レビュー
» 2007年07月31日 15時01分 公開

リモコンを振りかぶり、群がるスライムを一閃――Wiiでキミも勇者になれる! 「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」レビュー(3/3 ページ)

[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

あちこち寄り道……魅力的なやり込み要素、遊びの要素

 前項でボリュームの少なさを指摘したが、やり込み要素がないのかというと、けしてそんなことはない。

 本作のやり込み要素の1つとして挙げられるのが武器の強化だ。どうのつるぎ→はがねのつるぎ、はがねのつるぎ→炎のつるぎ(その他に合計3つの武器強化の派生あり)、そして強化された炎のつるぎからさらにその先の強化が……というように、武器の強化にバリエーションがあり、強化には特定の素材(プレイで入手できるアイテム)が必要だ。

 必要素材は特定のステージをクリアした際にもらえるボーナスアイテムだったりするので、一度クリアしたステージに何度も挑むモチベーションが生まれるだろう。もちろん強化した武器はそれ相当のダメージや効果を感じられるものになるはず。強い敵を圧倒するために武器収集にいそしむというのもいいかもしれない。

新しい武器を作るためにはさまざまな素材が必要。どこで何が手に入るかをチェックして何度もチャレンジだ

各ステージをクリアすると評価がくだされる。評価によってもらえるアイテムが違う。もちろん評価が高いほどいいアイテムがもらえるのだ
防具は防具屋で買うことができる。各部位により頑丈な防具をつけるべく、お金を貯めなくては!

謎のメダルにゃん……。ちいさなメダルを貯めこんでレアアイテムをゲットだ

 「ドラゴンクエスト」シリーズにおける“収集”と言えば、やはりちいさなメダルを忘れてはならない。本作においてもちいさなメダルは健在だ。各ステージのフィールドを移動中にオブジェクトを調べて発見したり、王国内のタルなどから見つけることもできる。このちいさなメダルを城下町のどこかにいるメダルにゃんに渡すと、さまざまなごほうびと交換してくれる。中には相当レアなアイテムもあるので、メダル集めもこまめにしつつプレイを進めていくべきだ。

 やり込み要素というわけではないが、基本的に1人用である本作において4人までのパーティープレイができるミニゲームも用意されている。城下町にいるキャサリンというキャラに話しかけると2種類の楽しいミニゲームがプレイできるのだ。


このビジュアルでキャサリン。どっかで見たことがあるような……

 ミニゲームの1つ“ダーツdeキャッチ”は、Wiiリモコンで的を動かして飛んでくるダーツの矢をキャッチするゲーム。盾で防ぐ感覚で狙いすまして矢を受けるテクニックが必要なので、これをやり込めば盾による防御の練習にもなる。いくつかのルールがあるので、いろいろ試してハイスコアを狙ってみよう。もう1つのミニゲーム“スライム100”は最初の項で述べた「剣神ドラゴンクエスト」にも登場したミニゲームで、とにかくなるべく早く100匹のスライムを斬る! というもの。ばくだんいわの邪魔などもあるので、剣術の素早さと正確さが要求される。単純だがやり出すと熱が入ってしまう2つのミニゲームだ。


ダーツを正確にキャッチできればハイスコアをマークできる

スライムを斬って斬って斬りまくれ! ばくだんいわを斬るとしばらく動けなくなり大きなタイムロスになってしまうのでご注意を
お店で買い物をすることで手に入る福引き券。これを使用してできる福引きもやり込み要素と言っていいかも。取っ手をつかんでぐるぐる回そう。あとは運任せだ

今後に期待しつつ、Wiiを持て余しているユーザーにオススメの一作

 ヌンチャクによる移動操作を追加するという選択肢もあったかと思うが、あくまでもWiiリモコンのみの操作にこだわり、剣を持ち、剣を構え、剣を振り、突くという操作に特化した点は評価したい。片手で操作できるということが主人公とプレーヤーのシンクロを促進していることは確実だ。斬られた敵のリアクションやエフェクト、振動などもあいまって、バッサリと斬れた時の快感は相当なもの。ボリューム不足を補って余りある楽しさがそこにはあると言える。

頑丈なボスキャラ・ゴーレムを斜め斬りで追い詰める
ボスキャラ・試練の騎士にとどめをさす瞬間!最後の一斬りがバシッと決まると気持ちいぃい〜

 「ドラゴンクエスト」シリーズでおなじみの敵たちが大勢登場するので、ドラクエファンにはもちろんオススメだが、むしろ今までゲームにあまりハマったことがない人にも遊んでほしいタイトルだ。既存のコントローラの制約から大きく解き放たれたWiiリモコンによる体感アクションは、プレーヤーを選ばない楽しさがある。息子がやっているのを見て面白そうだからやってみたらハマった、とか、アクションゲームは苦手だったけど今までのアクションゲームとは勝手が違うからすんなり入り込めた、とか、そんな新規ファンも多く獲得していることに違いない。

 再三申しておくと、筆者としては本作を「ドラゴンクエストソード」シリーズ第1弾と考えるべきだと思っていて、今後さらに体感アクションRPGを突き詰めた続編が出ることを心待ちにしているところだ。武器強化の要素などもさらにバリエーションが広がってほしいし、アルソード王国の周りにある他の国にも行ってみたい。3人パーティーだとか、複数のWiiリモコンによる協力プレイ、果てはオンライン対戦なども盛り込まれてほしいと思っている。

 すべて筆者の期待と妄想の域を出ないが、本作にまっとうでまっすぐなゲームとしての可能性を感じたので、いろいろと夢想してしまうわけで、それだけ本作のプレイが楽しかったのだと言う点をご理解いただきたい。Wiiを買ったはいいけど最近起動してないなぁという方に、手にとってほしい一作だ。

「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」
対応機種Wii
メーカースクウェア・エニックス
ジャンル体感アクションRPG
発売日2007年7月12日
価格(税込み)6800円
CEROA(全年齢対象)
(C)2007 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/GENIUS SONORITY INC./SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」