レビュー
» 2008年01月15日 00時18分 公開

やりやすくやられやすい――新生「FFIV」は手堅いRPG「ファイナルファンタジーIV」レビュー(1/3 ページ)

「ファイナルファンタジー」生誕20周年である2007年は、「ファイナルファンタジー」関連タイトルが多く世に出た年だった。そのトリを飾ったのが本作。セシルが! カインが! パロムも! ポロムも! 美麗なムービーと3頭身キャラでよみがえる! 難易度もけっこう高く、こりゃRPGファンならとりあえずやっとけ、っしょ!

[仗桐安,ITmedia]

4度目の転生を果たした名作RPG

 2007年は「ファイナルファンタジー」(以下、FF)生誕20周年ということで“FINAL FANTASY -20th Anniversary-”の名のもとに多くのリメイク作品、スピンオフ作品などがリリースされた年だった。そんな2007年のFF三昧を締めくくったと言っても過言ではないのが、12月20日に発売されたニンテンドーDS版「ファイナルファンタジーIV」だ。

 「FFIV」が初めて世に出たのは1991年のこと。前3作で多くのファンを獲得したFFシリーズの最新作が、当時の新ハードであるスーパーファミコンで登場するということで、かなり注目度の高いタイトルだったことを筆者も記憶している。実際にプレイしてみると、ファミリーコンピュータから飛躍的に向上したグラフィック、ドラマチックな演出、新たな戦闘システムなどに感動したものだった。



 ちなみに、1991年の7月に発売された「FFIV」であるが、同年10月に「FFIV イージータイプ」が出ているというのが何ともユニークだ。プレイヤーキャラの設定が弱いため前半の難易度が高いというユーザーの声を受けて、間口を広げるために難易度を下げたバージョンを改めてリリースしたのだ。アクションやRPGなどでは今でこそプレイする前にEASYやNORMALなどの難易度選択ができるタイトルが多いが、イージーにしたバージョンを発売3カ月後に出すというのは極めて異例なのではないだろうか。当時のスクウェア(現スクウェア・エニックス)の「FFIV」への力の入れようが分かるというものだ。

 その後、他の「FF」シリーズ作品がそうであるように、「FFIV」も複数のプラットフォームでリメイクされている。プレイステーション、ワンダースワンカラー、ゲームボーイアドバンスにそれぞれ移植され、何度もよみがえっているのだ。そしてこのたびニンテンドーDSにて4度目の転生を果たしたということになる。「FFVI」までの2Dで描かれたFFの中でも屈指の名作と評価の高い「FFIV」がニンテンドーDSでどのような転生を遂げたのか。次項からお伝えしていこう。

ニンテンドーDSでセシルやカインに会える!

ドラマチックな物語を彩るグラフィックとサウンドとボイス

 ニンテンドーDSでFFのリメイクと言えば、2006年8月に発売された「FFIII」がファンの記憶にも新しいところだろう。ファミリーコンピュータ版以来16年ぶりに復活した「FFIII」は、ニンテンドーDSの描画能力を生かしたまったく新しいものに変わっていた。3Dポリゴンで表現された3頭身のキャラクター、美麗なプリレンダムービー、キャラの斜め後ろ視点で描かれる迫力の戦闘シーン、とっつきやすくなったジョブシステム……さまざまな変更点・改良点をひっさげたニンテンドーDS版「FFIII」は、懐かしくも新しいRPGとして大いに楽しいものに仕上がっていた。

 このニンテンドーDS版「FFIII」を手がけたスタッフが再び集結して製作したのが、本作、ニンテンドーDS版「FFIV」である。というわけで、前述した3D表現やプリレンダムービーなどを盛り込んだ独特の進化は本作でもしっかり継承されている。

 ニンテンドーDS版「FFIII」をプレイした時にも感じたことだが、3頭身の3Dキャラとしてよみがえった「FFIV」の登場人物たちは、2Dのドット絵だった初代よりもリアルに表現されてはいるが、リアルすぎないビジュアルで描かれているので、そこには想像の余地がある。ただ本作では、要所要所で差し込まれるイベントシーンに、声優が声を吹き込みキャラたちがしゃべる点が賛否の別れるところかもしれない。


 山寺宏一氏、納谷悟朗氏、鹿賀丈史氏など第一線で活躍している声優、俳優が声の参加をしており、ドラマチックな物語に鮮やかな彩りを添えている。プレイ当初は「おぉ、DSでセシルやカインがしゃべった!」とビックリし「このキャラってこんな声なのか……」と若干の違和感を感じつつも、慣れてくるに従って声優たちの熱演が本作の世界観をより味わい深くしてくれたように思う。しかしこれはあくまでも筆者の個人的な感覚だ。永くファンのいるタイトルだけに「このキャラはこんな声してないやい!」、「声がない方が感情移入できるのに!」というユーザーもいることだろう。そんな人はコンフィグでボイスのON/OFFを選べるので、お好みで調整しよう。

要所要所で各キャラがしゃべるのは「FFIV」では初の要素だ。声優たちの熱演に耳を傾けてみてほしい

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」