連載
» 2008年08月19日 15時44分 公開

オタクの祭典「コミケ74」開催! 祭りの模様とともにコスプレイヤーたちの姿をご覧あれ!今日は何の日? 萌え曜日!

オタクの“祭典”や“聖戦”とも称される同人誌即売会「コミックマーケット」(通称コミケ)が開催されました。今回はコミケの模様をリポートしつつ、萌えコスプレイヤーをご紹介しますよ!

[雛見沢秀一,ITmedia]

不安要素もなんのその! 興奮の三日間!!

 こんにちは。今回のコミケで、あらかじめ予算を決めていたのに気付くとその3倍は買い物につぎ込んでいて若干へこんでる雛見沢です。コミケにはお金を使わせちゃう魔力があると思うんだ

 平均50万人以上の入場者数を誇る同人誌即売会「コミックマーケット74」が、8月15日から17日にかけて、東京ビッグサイトにて開催されました。脅迫行為があったために実施された持ち物検査や、先日のイベントで起きたエスカレーターの一部停止、コスプレ会場の場所変更など、不安要素を多数抱えていたものの、スタッフの尽力や参加者の協力により、例年通りのにぎわいを見せました。50万人の参加者をさばいているスタッフが、某動画のせいで映画「300」のスパルタ兵にしか見えないのは僕だけじゃないはず。彼らがボランティアだなんていまだに信じられません。

 コミケのメインイベントである即売会では、3日間で約3万5000もの同人サークルが参加。1日ごとに作品のジャンルが分けられており、1日目は「NARUTO‐ナルト‐」や「テニスの王子様」などの少年ジャンプ系に加え、音楽、芸能関係。2日目はアニメやゲーム、同人ソフト、3日目は創作物や美少女ゲームの同人作品がそれぞれ出展されます。来場者の男女比を見ると1日目=女性、2日目=男女、3日目=男性といった感じに分かれます。

 今回のコミケでは、現在公開中の映画「空の境界」のシナリオライター・奈須きのこ氏が8年ぶりにサークル参加していたり、「ひぐらしのなく頃に」を制作したサークル・07th Expansionや、「東方Project」を手がけた上海アリス幻樂団が最新作をお披露目。大手サークルの作品を買うためにできた会場外まで伸びる長蛇の列は、もはやコミケの風物詩といっても過言ではないはず。

 西館にて出展される企業ブースでは、マンガやゲームの出版社、メーカーが参加し、ここでしか手に入らない限定グッズや、ほかでは見られないイベントにファンが殺到! 購入まで数時間待ちはザラ。名物激戦区のひとつです。

photophotophoto さすがは参加者主体のコミケ。同人作品、企業ブースの出展やコスプレイヤーたちの衣装披露で、大いに盛り上がる!

photophoto 先日行われた「ワンダーフェスティバル」で起きた故障事故もあって、使用されなかったエスカレーター。人の流れが悪くなりはしたが、大きな混乱はなかった様子

 同人サークルと企業ブースが会場内でコミケを盛り上げる中、外ではコスプレイヤーたちが自慢の衣装を披露。ざっと見た感じ、「マクロスF」や「ガンダム00」など、最新アニメのコスプレが多く、そのほかでは、フィギュアや写真集まで出した中日ドラゴンズのマスコット・ドアラや、平城遷都1300年祭のマスコットキャラクター・せんとくんなどの姿も! 本格派なものからネタ系のものまで、さまざまなジャンルのコスプレイヤーが来場者の注目を集めました。

photo 新しいコスプレ会場には噴水や木々があり、写真を撮る際にシチュエーションを作ることが可能に。しかし、芝生部分は進入できないので人口密度は前の広場よりも上がりました

 また、例年では西ホールの屋外展示場で開催されていたコスプレ広場は、1Fレストラン街外庭園に会場を変更。いままでとは勝手の違う場所だったので、毎年コミケでコスプレを見てきた人、してきた人にとってはずいぶんと新鮮だったはず。

 2日目、3日目の午後には、西ホールの屋外展示場もコスプレイヤーたちに開放され、新旧の広場でのコスプレが楽しめるようになったのではないでしょうか。今後もふたつの広場をコスプレ会場として使われて、人でごったがえしていた状態が多少なりとも緩和されてくれれば、と思う次第です。



 最後に、萌えコスプレイヤーをご紹介。涼宮ハルヒや初音ミクなど、魅惑のコスプレイヤーたちの姿に悶えるべし!

photophoto

photophoto

photophoto

photophoto

photophoto

photophoto

photophoto

photophoto

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」