ニュース
» 2006年05月11日 07時58分 公開

静かだが激しい戦いが可能なWiiの「ゼルダ」E3 2006「Wii27番勝負」(その1)

Wii版の「ゼルダの伝説」――「The Legend of ZELDA Twilight Princess」のプレイアブルを体験してきました。

[今藤弘一,ITmedia]

 やはり来たか――「任天堂メディアブリーフィング」で発表されたときの、わたしの率直な感想だった。昨年のE3 2005でゲームキューブ版として発表されて以来、情報がぱったりと消えてしまった「The Legend of ZELDA Twilight Princess」(以下、ゼルダの伝説)。編集部内でも「やはりちゃぶ台をひっくり返されたらしい」と話していたものだ。

画像画像 これがWii版ゼルダの伝説のメニュー画面。ここから物語はスタートする。Wiiリモコンを画面に向けて、遊びたいメニューにポイントし、上部に配置されているAボタンと、下部のBボタンを同時に押してスタート。今回は剣を使い、弓を使う戦闘の体験と、釣りの体験ができた。なお、コントローラーの名称については任天堂のWebサイトを参照してほしい

画像画像 E3 2006バージョンには操作方法のチュートリアルも用意されている

 Wiiで体験したゼルダの伝説は、これまでと異なりアグレッシブ。十字キーで武器を選んで、Wiiリモコンで敵をポイントしたら十字キーを離して攻撃。手元のリモコンからは、矢が走る音が聞こえる。E3 2006の会場内は大音量のため確認しづらかったが、家でプレイするなら、まさに矢が手元から走るように感じることだろう。

 ちなみに攻撃方法は至ってシンプルだ。Wii用のコントローラーが「東京ゲームショウ2005」で発表されたときから、ゼルダの伝説はヌンチャクで盾を使い、Wiiリモコンを上下左右に振ることで、剣を使うことになるという予想も多かったと思うが、そうではない。剣を選んだなら、WiiリモコンのAボタンを押すだけで攻撃できる。リモコンを縦横に振ることで剣を振り回す攻撃方法では難易度が上がってしまうため、この方法をとったそうだ。

 移動はヌンチャクに用意されているコントロールスティックで行う。視点変更に使うZボタンもこちらに用意されている。矢を使うときは、先ほど述べたように十字キーを長押しし、Wiiリモコンを敵にポイントしたあとキーをリリースすると、矢を射ることになる。

 ただしリンクが使う「回転斬り」は、ヌンチャクで指示する。左手に持つヌンチャクを、スナップをきかせるようにして水平に振ると、回転斬りができる。ここにボタンを押すだけではない、新たな戦闘方法が存在する。

画像 操作方法だけでなく、攻撃の練習も可能
画像 剣を選び、Aボタンを押すと攻撃。ちなみに攻撃されるとWiiリモコンが振動する

画像 リンクの回転斬りが決まった!
画像 Wiiリモコンでポイントして弓を射る

 もう一つ用意されている「釣り」。こちらは想像通りの使い方? となるかもしれない。Aボタンを押しながらWiiリモコンを振り上げ、Aボタンを放して前に振りかざすと、釣り針をリリースする。ただしこれ、タイミングがなかなか合わなくて針が前に飛ばない……。何となくこつをつかんできたかなと思っていたが、十分に試すことはできなかった。もっと練習を積まなければ。もちろん、発売されたあとには、きっとはまってしまうに違いない……。

画像画像 Henaと一緒にカヌーで川を下って釣り

画像画像 ちなみに釣り上げるとこのようになる

 これまで紹介したように、ゲームキューブで試遊できた昨年のバージョンとは異なり、自分で画面をポイントして攻撃したり、左手を使って回転斬りをするなど、プレイ体験はかなり違う。日本でもそのうちに体験できるようになると思うが、そのときには是非一度プレイしてほしいものだ。これまでとは違う「ゼルダ」に出会えるのは間違いない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」