ニュース
» 2008年09月02日 02時25分 公開

思わずスロットを回すのも忘れちゃう!? “萌えスロ”ヒロイン大集合!今日は何の日? 萌え曜日!

アニメやマンガ、ゲームで萌え萌えなキャラクターが活躍するのは、もはや当たり前となった昨今、パチスロ界でも美少女ヒロインたちが大活躍しています。今回はそんな、パチスロ界の萌えを先導する可愛くてキュートな女の子たちをご紹介します!

[雛見沢秀一,ITmedia]

僕たちを夢中にさせてくれる“萌えスロ”ヒロインズ!

 1年に1回くらいの間隔でパチスロをすれば、初心者の気分が持続して毎回ビギナーズラックを狙えるんじゃないかと真剣に考えてる雛見沢ですこんにちは。いや、やっぱ2年くらいかな

 そんなことを考えつつも、本当は勝ち負けなんて関係ないんです! 「リオパラダイス」のリオたんや「快盗天使ツインエンジェル」の遥&葵たんがいれば、僕にとってはそれで十分

 彼女らのような、萌え萌えなキャラクターが登場するパチスロ“萌えスロ”が、いまやパチスロ業界ではひとつのジャンルとして浸透しています。パチンコやパチスロをほとんどやらない僕も、萌えスロの女の子に惹かれて何度お店に入ろうとしたか! 今回は、数ある萌えスロの中からメーカーごとに1作ずつピックアップ。萌えのツボをバッチリ押さえた計6作品をご紹介します。

photo アニメ化されている「快盗天使ツインエンジェル」。パチスロ機としてだけでなく、萌えスロはこのようにアニメ化やグッズ化まで果たしてしまうのだ
(C)Sammy/快盗天使製作委員会

●「リオパラダイス」のリオ

 “萌えスロといったらリオ”なんて言っても過言でないくらい、萌えスロ界で絶大な人気を誇るヒロイン。その人気ゆえ、パチスロを知らない人でもリオは知っているという人も多いはず。2003年のパチスロ機「スーパーブラックジャック」で登場して以降、「リオデカーニバル」や「リオパラダイス」と、シリーズ化して発表されています。ミニなタイトスカートと大胆に胸元がはだけたシャツというセクシーな姿で、何人ものファンの心を奪ってきた萌えスロの女王。

photophotophoto (C)NET CORPORATION (C)TECMO,LTD.

●「マジカルハロウィン」のアリス&ローズ

 魔法の世界を舞台に、見習い魔法使いのアリスや、幼なじみでライバルのローズたちが織りなすファンタジーストーリーを楽しめる作品。錬金術で精製を試みたり、魔法のほうきで大空を飛び回ったりと、いつも元気いっぱいなアリスに萌える。また、召喚したモンスターを使ってローズとバトルを繰り広げるアツイ展開も! ボイスには、人気声優である堀江由衣さん(アリス役)や富沢美智恵さん(ローズ役)を起用しているので、ビジュアルだけでなく声でも萌えさせてくれますよ!

photophotophoto (C)2007 KPE

●「超お父さん」シリーズの本条ルリ

 娘思いだけどちょっと頼りないお父さん・本条タケオが、闇の組織や秘密結社に立ち向かう「超お父さん」シリーズ。タケオの一人娘である本条ルリは、お風呂が大好きな女子高生。そのため、作中“おふろタイム”と呼ばれるオリジナル演出では、なんと着ている服を脱ぎ脱ぎするルリの姿が拝めちゃう! それだけでも十分うれしいのに、“おふろタイム”のボーナス確定画面中、筐体ボタンを連打することでルリの衣服がスケスケになる裏技が存在します。もうね、開発スタッフの遊び心に対して猛烈に感動した!

photophoto

photo (C)SNK PLAYMORE

●「快盗天使ツインエンジェル」の水無月遥&神無月葵

 “普段は普通の学生だけど、実は悪の組織と戦う美少女戦士!”という王道のコンセプトで萌えさせてくれる「快盗天使ツインエンジェル」。主人公の水無月遥と神無月葵の可愛さもさることながら、人気声優の田村ゆかりさんと能登麻美子さんが声を当てていたり、主題歌を電波ソングユニット「あべにゅうぷろじぇくと」が歌うなど、萌えに対して一分のスキも見せないところがステキです。また、OVAやマンガ、ネットラジオなど、多方面へのメディアミックスを果たしているので、さまざまな媒体で彼女たちに萌えられますよ!

photophotophoto (C)Sammy

●「桜姫」の桜姫

 百年に一度だけ満開に咲くといわれる“伝説の桜”を探すため、西へ東へ旅するヒロイン・桜姫を前面に押し出したパチスロ機。日本人の血がそうさせるのか、“和服美少女”という点に大きく揺さぶられます。さらに、ただの和服にあらず、大胆にアレンジされた和服が可愛いのなんの! 筐体の特徴としては、下部に設置されたパネルが26種類も用意されているので、お気に入りのデザインの筐体を探してみるのも楽しいかも知れません。余談ですが、桜姫の胸元からチラリと見えるのは!?

photophotophoto (C) 2008 WIN NET TECHNOLOGY CO., LTD. all rights reserved.

●「ヒミコスタイル」のヒミコ

 現代風にアレンジされた邪馬台国の女王・ヒミコの活躍を描いた「ヒミコスタイル」。本作の大きな特徴として、フィギュアを搭載した回転ステージが回ったり、今まであったフィギュアがほかのフィギュアにすり替わるなど、多彩なギミックが楽しめる演出が挙げられます。立体で表現されたヒミコと液晶画面に映るヒミコ、2次元と3次元のヒロインを同時に萌えられるという欲張りな楽しみ方ができちゃうスグレモノ。また、液晶演出ではスーパーロボット・スサノオーの迫力あるロボットバトルが繰り広げられることも。可愛い女の子とかっちょいいロボット、萌えと燃えを同時に兼ね備えた作品です。

photophotophoto (C)2008 エール. Yell,co.ltd All Rights Reserved.


 NET、SNKプレイモア、KPEは、俗に“萌えスロの三強”と言えるほど、萌えスロ業界では有名なメーカー。また、サミーの快盗天使ツインエンジェルは、OVAやマンガ化といったメディアミックスも果たすなど、各社で独自の展開を見せています。

 パチスロ業界の中でもひとつのジャンルとして急成長した萌えスロ。お気に入りの萌えキャラを見つけてからパチスロを始める、という新たな入り口ができて、パチスロ業界的には明るいニュースではないでしょうか。萌えレビュアーの僕としては、これからもどんどん萌えスロ作品が増えて欲しいと思います。それでもってゆくゆくは、萌えスロのヒロインを攻略できる恋愛アドベンチャーゲームなんか登場しちゃったり……しませんかねぇ?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」