっているという感覚を楽しむのに一役買っているといえるだろう。

 ただ残念なのは、せっかくオンラインでつながるのだから、簡易チャットとか何かコミュニケートできる手段がほしかったという点だ。これはしかし、あえて入れなかったのだとは思う。見知らぬ誰かとゲームをする、まではよいが、そこで言葉のやりとりがあった場合に、何か二次的なものが生まれてしまう可能性がある。それがよいものであればいいが、よくないものも含まれて、例えば子供がプレイしていて何の気なしに個人情報を教えてしまうだとか、相手が外国人で話が通じなくて逆に困るだとか、そういうことも起こりかねないだろう。いろんな要素を考えれば、ただ対戦ができるだけ、という本作の仕様は英断ではある。しかし、せめて何がしかの感情を伝えるようなアイコンだとか、そういったものがあってもよかったんじゃないかとは思うのである。

画像 Wi-Fi対戦が遊びの幅を広げる。今夜も誰かとマリオカート!

NDSで登場した、ということの意義 〜Wi-Fi対戦という発明

画像

 本作はNDSというプラットフォームで登場したわけだが、ではNDSの売りである2画面とタッチパネルを活かしきっているかというと、そこは少し疑問が残る。下画面に詳細マップを映すことで後ろの敵を意識しやすくなったし、下画面を見ながら走ったりすると案外面白かったりもするのだが、2画面あるからこういう風に使った、という域を出ていないように思う。またタッチパネルに関しては、マップの切り替えくらいにしか使わないので、Yで切り替えるよりはタッチで切り替えるほうが楽、という程度にしか使われていない。NDSの2画面とタッチパネルを思う存分活かしてやろうという貪欲なタイトルの真逆にあるタイトルだといえる。

 別に筆者はそれを非難するつもりはない。いいのである。それでいいのだ。何もNDSで出たからと言って、全てがタッチパネルを意識しなくてもよいのだし、飽くまでもボタンの操作に拘った本作は、それはそれで筋が通っていると思う。そして何よりも、NDSのWi-Fi通信という機能については他の追随を許さない勢いで活かしまくっているのだから、それでいいではないか、と思うのである。

 おいでよ どうぶつの森は村で遊ぶというどちらかといえば静的なコンテンツだった。しかし本作はスピード身上のラグがあっては成立しないハードなレースものなのだ。その対戦においてこれだけの通信環境を無料で提供できるようにしたという、その任天堂の発明に筆者は惜しみない賞賛を贈りたい。そしてタイムマシンに乗って高校生の自分に言って聞かせてやりたい。「俺、携帯ゲーム機のマリオカートでBobにボロ負けしたよ。自宅にいながらヨーロッパの人と遊んだんだよ」と。おそらく高校生の自分はそんなことは信じないだろう。そういえば今は21世紀だ。二足歩行のロボットがガシガシ走るさまも目撃した。未来ってこういうことなのかな、とふと思ったりしてしまう。

 とにかく本作は前作までのファンなら間違いなく買いなうえに、新しもの好きの方々にもぜひ触れてほしいタイトルだ。回線が不安定っぽい状況も何度か見られたが、大枠では快適だったWi-Fi対戦。今後プレーヤーは確実に増加していくだろう。めちゃくちゃ速い外国人に勝てるように筆者も鍛錬していこうと思う。さて。ヨッシーサーキットでミニターボの練習でもするかー。

画像
(C)2005 Nintendo


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」