思わずスロットを回すのも忘れちゃう!? “萌えスロ”ヒロイン大集合!今日は何の日? 萌え曜日!

アニメやマンガ、ゲームで萌え萌えなキャラクターが活躍するのは、もはや当たり前となった昨今、パチスロ界でも美少女ヒロインたちが大活躍しています。今回はそんな、パチスロ界の萌えを先導する可愛くてキュートな女の子たちをご紹介します!

» 2008年09月02日 02時25分 公開
[雛見沢秀一,ITmedia]

僕たちを夢中にさせてくれる“萌えスロ”ヒロインズ!

 1年に1回くらいの間隔でパチスロをすれば、初心者の気分が持続して毎回ビギナーズラックを狙えるんじゃないかと真剣に考えてる雛見沢ですこんにちは。いや、やっぱ2年くらいかな

 そんなことを考えつつも、本当は勝ち負けなんて関係ないんです! 「リオパラダイス」のリオたんや「快盗天使ツインエンジェル」の遥&葵たんがいれば、僕にとってはそれで十分

 彼女らのような、萌え萌えなキャラクターが登場するパチスロ“萌えスロ”が、いまやパチスロ業界ではひとつのジャンルとして浸透しています。パチンコやパチスロをほとんどやらない僕も、萌えスロの女の子に惹かれて何度お店に入ろうとしたか! 今回は、数ある萌えスロの中からメーカーごとに1作ずつピックアップ。萌えのツボをバッチリ押さえた計6作品をご紹介します。

photo アニメ化されている「快盗天使ツインエンジェル」。パチスロ機としてだけでなく、萌えスロはこのようにアニメ化やグッズ化まで果たしてしまうのだ
(C)Sammy/快盗天使製作委員会

●「リオパラダイス」のリオ

 “萌えスロといったらリオ”なんて言っても過言でないくらい、萌えスロ界で絶大な人気を誇るヒロイン。その人気ゆえ、パチスロを知らない人でもリオは知っているという人も多いはず。2003年のパチスロ機「スーパーブラックジャック」で登場して以降、「リオデカーニバル」や「リオパラダイス」と、シリーズ化して発表されています。ミニなタイトスカートと大胆に胸元がはだけたシャツというセクシーな姿で、何人ものファンの心を奪ってきた萌えスロの女王。

photophotophoto (C)NET CORPORATION (C)TECMO,LTD.

●「マジカルハロウィン」のアリス&ローズ

 魔法の世界を舞台に、見習い魔法使いのアリスや、幼なじみでライバルのローズたちが織りなすファンタジーストーリーを楽しめる作品。錬金術で精製を試みたり、魔法のほうきで大空を飛び回ったりと、いつも元気いっぱいなアリスに萌える。また、召喚したモンスターを使ってローズとバトルを繰り広げるアツイ展開も! ボイスには、人気声優である堀江由衣さん(アリス役)や富沢美智恵さん(ローズ役)を起用しているので、ビジュアルだけでなく声でも萌えさせてくれますよ!

photophotophoto (C)2007 KPE

●「超お父さん」シリーズの本条ルリ

 娘思いだけどちょっと頼りないお父さん・本条タケオが、闇の組織や秘密結社に立ち向かう「超お父さん」シリーズ。タケオの一人娘である本条ルリは、お風呂が大好きな女子高生。そのため、作中“おふろタイム”と呼ばれるオリジナル演出では、なんと着ている服を脱ぎ脱ぎするルリの姿が拝めちゃう! それだけでも十分うれしいのに、“おふろタイム”のボーナス確定画面中、筐体ボタンを連打することでルリの衣服がスケスケになる裏技が存在します。もうね、開発スタッフの遊び心に対して猛烈に感動した!

photophoto

photo (C)SNK PLAYMORE

●「快盗天使ツインエンジェル」の水無月遥&神無月葵

 “普段は普通の学生だけど、実は悪の組織と戦う美少女戦士!”という王道のコンセプトで萌えさせてくれる「快盗天使ツインエンジェル」。主人公の水無月遥と神無月葵の可愛さもさることながら、人気声優の田村ゆかりさんと能登麻美子さんが声を当てていたり、主題歌を電波ソングユニット「あべにゅうぷろじぇくと」が歌うなど、萌えに対して一分のスキも見せないところがステキです。また、OVAやマンガ、ネットラジオなど、多方面へのメディアミックスを果たしているので、さまざまな媒体で彼女たちに萌えられますよ!

photophotophoto (C)Sammy

●「桜姫」の桜姫

 百年に一度だけ満開に咲くといわれる“伝説の桜”を探すため、西へ東へ旅するヒロイン・桜姫を前面に押し出したパチスロ機。日本人の血がそうさせるのか、“和服美少女”という点に大きく揺さぶられます。さらに、ただの和服にあらず、大胆にアレンジされた和服が可愛いのなんの! 筐体の特徴としては、下部に設置されたパネルが26種類も用意されているので、お気に入りのデザインの筐体を探してみるのも楽しいかも知れません。余談ですが、桜姫の胸元からチラリと見えるのは!?

photophotophoto (C) 2008 WIN NET TECHNOLOGY CO., LTD. all rights reserved.

●「ヒミコスタイル」のヒミコ

 現代風にアレンジされた邪馬台国の女王・ヒミコの活躍を描いた「ヒミコスタイル」。本作の大きな特徴として、フィギュアを搭載した回転ステージが回ったり、今まであったフィギュアがほかのフィギュアにすり替わるなど、多彩なギミックが楽しめる演出が挙げられます。立体で表現されたヒミコと液晶画面に映るヒミコ、2次元と3次元のヒロインを同時に萌えられるという欲張りな楽しみ方ができちゃうスグレモノ。また、液晶演出ではスーパーロボット・スサノオーの迫力あるロボットバトルが繰り広げられることも。可愛い女の子とかっちょいいロボット、萌えと燃えを同時に兼ね備えた作品です。

photophotophoto (C)2008 エール. Yell,co.ltd All Rights Reserved.


 NET、SNKプレイモア、KPEは、俗に“萌えスロの三強”と言えるほど、萌えスロ業界では有名なメーカー。また、サミーの快盗天使ツインエンジェルは、OVAやマンガ化といったメディアミックスも果たすなど、各社で独自の展開を見せています。

 パチスロ業界の中でもひとつのジャンルとして急成長した萌えスロ。お気に入りの萌えキャラを見つけてからパチスロを始める、という新たな入り口ができて、パチスロ業界的には明るいニュースではないでしょうか。萌えレビュアーの僕としては、これからもどんどん萌えスロ作品が増えて欲しいと思います。それでもってゆくゆくは、萌えスロのヒロインを攻略できる恋愛アドベンチャーゲームなんか登場しちゃったり……しませんかねぇ?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」