太正浪漫堂&サクラカフェが閉店――最後のイベントにファン一同&横山智佐さんも涙、涙

3月30日をもって閉店となった、東京・池袋の「太正浪漫堂&Sakura Cafe」。28日にはこれを記念し、声優・横山智佐さんを招いた閉店イベントも行われ、「太正浪漫堂」との別れを惜しむ多くのファンが会場に駆けつけていた。

» 2008年04月11日 01時11分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
画像 徹夜組も出た閉店イベント

 「サクラ対戦」グッズを専門に扱うフラッグショップとして、1998年の開店以来、10年間にわたってファンに愛されてきた東京・池袋の「太正浪漫堂&Sakura Cafe」が、3月30日をもって閉店となった。これに先駆け、セガは3月28日、声優の横山智佐さん招いた閉店イベントを同店にて開催。なんと“徹夜組”も出るほどの盛況ぶりで、雨のなか会場には100人以上ものファンが駆けつけ、太正浪漫堂での最後のイベントを楽しんでいった。

 イベントは横山智佐さんを主役とし、トークあり、ミニライブありと盛りだくさんな内容で進行。トークショウ部分では、昨年行われた武道館ライブや、先日発売となったDS用ソフト「ドラマチックダンジョン サクラ大戦 〜君あるがため〜」などについて振り返りながら、思い出深いエピソードの数々を語ってくれた形となった。中でも初の試みとなった武道館ライブでは、横山さんだけ本番10日前に曲が変更になるなど、様々な裏話・苦労話を披露。とは言え「稽古期間の短さはいつものことなので(笑)」と笑いつつ、本番ではしっかり形にしてしまうあたりは、さすが横山さんといった印象だった。

画像 横山智佐さん

 また、話題が太正浪漫堂のことに及ぶと「新しいさくらのグッズが買えなくなってしまうと思うと、残念ですね」とややしんみりムードに。さまざまな「サクラ大戦」グッズを扱う太正浪漫堂だが、中でも横山さんのお気に入りは「一人用土鍋」。「これを買ったら女として終わり」と思いつつも、便利なのでついつい愛用してしまっているのだとか。ちなみに現在使っているのは2代目で、1個目は割れてしまい、フタの部分(茶わんとして使用可能)だけは今も現役で活躍中とのこと。

 トークの合間には、横山さんからファンへのスペシャルプレゼントとして、「さくら」「さくら咲いた」の2曲も披露された。特に「さくら」は、上海公演以来という“弾き語り”形式で、横山さんは「まったく練習できていないんです。わたしでも弾けるよう簡単にアレンジしてもらったんですが、それでも難しくて(笑)」と苦笑しつつも、特別に持ち込んだという“マイ電子ピアノ”とともに見事最後まで歌いきり、会場から大きな拍手をもらっていた。

 さらに、普段の歌謡ショウでも滅多に泣くことがないという横山さんだったが、2曲目の「さくら咲いた」では、途中、込み上げる思いに声をつまらせる場面も。それでも涙声になりながら歌い上げると、割れんばかりの拍手と歓声がステージを包む格好に。有終の美を飾るにふさわしい一曲に、思わず横山さんとともに涙ぐんでいたファンも多かったようだ。


画像
画像 思わず涙ぐんでしまう場面も

 トークも終盤にさしかかり、ファンへのメッセージを求められた横山さんは、「わたしもサクラ大戦から多くの幸せをいただきましたが、それは作品やキャラクターとの出会いだけでなく、お客さんとのこういう出会いがすごく大きかった。普段の歌謡ショウでは、こうして自分の言葉で話すことはできなかったので、今日は皆さんに気持ちを伝えることができて嬉しく思います」と涙ながらにコメント。最後には笑顔を取り戻し、「これをやると本当に最後になってしまうような気がするんですが、まあ、またどっかでやりましょう(笑)」と、ファンとの別れを惜しみつつも、「全国のサクラカフェファンの皆様に、敬礼っ!」と、約1時間にわたるイベントを締めくくった。

 横山さんがステージから去った後もしばらく会場では拍手が鳴りやまず、いかに「サクラ大戦」という作品がファンに愛されてきたかが、後方で見ていた筆者のもとにもひしひしと伝わってきた。また1つ大きな歴史が幕を閉じてしまうのは残念だが、横山さんもトーク内で語っていたとおり、「サクラ大戦」の思い出は、満開のサクラのように、きっといつまでもファンの心の中に残り続けるはずだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/23/news011.jpg 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  2. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. /nl/articles/2404/22/news167.jpg トリンドル玲奈の結婚相手は誰? 2024年に2歳年下俳優と結婚発表、ラブラブ2ショットを公開
  4. /nl/articles/2404/22/news019.jpg 柴犬が仮設住宅に入ると、布団に隠れた大好きなお姉ちゃんが! 被災した柴犬が見せた最高の笑顔に「こちらまで幸せな気持ちになります」
  5. /nl/articles/2404/23/news029.jpg パパがヒゲをそって大ショックな息子の反応が3600万再生 予想外な落ち込みように両親苦笑い【海外】
  6. /nl/articles/2404/22/news016.jpg 【今日の計算】「2+13×2−6」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/22/news142.jpg 「人生で一度は見てほしい」「息をのむ美しさ」 この世のものと思えない幻想的な“一本桜”に15万いいねの大反響
  8. /nl/articles/2404/23/news010.jpg 元パティシエ直伝、スライスチーズを使う激ウマ蒸しパンが209万再生! あまりのおいしさに「秒でなくなった笑」の声も
  9. /nl/articles/2404/23/news033.jpg 赤ちゃん、寝起きの儀式が全てむちむちかわいい 4部作のポーズに「至高です」「しあわせやぁ〜」
  10. /nl/articles/2404/11/news023.jpg 5歳と4歳の兄弟が“子どもしか入れないパン屋”に挑戦 緊張して待つ母に見せた誇らしげな表情が370万再生「子どもも親もワクワクドキドキ」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」