オタクの祭典「コミケ74」開催! 祭りの模様とともにコスプレイヤーたちの姿をご覧あれ!今日は何の日? 萌え曜日!

オタクの“祭典”や“聖戦”とも称される同人誌即売会「コミックマーケット」(通称コミケ)が開催されました。今回はコミケの模様をリポートしつつ、萌えコスプレイヤーをご紹介しますよ!

» 2008年08月19日 15時44分 公開
[雛見沢秀一,ITmedia]

不安要素もなんのその! 興奮の三日間!!

 こんにちは。今回のコミケで、あらかじめ予算を決めていたのに気付くとその3倍は買い物につぎ込んでいて若干へこんでる雛見沢です。コミケにはお金を使わせちゃう魔力があると思うんだ

 平均50万人以上の入場者数を誇る同人誌即売会「コミックマーケット74」が、8月15日から17日にかけて、東京ビッグサイトにて開催されました。脅迫行為があったために実施された持ち物検査や、先日のイベントで起きたエスカレーターの一部停止、コスプレ会場の場所変更など、不安要素を多数抱えていたものの、スタッフの尽力や参加者の協力により、例年通りのにぎわいを見せました。50万人の参加者をさばいているスタッフが、某動画のせいで映画「300」のスパルタ兵にしか見えないのは僕だけじゃないはず。彼らがボランティアだなんていまだに信じられません。

 コミケのメインイベントである即売会では、3日間で約3万5000もの同人サークルが参加。1日ごとに作品のジャンルが分けられており、1日目は「NARUTO‐ナルト‐」や「テニスの王子様」などの少年ジャンプ系に加え、音楽、芸能関係。2日目はアニメやゲーム、同人ソフト、3日目は創作物や美少女ゲームの同人作品がそれぞれ出展されます。来場者の男女比を見ると1日目=女性、2日目=男女、3日目=男性といった感じに分かれます。

 今回のコミケでは、現在公開中の映画「空の境界」のシナリオライター・奈須きのこ氏が8年ぶりにサークル参加していたり、「ひぐらしのなく頃に」を制作したサークル・07th Expansionや、「東方Project」を手がけた上海アリス幻樂団が最新作をお披露目。大手サークルの作品を買うためにできた会場外まで伸びる長蛇の列は、もはやコミケの風物詩といっても過言ではないはず。

 西館にて出展される企業ブースでは、マンガやゲームの出版社、メーカーが参加し、ここでしか手に入らない限定グッズや、ほかでは見られないイベントにファンが殺到! 購入まで数時間待ちはザラ。名物激戦区のひとつです。

photophotophoto さすがは参加者主体のコミケ。同人作品、企業ブースの出展やコスプレイヤーたちの衣装披露で、大いに盛り上がる!

photophoto 先日行われた「ワンダーフェスティバル」で起きた故障事故もあって、使用されなかったエスカレーター。人の流れが悪くなりはしたが、大きな混乱はなかった様子

 同人サークルと企業ブースが会場内でコミケを盛り上げる中、外ではコスプレイヤーたちが自慢の衣装を披露。ざっと見た感じ、「マクロスF」や「ガンダム00」など、最新アニメのコスプレが多く、そのほかでは、フィギュアや写真集まで出した中日ドラゴンズのマスコット・ドアラや、平城遷都1300年祭のマスコットキャラクター・せんとくんなどの姿も! 本格派なものからネタ系のものまで、さまざまなジャンルのコスプレイヤーが来場者の注目を集めました。

photo 新しいコスプレ会場には噴水や木々があり、写真を撮る際にシチュエーションを作ることが可能に。しかし、芝生部分は進入できないので人口密度は前の広場よりも上がりました

 また、例年では西ホールの屋外展示場で開催されていたコスプレ広場は、1Fレストラン街外庭園に会場を変更。いままでとは勝手の違う場所だったので、毎年コミケでコスプレを見てきた人、してきた人にとってはずいぶんと新鮮だったはず。

 2日目、3日目の午後には、西ホールの屋外展示場もコスプレイヤーたちに開放され、新旧の広場でのコスプレが楽しめるようになったのではないでしょうか。今後もふたつの広場をコスプレ会場として使われて、人でごったがえしていた状態が多少なりとも緩和されてくれれば、と思う次第です。



 最後に、萌えコスプレイヤーをご紹介。涼宮ハルヒや初音ミクなど、魅惑のコスプレイヤーたちの姿に悶えるべし!

photophoto

photophoto

photophoto

photophoto

photophoto

photophoto

photophoto

photophoto

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」