「ウィザードリィ」の邪道な楽しみ方ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(3/3 ページ)

» 2007年07月13日 20時40分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

時代を越えてさまざまな機種に移植される

 1989年、ファミコン版「ウィザードリィII」(リルガミンの遺産)が発売された。善悪2つのパーティを協力させて、神秘の宝珠を手に入れるのが目的だ。

 ただしこのシナリオは、オリジナルのApple II版や、国産PC版などでは、「ウィザードリィIII」にあたる。

 オリジナルの「ウィザードリィII」は、「I」で成長したキャラクターを転送させて遊ぶことが前提になっていた。当然、敵もそれに見合った強さになっているし、高いレベルの魔法がないと進めない場所が序盤に存在する。

 でもファミコンでは、この転送が難しい。一応、外部記録装置として「ターボファイル」が発売されており、これを使えば転送は可能なのだが、「II」をプレイするのにターボファイルが必須となると、いろいろと敷居の高いゲームになってしまう。

 その点「III」では、やはりキャラクターが転送できるが、転送されたキャラクターは「I」の冒険者の子孫ということになり、レベルが1まで戻されて、アイテムもなくなってしまう。これなら新規に作るキャラクターと条件はあまり違わないので、ファミコンへの移植も可能だ。

 そこで「III」が先にファミコンに移植され、「ウィザードリィII」となった。

 翌1990年、オリジナルの「II」の、ゲームバランスなどを大幅に変更し、レベル1からプレイできるようにした、「ウィザードリィIII」(ダイヤモンドの騎士)が発売された。

 ファミコンでの「ウィザードリィ」はこの3作で終了し、次はスーパーファミコンに「ウィザードリィV」(災禍の中心)が移植された。「IV」が飛ばされたのは、「I」の最終ボス、ワードナを主人公とした外伝的なシナリオで、ゲームシステムも大きく異なり、しかもものすごく難しいゲームだったからだろう。

 一方、PCエンジンにも「ウィザードリィ」は移植されている。1993年に「I・II」が、1994年に「III・IV」が、いずれもナグザットから発売された。こちらでは「IV」が入っているが、オリジナルにはなかった経験値の要素が加わるなどのアレンジが施されている。レベル3の“レベル1プリースト”を作ることもできるのだ。

 家庭用ゲーム機ではさらに、プレイステーションとセガサターンで、「I」〜「III」を収録した「ウィザードリィ リルガミンサーガ」が、ローカスから発売されている。またプレイステーションでは、「IV」、「V」を収録した「ウィザードリィ ニューエイジオブリルガミン」も発売された。

画像 PCエンジン版「ウィザードリィIII・IV」(ナグザット)。「IV」ではワードナが主人公。モンスターを召喚して、地上への脱出を目指す
画像 セガサターン版「ウィザードリィ リルガミンサーガ」(ローカス)。ポリゴンのグラフィックを選択できる。国産PC版が基になっていて、ジャイアントがマカニトの魔法を無効化する

 「I」はゲームボーイカラー版(アスキー)やワンダースワン版(バンダイ/開発はスティング)も発売されている。あとスーパーファミコンでも、「I」〜「III」収録の「ウィザードリィ ストーリーオブリルガミン」が出ている(メディアファクトリー)。ローソンLoppiでの書き換え専用ソフトだった。

 オリジナルの方はどうなったかというと、1981年から1983年までに「I」〜「III」が、少し間があいて1987年、1988年に「IV」、「V」が発売された後、新たな展開を見せる。

 1990年に発売された「Bane of the Cosmic Forge」(禁断の魔筆)以降は、それまでのウィザードリィのイメージを覆すほど、グラフィックが派手になり、ゲームシステムも大幅に変わった。その後も続編は発売され、現時点の最新作は「ウィザードリィ8」である。

 また、ゲームボーイやスーパーファミコンで展開された「ウィザードリィ外伝」シリーズ(アスキー)など、日本で作られたウィザードリィ作品もかなりある。

 もちろん、こうしたライセンス作品ばかりでなく、多くのコンピュータRPGが、直接的・間接的に「ウィザードリィ」の影響を受けている。現在までにRPGは劇的な発展を遂げ、日本で圧倒的に人気のあるゲームジャンルになっている。

 今回「ウィザードリィ」をプレイしてみて感じたのだが、Apple II版登場から26年、ファミコン版発売からも20年が経過した現在でも、やっぱりおもしろかった。

 いや、現在だからこそ、と言うべきか。

 今後またプレイするときのために、手持ちの攻略本は絶対なくさないようにしようと思った。

参考文献
「ウィザードリィのすべて」ベニー松山著・JICC出版局
「ウィザードリィ大事典」ヘッドルーム編著・ソフトバンク
「ウィザードリィマガジン」MSXマガジン編集部・ビジネスアスキー
「ウィザードリィの秘密」稜井陽平著・データハウス

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評